« 秋の収穫その1 | トップページ | VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その2、DOS/V化) »

2012年9月23日 (日)

VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その1、共有フォルダも)

9月23日一日雨降り。暇だ~。

VirtualPC2007でFreeDOS1.1を起動する。
CDromブートなのでインストールは易しい。

新しいバーチャルマシンで、RAMは32MBくらいで十分。
ハードディスクも特に予定も無いので500MBもあればOK。

起動してCD(freedos11src.iso)をキャプチャ。

再起動。
Install to harddisk
f- Run FDISKを選ぶ
FAT32 support ?はとりあえずNで
1 Create DOS Partition
1 Create Primary DOS Partition
maximum size?はYで
パーテーションができたらESCして再起動。
再びInstall to harddiskで
1-C drive
言語は?11 More choice
13-Japan
format?  Yes
警告出るがYES
1 continue
1 Start installation
説明文
directory ?
5個ともチェックしてDONE
すべてにチェックが入っているのを確認してDONE
インストール中
すべてにチェックが入っているのを確認してDONE
select bootsector よくわからないが 2に

インストールは一応終了。

CDを解放して再起動。
読み込みドライバを聞かれる。
Fdos1origm

1にするとUMBが最大になり(75K)、空きメモリも最大でCDもOK。
Fdos2orig1

2にするとUMBとXMSは使えるがやや減って、空きメモリも減る。CDはOK。
Fdos3orig2_3

3にすると止まる。使えない。XMGR.SYSがVirtualPCに合わないようだ。
Fdos4orig3

4にすると、CD、UMB、XMSは使えない。空きメモリも大幅に減る。
Fdos5orig4

1か2で起動。

次にDOS Virtual Machine Additions.vfdをVirtualPC2004から持ってきて、
フロッピーにキャプチャする。

A:\DOSADD.BATを実行。
Fdos3vmadau
C:\VMADDに
VMADD386.SYS
CDROM.SYS(AUTOEXEC.BATにあるので不要)
FSHARE.EXE(ホストとの共有フォルダを可能に)
IDLE.COM(CPU負担軽減らしい)
MOUSE.COM(AUTOEXEC.BATにあるので不要)
が追加され、
C:\AUTOEXEC.BATの最後に追加記述されるが、
C:\FDCONFIG.SYSには以下追加されず。
DEVICE=C:\VMADD\VMADD386.SYS
CDROM.SYS(AUTOEXEC.BATに別ドライバあるので不要)
LASTDRIVE=Z(FDCONFIGにあるので不要)

editor(neede.comなど)でAUTOEXEC.BATの
マウスドライバーをまずコメント化。

REM C:\VMADD\MOUSE.COM
Fdos6vmadau

次に
FDCONFIG.SYSにVMADD386.SYSを入れ、
FSHARE(共有フォルダ)が使えるよういろいろ試すが、
VMADD386.SYSを入れるとVirtualPCとの相性が悪いのか止まる。
またJEMM386.EXEとFSHAREの相性も悪いらしく、やむなく以下の構成にする。
2)だけ共有フォルダをつけた。

1)JEMMEXを使い、XMS,UMB,CDが使え、空きメモリーが最大(626K)
2)HIMEMXだけ使い、JEMM386をはずし、XMS,CDは使えるが、空きメモリーは610Kに。
  共有フォルダは使える。ただし親ディレクトリのみ。
3)XMSはもともと使えないが、一応そのまま。
4)メモリードライバなし、CDも使えない。空きメモリーは493K。

結局、FDCONFIG.SYSの変更点は、
MENUDEFAULT=2,5
MENU 1 - Load FreeDOS with JEMMEX, no EMS (most UMBs),max RAM free
MENU 2 - Load FreeDOS with HIMEMX and SHARE loaded, Share folder
MENU 3X- Load FreeDOS including XMGR XMS-memory driver
MENU 4 - Load FreeDOS without drivers

1?DOS=UMB
1?DOSDATA=UMB

rem 2?DEVICE=C:\FDOS\BIN\JEMM386.EXE X=TEST I=TEST I=B000-B7FF NOVME NOINVLPG
と修正した。
Fdos8vmadfdconfn_2

AUTOEXEC.BATもラスト3行目に IF 文追加
IF "%config%"=="2" LH c:\vmadd\fshare.exe
Fdos9vmadauton

DOS/V化は次ページに続く。

これだけでも半日つぶれたが・・・

« 秋の収穫その1 | トップページ | VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その2、DOS/V化) »

FreeDOS」カテゴリの記事

VirtualPC」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589609/55721914

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その1、共有フォルダも):

« 秋の収穫その1 | トップページ | VirtualPC2007でFreeDOS1.1を(その2、DOS/V化) »