« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

東京の会合へ

10月28日 曇り

昨日会合で久しぶりに東京に出た。
おゆみ野の田舎に住んでいるので、東京どころか最近は千葉市の中心部にもめったに行かない。東京駅の地下を迷ってぐるぐる歩き回り、やっと地上に出た。前回東京駅に行った時は、駅前を囲って大きく工事をしていたが、工事も大体終わったようで、きれいにライトアップされていた。写真をとっている人もたくさんいたので、私も一枚。
2012102717520000

丸の内の都会の雰囲気を久しぶりに味わってきた。

レストランは グリル うかい というところであった。
味も雰囲気もよかったが、どうして我が家の周りにはああいう店が無いのだろう?私が知らないだけか、それとも田舎に作っても成り立たないのか?

お店のHPには出てないので気づかなかったが、ミシュラン星獲得の店のようだ。
今検索して知った。我が家の周りに無いのもうなづける・・・


2012年10月18日 (木)

HDDレコーダーからデータ救出 その2

10月17日 午後

奥さんの要望で、古い不調のDVDドライブ搭載のレコーダーから
地デジ番組の1シリーズ29番組をディスクに救出する作業が、ようやく最後の1枚になった。

これにはレコーダーから直接キャプチャしたmpgデータと、
不調のレコーダーから何とかDVDにムーブできたVROデータを
一緒にBlu-ray化しようとしたが、なかなかに大変であった。

地デジを録画したDVDをmpgファイル化するのにぐぐると CPRM Decrypter を
使う記事が多く出ていて、試してみたが、どういうわけかエラーが出て進まず。
以前ダウンロードしてあった、DVDFabPasskey を使うとすんなりハードディスクに
取り込めた。
今回、このVROファイルは4番組が1ファイルになっており、これを分割して、
バイナリエディターで切り貼りしてみたが、なかなかきちんとタイムコードが合った
ファイルにならない。複数のmpgがつながったVROファイルを分割できるソフトを探すと、
vobtool  というソフトでできるらしい。ダウンロードしてAnalyze VOB->Extract Segments
すると1回で完璧。
Vob_tool

今までの手作業は何だったのか・・・
ようやく各mpgファイルがそろいmultiAVCHDでBlu-ray化。
イメージファイルにして再生すると、DVDから変換した部分が縦長になっている。
Author タグのForce AR flag to 16:9をチェックしてやり直してみる。
ようやく完了した。

他のことをやりながらのキャプチャとはいえ30時間以上はかかっている。
十分以上に暇つぶしにはなった。

2012年10月17日 (水)

秋の収穫その4

10月17日午前晴れ

ここ数日雨が降らず畑が乾いてきたので、サツマイモの最後の収穫をした。
3株で大きさは手ごろであった。虫食いは無かったが、急に肥大化したのか
いくつか表面の割れがあった。

2012101709470000
2012101709480000
2012101709480002

ジャガイモは大分成長した。
2012101710020001

メークィーンはぼちぼちだが
2012101710030000

ラディッシュは根元が少し太くなっているのもある。
2012101710020000

大根はいくつか間引きした。
2012101710030001

また、玉ねぎの小球根を植えつけた。
芝や雑草のはびこっているほうの畑を耕してから、
マルチを張って植えたので大変であった。

午後から急速に天気が悪化したので、午前中に済ませて正解であった。

2012年10月14日 (日)

VirtualPC2007でWindows3.1を試す

10月14日、今日も雨で、芋ほりはできず。

引き続きVirtualPC2007にWindows3.1を入れてみた。
Dosからのセットアップなので、まずMS-DOS6.20Vを入れる。
setup後、共有フォルダとCD-ROM(idle.comも)が使えるように、
VirtualPc2004additionsの中の
DOS Virtual Machine Additions.vfdをマウントして
4つのファイルをc:\vmadd\にコピーして
config.sysとautoexec.batを変更した。
620vconfg
620vauto
vmadd386.sysは共有フォルダ用でEMM386.EXEより先に入れないとダメのようだ。
またvmaddのmouse.comは入れるとDOS/VモードでVZエディターやFDが
うまく表示されなくなる。今回はWindowsなのでDos用mouseは入れない。

620v

厳密にやればもっとメモリーを空けられるかもしれないが、
空きが574KBあるので、とりあえずこれでOK。
次に
元のFDは起動FDではないので、すべての内容をまとめたCDimageをつくり、
これをマウントしたほうが手間が無い。
P(CD):\でsetup
チェックが長いが、セットアップ画面が出る。
02setup

全部まとめてあるので途中ユーザー名くらいであっという間に終了。
03win

起動したらコントロールパネル-ドライバで
Creative Lab Sound Blaster 1.5で設定に
220 5 でOK。

04
音が出るようになる。

次にビデオドライバを入れる。
windowsを終了して
cd windows
setup
VGAを変更、
06

S3driverを入れるとよいようなので、下記より入手した。

Virtual PC Downloads サイトから
Windows 3.11 S3 Video Drivers referenced in the Tech Ref(w3117004.zip)を
ダウンロード。

S3driverをFDイメージにしてマウントしてからインストール
S3 Trion64V 1.70.04 1024x768 64K C LF
を選択。
07

何度かインストールディスクとS3ドライバディスクの交換を求められる。
終了したら再起動して
08

広くなった画面で壁紙変更。

起動していじると懐かしくはあるが、今と比べて大分使い勝手が悪い。

マウスのホイルや右クリックが利かない。
ファイルマネージャーでファイルをダブルクリックしても開かない。
ドラッグアンドドロップができない・・等々。
今では当たり前のことだが、こんな不便なものでも、当時はそれが当たり前だったので、
よく使っていたなと思い返す。

また、起動に必要なドライバを検索したり、ノウハウをネットで探すと、
同じようにVirtualPCに古いDosやWindowsを入れて試している記事がたくさん載っている。
いまさら実地に古いWindowsやDosが必要で毎日使っている人がいるとも思えないが・・・
参考になってよいのであるが、皆さんも私同様、暇なのかな・・と共感する。

2012年10月 8日 (月)

VirtualPC2007のMS-DOSでPinballを試す

10月8日

VirtualPC2007にいれたMS-DOSでPinballを試してみた。

Dos/Vだとメモリーが足りず、英語モードで立ち上げなおして、起動する。

Dos620vpinball1

Dos620vpinball3
Dos620vpinball2_2

昔見た懐かしい画面と思ったが、球が速すぎて見えない。
キーも受け付けてるし、球も反応しているようだが、とても速過ぎて何が何だか・・・

VirtualPC2007に、dosのこういったゲームは向かないということがわかった。

秋の収穫その3

10月8日

最近天気が悪く、収穫作業ができなかったが、今日は晴れたり曇ったりだが、
ようやく少し土が乾いたので、午後からラッカセイの収穫をした。また塩茹でにした。
2012100814180000

これでラッカセイも終了。

きゅうりも撤去したし、パプリカとオクラは小さい実があるが、夏ほど成長しない。
秋の収穫としては下旬になったら残りのサツマイモを掘って終わりか。

VirtualPC2007でいろいろなMS-DOSを試す

10月8日

ここ1週間ほど、ネットに落ちてた、いろいろなバージョンのMS-DOSを
VirtualPCにインストールできるか、実験してみた。

MS-DOS
ver.
1.0   起動ディスクらしいが起動しない。1.0はブートセクタが形式が違うらしい。
1.0から4.01まで->The current image format is not supported by the disk drive が
           出てだめ5インチ用か?

3.3   720kbFDDモードで起動はする。fdisk formatはあるが動かない。
    HDD操作するにはドライバがいる?

5.0   FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。
     cdm.imgをキャプチャして Cドライブにコピーして(config.sysとautoexec.batも)
     再起動するとCDとマウスも入る。

5.0V  FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可能。

5.0A    NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
     しないとダメ。
          いまさらなので、あきらめる。
5.0A-H  NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
      しないとダメ。
            いまさらなので、あきらめる。

6.0     FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。

6.2     インストーラーにエラーが出て(システムチェック?)進まず、
         手動でextend.exe のバッチファイルを作ってインストール。大変。

6.20V FDDでsetupが立ち上がる。#1-6がsetup。 sd#1-2は追加ユーティリティ。
         もともと持ってたバージョン。昔散々使ってた。
Msdos620vsetup
Msdos620v


6.21   FDDでsetupが立ち上がる。CDのsysがない。

6.22    インストール可 CDもあり dosidle.iso 入れるとホストのCPU負担軽減。

7.1    CDブートでsetupが立ち上がる。dosインストール後いろいろ追加インストール。
         ホストのCPU負担軽減もインストールされている。

イメージファイルでVirtualPCに読み込むのは、実機にFDDで読み込むのに比べ
圧倒的に速い。ためしに古い実機にインストールすると何倍も読み込みに時間がかかる。
昔はこのスピードに慣れていたのかと改めてパソコンの進歩に驚く。

10年以上ぶりでたくさんバッチファイルを書いた。疲れた。十分暇はつぶれた。

ちなみにもともと持ってた6.20V以外は試しただけですぐ消した。グレーだし、
いまさらDOSでやることもないので、1つあれば十分。

2012年10月 4日 (木)

HDDレコーダーからデータ救出

10月3日雨

ここ数日、奥さんの要望で、古い不調のDVDドライブ搭載のレコーダーから
地デジ番組の1シリーズ29番組をディスクに救出する作業に追われていた。
搭載されているDVDドライブにDVD-Rを入れてダビング->エラーで停止を何度も繰り返し、
クリーニングディスクを使ったりして、何とか2枚は焼けたが、3枚目以降はまったくダメ。

レコーダーをキャプチャボードにつなぎパソコンにmpgデータとして取り込み、
multiAVCHDでメニューを作ってBlu-rayを作成。ディスクに焼く作業にきりかえた。
まだ2枚しかできてないが、作成の手順は把握した。残り7枚分。取り込みに実時間が
かかるのでまだ20時間以上はかかるが、ながら作業で徐々にやっていくことにする。
画質はキャプチャ時に変換してるので元の地デジ画質には及ばないが、音楽バラエティ
なので画質にはこだわらないらしい。

時間はかかるが退屈な作業だ・・・

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »