2018年11月11日 (日)

落花生の収穫②~④

11月11日 晴れ

中々休みの日に土が乾いておらず落花生の収穫ができずにいたが、
今日は試験から早く帰ってきて、まだ陽があったので収穫してみた。

これまでに
②回目 10月28日の収穫
2018102816242900

③回目 10月31日の収穫
2018103116052100

④回目の収穫 今日
2018111116355400
今日は4株?なので、収穫量も多い。
今年は植え付け間隔に比べ株が茂っていて、収穫がしにくいので、はっきりしない。

今日はコガネムシの幼虫は20匹位、根切り虫も2匹出てきたが、食害は2割位か。

いずれも収穫したものは30分塩茹でにしていただいた。
2018102816425100

美味美味。

高圧ガス製造保安責任者試験(乙種化学)を受験した

11月11日 晴れ 

高圧ガス製造保安責任者試験の乙種機械を受けてきた。
今年前半は身内に不幸があって、いろいろ忙しく、今回が今年最初の国家試験だ。

私の会場は津田沼の千葉工業大学津田沼校舎6号館だった。
ここには2年前の乙種機械のときや、三冷の受験の時にも来ていた。
2018111110184500

私の会場は5階だったが、5階では1教室だけが使われていた。
更に乙種化学受験者は2人だけだった?

他の階に行くと5-6教室が使われていて、結構乙種化学の受験者がいる。
しかも受験番号の上位桁が私とは違う。
ということは、5階のもう一人の方も法令免除で、乙種機械か甲種機械の免状持ち、
つまり余り必要性のない乙種化学の免状のために受験している趣味の人かな?

法令は免除なので、2限目からの受験だが、集合時間前に行くと1限目の試験が終わってないので教室に入れない。
しばらく廊下で待ってようやく着席すると20分前位から説明が始まった。
前回は最後までいると問題用紙を持ち帰れたのが、今回は持ち帰れないらしい。
回答をどこかにメモするのも禁止と。
問題用紙持ち帰れないから、メモするものも無いが・・・

まずは保安管理技術。
難易度は並みか。過去問勉強してて思ったのだが、国家試験の方が検定よりも選択肢が素直で、易しく感じる。
35分経つと退室できるのですぐ退室。

昼食は何故か京成津田沼駅近くのマック。
2018111112154300

実は地図検索で間違ったのだが、(徒歩3分かと思ったら車で3分だった。徒歩では12分だった!)気候も良くて、散歩にはなった。

次は学識。
気になったのは理想気体の可逆断熱膨張のエントロピー問題。
与えられた数字だけからは、いろいろ計算できないが・・・
ふと選択肢を見ると、0がある。これは計算問題ではなく、等エントロピー変化を選べばよいのではとの結論。
他に怪しいのはいくつかあったが、何とかなったのでは?
問題用紙も解答メモもないので、発表までは何とも言えないが・・・
試験時間は2時間だが、粘ってもわからないものはわからないので、ざっと見返して、35分強で退出し、帰宅した。

2018年10月21日 (日)

落花生の収穫①

10月21日 晴れ

 

昨日から久しぶりに晴れが続いたので、落花生を収穫してみた。
今年は何故か落花生の生育が良い。畝を超えて畔にも枝を伸ばしている。
2018102112004800
別畝にある1株だけ抜いてみた。
これは種を植えたわけではなく、何故か勝手に生えてきた株だ。
土を掘ると、カナブンの幼虫が7匹出てきて、ごみ袋に入れたが、虫食いの実は1~2割位だった。
今年は早めにテグスを張ったので、カラスの害も無い。
2018102112462200
1株なのに、たくさん採れた。3人用に塩ゆで1回分には十分だろう。
不作のときは、3株でこれ位なので、今年は楽しみだ。

2018年10月17日 (水)

にんじんの収穫

10月17日 雨のち曇り時々晴れ

 

最近ずっと曇ったり時々小雨が降ったりしている。
晴れ間が出たので、にんじんを抜いてみた。
大根と違って、成長しても浮き上がってこないので、根がどれくらいになっているかは、上部の土をよけてみないと分からない。
春に種まきしたので、期間的には十分なはず。
2018101710483200

葉が茂っている順に4本抜いてみた。

2018101710531600

一番右の一番太いやつは真ん中にカナブンの幼虫が穴掘って住んでたので、そのままゴミ袋行になった。
他のは形はイマイチだがまあ食べられそうだ。
あと2本はもう少し待ってから抜くことにした。

2018年10月13日 (土)

トイレの不具合修理

10月13日 曇り

 

少し前から1階のトイレで時々タンクに水が溜まってなくて流れないことがある。
タンクのふたを開けてフロートを少し触ったりすると水が溜まり始めて、ちゃんと流せる。
毎回でなくて、偶になのでしばらく様子を見ていた。
更に、最近2階のトイレに入ると時々タンクのダイヤフラム部上部からジュワーと少しずつ水が滲み出る音がするようになった。

水漏れ動画

ジュワー音は浮き球レバーの根元のゴム部品の劣化ではないかと考えた。
2018100712002600_2
写真だとわかりにくいが、中央部が凹んで、ややギザギザしている。

水が出なくて溜まらないのは、ダイヤフラムの異常と予想して分解したが、はっきりした異常や汚れはなかった。
でもゴム部品なので10年以上経てば劣化しているのだろう。

便器本体の型番から部品の型番を検索したのだが、なかなかはっきりとはわからなかった。
何種類かのダイヤフラムが売っていたが、実物と同じに見えるものをネットで注文した。
「TOTO ボールタップ部品 HH11033R」というもの。

浮き球レバーは、ほぼ1種しかなかったので、これもネットで注文した。

今日部品が到着したので交換した。

まず、浮き球レバーから。
ここで問題が発生。
2018101315481500
手に持ってる方が、新しい「浮玉レバー HH07025」
フロートについてるのが元の部品。
上の部分の長さや斜めの角度が異なる。
新しい部品をつけるとダイアフラムの固定金具にあったってしまって使えない。
結局、新しい部品から、黒いゴム部品だけを外して、付け替えることにした。
2018101316005400
これでジュワー音は止まった。
その後、もう一度ネットで探したが、もともとの浮玉レバーと同じものは見つからなかった。

次に1階のダイヤフラム交換。
2018101316050400
家のは金属プレートで固定するタイプ。
外して、新しい部品と比較した。右側の黒い印のあるものが、新しい部品。
2018101316070900
2018101316071700

肉眼的には同じに見えるので、交換してみた。
2018101316081000

水が溜まらない不調は、偶にしかならないので、これで直ったかは、しばらくしないとわからない。
ちゃんと流れて機能しているので、部品は合っているようだ。

2018年9月29日 (土)

旭川に行く

9月26日~28日

 

仕事のついでに旭川あたりを観光してきた。

レンタカーで富良野まで足を延ばした。

定番だがファーム富田
2018092709473800

四季彩の丘
2018092710530800
いずれも13年前に来たことがあるが、その時は夏休み中で、もっとにぎやかだった。

青い池にも行ってみた。有名になったのは最近らしく、前回は行ってない。
人工の堤を作ったら自然に青い水たまりができたらしい。
2018092711245300_2

しらひげの滝  ここも水が青白く見える。
2018092711494500_2

旭岳と姿見の池
2018092714202900

ロープウェイで上がると途中見える木々はかなり紅葉していた。(黄色が多い)
姿見駅で降りるとさすがに寒い。厚手のトレーナーを上に着て、フードをかぶり、マフラーを巻いた。
姿見の池まですぐかと思ったら、石だらけの山道をかなり歩いた。
散策コースは1周1.7キロで約1時間だった。疲れた。周りは雲で白くなって見えなかったが、旭岳や噴気孔はよく見えた。

雪の美術館
2018092811314700
結婚式場としても使われるらしく、ウエディングドレスで、写真撮影が行われていた。

神居古潭の吊り橋
2018092811540200
最近の台風の影響なのか、川に倒木が多かった。季節外れなのでほとんど人がいなかった。
後は旭川ラーメンを食べてきた。

2018年9月11日 (火)

自動水洗の修理

9月11日 晴れ

 

数日前から特に何もいじってないのに、急にトイレの手洗いの自動水洗の出が悪くなった。
2018091120162500
元の止水栓を全開にしても、これだけしか出ない。
ちゃんとセンサーでON OFFするので電気的な問題ではなさそう。
調べると止水栓と電磁弁の間にストレーナーというフィルターがあるので、これにゴミでも詰まったか?
分解して、点検ー>きれい。
吐水口には泡沫ユニットというフィルター的なものがある:点検ー>きれい。

どこも詰まってないし、電気的にも問題ないので怪しいのは、電磁弁か?
同じ型番の電磁弁がアマゾンで見つかったので、イチかバチか通販してみた。

2018091120161800

新しい部品が到着。交換作業開始。数日前に一度分解してるので、サクサク進む。
2018091120163300
まず電源抜いて、白い箱状の部品の前面ふたをとって、センサーからのコネクタと、電磁弁からのコードを外す。
ねじを2か所外して電気回路の白い箱を除去。
2018091120163900
吐水口に続く白いホース部をはずす。電磁弁部と止水弁の間は固定リングを外せば取り外せる。
2018091120164600

逆の手順で電磁弁部を取り付け、白いホース部をつなぐ。
白い箱の回路部をねじ止め。
コネクタを接続し、電源を繋ぐ。
止水弁を開いて、テスト。
2018091120165800
すごい勢いで水が出た。これだと周りが濡れるので、止水弁を少し絞って終了。

2018年8月19日 (日)

マウイ島に行く

8月19日

今年もお盆休みに1週間ハワイに行ってきた。
今年もまた夫婦2人のみだ。

ツアーはホノルル宿泊のみだが、自分でハワイアン航空に予約を取って、1泊だけ更にマウイ島に行ってきた。
初日はツアーのホノルルのホテルに宿泊。
翌朝、ホテルからタクシーでホノルル空港に。
日本でネット予約してあったので、空港のハワイアン航空の機械に予約番号を入れると直ぐに搭乗券が発券された。
2018081209314400

カフルイ空港まではすぐ到着。
レンタカー会社のカウンターを探すが、連絡バスを待てと。
バスに乗ると、数分でレンタカー会社が並んでいるエリアに着いた。

まず観光地のラハイナに向かう。
ハワイ島のカイルア・コナのような感じの町を散策した。
2018081214482700

KIMO'S というレストランで昼食。
2018081214071100

海岸沿いに客席があっていい雰囲気だが、満潮なのか風がやや強かったのか、時々波しぶきがかかるのには閉口した。

午後はラハイナ散策に費やし、その後、カフルイの町に戻って、
マウイ・シーサイド・ホテルという2階建てのホテルにチェックインした。
2018081308045100

街中で軽食を買って、一路ハレアカラ山を目指す。
途中までは真っ直ぐなハイウェイのような道を飛ばして走り、山道に入ってもスムーズだったが、突然渋滞した。
サンセットを見るのに、頂上の駐車場までずっと渋滞しているのか?
だが渋滞の列に並んでいて山頂の方を見ると上の方の道は車がスイスイ走っている??
渋滞のもとは国立公園の料金所だった。無人の自動料金徴収機械に皆手古摺っていたのだ。
前方の車の様子を見ていると、機械にカードを何回も入れてから、見切り発車している感じだ。
自分の番になった。同じように機械にクレジットカードを入れてみるが、何度やっても受け付けない。
係員もおらず、後続は大渋滞なので、私もそのまま通ることにした。
その後山頂駐車場まではスムーズだったが、渋滞に嵌っている間に既に日没になっており、山頂に着いたときはもう暗かった。

車から出た瞬間、すごい寒風だった。

フード付きのパーカーに更にフード付きの薄手のダウンを着ても寒い。
風がなければこれで十分そうだが、遮るもののない山頂では体温がどんどん奪われる。

上空は雲はなく晴れているが、周囲特に夕焼けが少し残る西の空の下部には雲が多く、
時間に間に合ってもサンセットはきれいには見えなかったはず。
少し階段を上がって山頂にある Summit Building(ガラス付き東屋?)に入れば寒風が避けられるが、
屋根があるので目的の天の川鑑賞や星景写真が撮れない。
外に出て建物の風下側で三脚も揺れそうな強風を避けつつ写真を撮り始めた。

最初は南の空、いて座方面の天の川と火星、土星、木星が一緒に写る。
2018081220211600
撮影データ:Canon EOS M3 ISO4000 11-22mmズームレンズで11mm F4 露光時間30s

今回はソフトフィルターを付けたままだったので特に火星、木星がかなり大きく写り滲んでしまった。

次に北の空、北斗七星、北極星、カシオペアが写る。(山麓を走る車のライトもあるが…)
2018081220304400
撮影データ:同上

ソフトフィルター効果で、星座が分り易い。

次は北東方向。カシオペアから白鳥座にかけての天の川。
2018081220405400
撮影データ:Canon EOS M3 ISO6400 11-22mmズームレンズで12mm F4 露光時間30s

いて座方向に比べれば大分淡い。

もっと夜中まで撮っていたかったが、強風に凍えて写真撮影してたのは30分位だった。
帰りは真っ暗な山道を前車に続いて下山する。自分が先頭になるとなかなか怖い。
1時間半位でホテルに帰り着いた。さすがに疲れた。

ツアーは行き帰りの山道運転の疲労がなく楽なのだが、時間が決まっていて、ゆっくり夜中まで撮影したりできない。
今回は時間的制約が無いのに、強風で条件が悪かった。
なかなか自然相手なので厳しいところだ。

翌朝はホテルのレストランで朝食後、近くを散策してから、ホノルルに戻った。

2018年6月30日 (土)

蛍光灯型LEDに交換その③

6月30日 晴れ

 

前回ネット注文したルミーテックの直管LED蛍光灯40型 昼白色(B12-P)だが、いろいろ忙しくて、交換作業せずに、
まだ4本は使わずにそのまま置いてあった。
以前の交換作業で余った古い蛍光管を使い切ったので、安定器の不具合関係なくLEDに交換することにした。

蛍光管と本体カバーを外す。
2018063017020800

以前は 差込形電線コネクタで接続したが、今回は不要部分の配線を流用し、リングスリーブで接続して、絶縁キャップを被せることにした。

トランス周りの配線を切断し、トランスも撤去。
不要な配線は短くして、ビニルテープで保護した。
2018063017263600

端子台の空いた端子に配線し、同じく不要な配線をビニルテープで保護。(なかなか抜けなかったので)
2018063017264100

3本を接続する必要があるところはリングスリーブで接続した。
2018063017370600

絶縁キャップ装着。
2018063017375300

後は、器具を戻して終了である。

2か所作業して、4本の蛍光灯が余った。
当面は、これを予備にして、減ったら、また作業しよう。

2018年6月24日 (日)

シーリングライトの電源アダプター

6月23日 雨

 

部屋のシーリングライトの蛍光灯が切れた。丸い蛍光管に予備はなかった。器具自体もだいぶ古い。
娘が引越しのときに不要になった新しいLEDのシーリングライト(NEC製NLDZB0869)が余っていたので、
付け替えようとすると、電源アダプターがない。取り外し忘れて前の下宿に置いてきたらしい。
ネットオークションでは電源アダプターがたくさん出品されていて、手持ちの器具の取扱説明書の絵からすると
同じように見える。試しに落札してみた。
しかし、届いた電源アダプターは器具の穴に対して微妙に大きくて、入らない。直径で3ミリ位か。
2018062315420500_2

穴の周囲の薄い鉄板を少し削れば入りそうである。
2018062315494800
こんなのしか手持ちになかったが、どうせカバーされて見えないところだし、削ってしまおう。
削りくずで汚れるのがいやだったので中の基盤やLED素子を外し、
2018062315481200
更に円形のプラスチック部品も外して、それぞれを削る。

2018062315544600
鉄板部分は2重になっていたが、縁を削ると、2重部分は取れた。
あまりきれいな円には削れないが、アダプターが入るようにはなった。
2018062315584300

後は部品を元に戻し、天井につけて終了。
電源アダプターはサイズも統一してほしい。

«横浜に行く