トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

秋の収穫その2

9月30日

ラッカセイとサツマイモの2回目の収穫をした。

ラッカセイ3本抜くと穴あきの実が2割ぐらいあった。
根きり虫も3匹出てきた。これが原因か?
サツマイモも表面所々虫食いあとがある。
早めに収穫してるのに、根きり虫には勝てないか・・・
2012093011020001

先日蒔いた大根はまだ双葉が数本。
メークイーンも2本くらい芽が出てきた。
もともとたくさん芽が出てた男爵?は元気だ。
2012093011030001_2

ラディッシュも少し間引きした。
2012093011030002_2

この後台風が来るらしいので、パプリカやオクラの支柱をやり直す。
今のところ夏のような晴天で暑かったが・・・

天気に左右されるが、家庭菜園は暇つぶしには手ごろだ。

2012年9月24日 (月)

FreeDOS1.1を実機でも(DOS/V化)

9月24日

古くなって使ってないPentium3機があったので、
FreeDOS1.1を入れて、DOS/V化し、VirtualPC上との違いを見た。

実機なのでCDイメージというわけには行かない。CD-RWに焼いて、
ドライブにセット。HDDも30GBがのってるが、FAT16で2GBでFDISKする。
FreeDOS1.1のインストールはVirtualPC上と変らない。
ただCPUが遅いせいか時間がかかる。

インストール後の初期画面。VirtualPC上では動かなかった 3)も起動する。
UMBが使えないので、あまり空きメモリーも広くなく、実用的ではないが。
Fdosreal3

次にDOS/V化であるが、FDOS0138.IMGをフロッピーに書き出して、
実験機にイン。

mkdir c:\JP
してから
A:\DOS 以下の

04GZN16X.FNT
GURI16X.FNT
GURI19X.FNT
SNYHN19X.FNT
CHES.EXE
DISPVB.EXE
FONTN.INI
FONTNX.EXE
VESAPAT.EXE
PANSI.SYS

をC:\JPにコピー。

FDCONFIG.SYSを修正。

!COUNTRY=001,858を!COUNTRY=081,932に
MENU 5 - Load FreeDOS 1+Japanese Font DOS/V を追記。
基本的には1)をDOS/V化する。
123?DEVICE~ とか書かれてる項目で"1"が記入されているところに"5"を追記する。
(共有フォルダは関係ないので空きメモリの広い 1) をDOS/Vの基に)

次に4?SHELL=C:\FDOS\BIN\COMMAND.COM~の次の行に
5?DEVICE=C:\JP\FONTNX.EXE
5?DEVICE=C:\JP\VESAPAT.EXE /JP
5?DEVICE=C:\JP\DISPVB.EXE
5?DEVICE=C:\JP\PANSI.SYS
を追記し、保存して終了。
Fdosrealfdconf

AUTOEXEC.BATも修正。
最後に
IF "%CONFIG%"=="5" c:\JP\CHES JP
を追加する。
Fdosrealautoe

これで英語モード、DOS/Vモードとも起動可能となった。
VZエディター(VZIBM   VZIBMJ)
FD             (FDPC   FD55)
NEED         (NEEDE  NEEDV)
を試す。DOS/Vモード、英語モードともいずれも起動する。但し日本語版は文字化け(当然だが)
という結果であった。

多少暇もつぶれたし、平日なので今日はこのくらいで終了。

2012年9月23日 (日)

VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その2、DOS/V化)

次にDOS/V化であるが、

FreeDOS 1.1 で日本語表示

FreeDOS 1.1 日本語化(2/5)


Freedos 1.0 で日本語表示(2)

などを参考にさせてもらった。

まずFreeDOS/V 珠洲版から
fdos0138.lzhをダウンロードし準備。
フロッピーイメージなのでA:\にキャプチャ
mkdir c:\JP
してから
A:\DOS 以下の

04GZN16X.FNT
GURI16X.FNT
GURI19X.FNT
SNYHN19X.FNT
CHES.EXE
DISPVB.EXE
FONTN.INI
FONTNX.EXE
VESAPAT.EXE
PANSI.SYS

をC:\JPにコピー。

FDCONFIG.SYSを修正。

!COUNTRY=001,858を!COUNTRY=081,932に
MENU 5 - Load FreeDOS with Japanese Font, CD, share folder を追記。
基本的には2)をDOS/V化する。
123?DEVICE~ とか書かれてる項目で"2"が記入されているところに"5"を追記する。

次に4?SHELL=C:\FDOS\BIN\COMMAND.COM~の次の行に
5?DEVICE=C:\JP\FONTNX.EXE
5?DEVICE=C:\JP\VESAPAT.EXE /JP
5?DEVICE=C:\JP\DISPVB.EXE
5?DEVICE=C:\JP\PANSI.SYS
を追記し、保存して終了。
Fdos10vfdconf

AUTOEXEC.BATを修正。
最後に
IF "%CONFIG%"=="5" c:\JP\CHES JP
を追加。
IF "%CONFIG%"=="5" LH c:\vmadd\fshare.exe
も追加。
Fdos11vautoe

これで
5)でDOS/V
2)で英語モード
1)で最大空きメモリ
が出来上がる。

ところでもともとのSHARE.EXEとはどう使うのか?
ネットワーク関係らしいが、使い方不明。
VirtualPCでモデムからパソ通、いまさら使わないが・・・
省くか、省こう。わずかながら空きメモリーが増える。

FreeDOSのDOS/VモードではVZibmv,needv,FD55等のスクリーンエディターが動く。
MS-DOS/Vではスクリーンエディターが動かなかったが・・・
追加:VirtualPCAdditions2004のmouseを使うとエディタ動かず。
    ->DOSのmouseを使えばMS-DOS/Vでも動く。

昔ダイナブックSSのDOS/VでVZをさんざん使ったことを思い出す。

本日の暇つぶし実験終了。

VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その1、共有フォルダも)

9月23日一日雨降り。暇だ~。

VirtualPC2007でFreeDOS1.1を起動する。
CDromブートなのでインストールは易しい。

新しいバーチャルマシンで、RAMは32MBくらいで十分。
ハードディスクも特に予定も無いので500MBもあればOK。

起動してCD(freedos11src.iso)をキャプチャ。

再起動。
Install to harddisk
f- Run FDISKを選ぶ
FAT32 support ?はとりあえずNで
1 Create DOS Partition
1 Create Primary DOS Partition
maximum size?はYで
パーテーションができたらESCして再起動。
再びInstall to harddiskで
1-C drive
言語は?11 More choice
13-Japan
format?  Yes
警告出るがYES
1 continue
1 Start installation
説明文
directory ?
5個ともチェックしてDONE
すべてにチェックが入っているのを確認してDONE
インストール中
すべてにチェックが入っているのを確認してDONE
select bootsector よくわからないが 2に

インストールは一応終了。

CDを解放して再起動。
読み込みドライバを聞かれる。
Fdos1origm

1にするとUMBが最大になり(75K)、空きメモリも最大でCDもOK。
Fdos2orig1

2にするとUMBとXMSは使えるがやや減って、空きメモリも減る。CDはOK。
Fdos3orig2_3

3にすると止まる。使えない。XMGR.SYSがVirtualPCに合わないようだ。
Fdos4orig3

4にすると、CD、UMB、XMSは使えない。空きメモリも大幅に減る。
Fdos5orig4

1か2で起動。

次にDOS Virtual Machine Additions.vfdをVirtualPC2004から持ってきて、
フロッピーにキャプチャする。

A:\DOSADD.BATを実行。
Fdos3vmadau
C:\VMADDに
VMADD386.SYS
CDROM.SYS(AUTOEXEC.BATにあるので不要)
FSHARE.EXE(ホストとの共有フォルダを可能に)
IDLE.COM(CPU負担軽減らしい)
MOUSE.COM(AUTOEXEC.BATにあるので不要)
が追加され、
C:\AUTOEXEC.BATの最後に追加記述されるが、
C:\FDCONFIG.SYSには以下追加されず。
DEVICE=C:\VMADD\VMADD386.SYS
CDROM.SYS(AUTOEXEC.BATに別ドライバあるので不要)
LASTDRIVE=Z(FDCONFIGにあるので不要)

editor(neede.comなど)でAUTOEXEC.BATの
マウスドライバーをまずコメント化。

REM C:\VMADD\MOUSE.COM
Fdos6vmadau

次に
FDCONFIG.SYSにVMADD386.SYSを入れ、
FSHARE(共有フォルダ)が使えるよういろいろ試すが、
VMADD386.SYSを入れるとVirtualPCとの相性が悪いのか止まる。
またJEMM386.EXEとFSHAREの相性も悪いらしく、やむなく以下の構成にする。
2)だけ共有フォルダをつけた。

1)JEMMEXを使い、XMS,UMB,CDが使え、空きメモリーが最大(626K)
2)HIMEMXだけ使い、JEMM386をはずし、XMS,CDは使えるが、空きメモリーは610Kに。
  共有フォルダは使える。ただし親ディレクトリのみ。
3)XMSはもともと使えないが、一応そのまま。
4)メモリードライバなし、CDも使えない。空きメモリーは493K。

結局、FDCONFIG.SYSの変更点は、
MENUDEFAULT=2,5
MENU 1 - Load FreeDOS with JEMMEX, no EMS (most UMBs),max RAM free
MENU 2 - Load FreeDOS with HIMEMX and SHARE loaded, Share folder
MENU 3X- Load FreeDOS including XMGR XMS-memory driver
MENU 4 - Load FreeDOS without drivers

1?DOS=UMB
1?DOSDATA=UMB

rem 2?DEVICE=C:\FDOS\BIN\JEMM386.EXE X=TEST I=TEST I=B000-B7FF NOVME NOINVLPG
と修正した。
Fdos8vmadfdconfn_2

AUTOEXEC.BATもラスト3行目に IF 文追加
IF "%config%"=="2" LH c:\vmadd\fshare.exe
Fdos9vmadauton

DOS/V化は次ページに続く。

これだけでも半日つぶれたが・・・

2012年9月22日 (土)

秋の収穫その1

9月22日(秋分の日)

パプリカ、きゅうり、オクラ、ミニトマトを収穫。
2012092210020000_2

ミニトマトはこの後撤去。きゅうりもそろそろ終了か。
ラッカセイを試し掘り(3本分)。
2012092210010001

サツマイモも1本抜いてみた。
2012092210150000

去年のように収穫が遅くなると巨大化して食べるのに苦労するので、
今年は早めに収穫予定。

次にやや遅いが大根と、ラディッシュの種を蒔く。

まあまあ暇がつぶれた。

2012年9月19日 (水)

秋ジャガイモ植え付け

9月17日(水)

春うえで収穫し余っていたメイクィーンを、9月15日に畑に10個ほど植えた。(左の畝)

今日、奥さんが買って忘れていて芽が出たジャガイモを3個発見。
銘柄はわからないが(男爵?)、たくさん芽が出てどうせ食べられないので、
隣の畝に植えた。(右の畝)

2012091808270000

きゅうりの葉っぱが最近急に茶色化しているのでよく見ると、
1センチくらいの青虫が葉の裏にいて葉を穴だらけにしている。
茶色い枯れた葉っぱは全部除去。穴が開いた葉も、虫つきは全部切り取り。
農薬も少し撒けるといいんだが、小さいきゅうりの実がたくさんなっているので、
断念した。

2012091808250000_2


2012年9月17日 (月)

第三種電気主任技術者試験を受験

5月に申し込んだ試験に9月9日に行ってきた。

千葉県は千葉市若葉区の植草学園大学。
公共交通機関を利用せよとのことだが、手段はモノレールしかなく、満員。
やっと千城台北駅に着いた。

ここから徒歩10分らしいが朝から超暑い。途中のコンビニで飲み物を買わないと、
着くまでに熱中症になりそう。

コンビニも満員だった。とりあえずジュースを購入。
ここで昼飯も買っておけばとあとで後悔する。

ようやく到着。ほとんど男性。見かけた中で女性らしき受験生は1人だけ。
まあ当然か。
電気工事士試験の時はもう少し女性の姿があった。

一限目は理論。空席が所々ある。
二限目以降に来た人もいて、科目受験の人も混合で受験しているのだと後でわかる。

二限目は電力。

昼はまたコンビニまで往復した。
また大混雑でおにぎりは無い、サンドイッチは最後の一個にありついた。

三限目は機械。まったく勉強せず、来年に回すつもりだったが、意外にできた。
でも60には届かず。外は豪雨。帰りまでに上がるといいけど。

四限目は法規。震災の影響なのか、過去問に無かった、電力制限の問題が出る。

雨は上がったが、またモノレール混雑で乗り切れず。次の電車を待つ。

趣味の国家資格受験も3種目。暇もつぶれたし。

VirtualPC2007でWindows95bを起動(その2)

まっさらのOSはインストールしたが、まだ画面も狭いし、共有フォルダも使えない。

まずはディスプレイアダプタから
VBEMP driverをフロッピーかCD(イメージでもOk)でマウントして
画面のプロパティ->詳細プロパティ
ディスプレイの詳細アダプタ

4

変更->ディスク使用->VBE Miniport....(VGA)を選択

5

エラーがでる(ことがある)が再起動で
画面のプロパティ変更

6

モニターの設定が出るがスタンダードモニタ スーパーVGAで(解像度は合わせて)

次に
VirtualMachineAdditions2004(isoイメージ)をCDマウントして(2007のadditionsはダメ)
追加機能をインストール
再起動
編集設定から共有フォルダ->フォルダの共有の設定ができるようになる

7

共有フォルダでホストとやり取りできると快適!!

次に
directx 8.0a(windows95ではここまでの対応)
をインストールする

8directx_2

セットアップ後にDCOMが必要とでるがmicrosoftのサイトにはもう無い
10dcom_2
気にせず再起動。DCOM入れなくても今のところ支障なし。

追加:
***************
microsoftのサイトには無いが下記のサイトにあった
REACT
ここから DCOM95.EXE (ver1.3 for windows95) をダウンロードしてインストール。
11vpcwin95bj001
***************

あと何故か、3.5FDDが余分にできるがこれも実害なし。

連休の暇つぶしにはなった?

VirtualPC2007でWindows95bを起動(その1)

VirtualPC2007を起動

新規作成から

バーチャルマシンの作成
95はバージョンによって「ハードディスクの壁」のサイズが異なるが
初期バージョンでも大丈夫な1ドライブ2GB(Fat16)以下にする。

CDの読めるFDをいれて起動し、
(95の起動ディスクはダメ、Me(J)はOk、98や98SEの起動ディスクは2枚なので面倒)
(DOSのディスクもFDISKとFORMATがあればOk)
FDISKする 2G以下で(fat16:大容量->N)
再起動して
FORMAT C:
MD win95
copy ”CD”:\win95\*.* C:\win95
cd win95
setup.exe
product ID入力
マルチメディア、ネットワークは入れないで進める
(入れなくてもホストのが使えるし、インストール時のエラーのもと)

Windows95のバグのため
CPUが速すぎると、インストール途中でIO保護エラー(文字化けもある)で止まる。
1io

慌てずにFIX95CPU.ISO をマウントしてから再起動、パッチを当てる。

295highspeed_patch

成功したら再起動
セーフモード
通常再起動でセットアップ続き
再起動->ようこそ画面

3

一応インストールは終了だが使えるようにするにはもう少し続く・・・

トップページ | 2012年10月 »