« HDDレコーダーからデータ救出 | トップページ | 秋の収穫その3 »

2012年10月 8日 (月)

VirtualPC2007でいろいろなMS-DOSを試す

10月8日

ここ1週間ほど、ネットに落ちてた、いろいろなバージョンのMS-DOSを
VirtualPCにインストールできるか、実験してみた。

MS-DOS
ver.
1.0   起動ディスクらしいが起動しない。1.0はブートセクタが形式が違うらしい。
1.0から4.01まで->The current image format is not supported by the disk drive が
           出てだめ5インチ用か?

3.3   720kbFDDモードで起動はする。fdisk formatはあるが動かない。
    HDD操作するにはドライバがいる?

5.0   FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。
     cdm.imgをキャプチャして Cドライブにコピーして(config.sysとautoexec.batも)
     再起動するとCDとマウスも入る。

5.0V  FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可能。

5.0A    NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
     しないとダメ。
          いまさらなので、あきらめる。
5.0A-H  NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
      しないとダメ。
            いまさらなので、あきらめる。

6.0     FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。

6.2     インストーラーにエラーが出て(システムチェック?)進まず、
         手動でextend.exe のバッチファイルを作ってインストール。大変。

6.20V FDDでsetupが立ち上がる。#1-6がsetup。 sd#1-2は追加ユーティリティ。
         もともと持ってたバージョン。昔散々使ってた。
Msdos620vsetup
Msdos620v


6.21   FDDでsetupが立ち上がる。CDのsysがない。

6.22    インストール可 CDもあり dosidle.iso 入れるとホストのCPU負担軽減。

7.1    CDブートでsetupが立ち上がる。dosインストール後いろいろ追加インストール。
         ホストのCPU負担軽減もインストールされている。

イメージファイルでVirtualPCに読み込むのは、実機にFDDで読み込むのに比べ
圧倒的に速い。ためしに古い実機にインストールすると何倍も読み込みに時間がかかる。
昔はこのスピードに慣れていたのかと改めてパソコンの進歩に驚く。

10年以上ぶりでたくさんバッチファイルを書いた。疲れた。十分暇はつぶれた。

ちなみにもともと持ってた6.20V以外は試しただけですぐ消した。グレーだし、
いまさらDOSでやることもないので、1つあれば十分。

« HDDレコーダーからデータ救出 | トップページ | 秋の収穫その3 »

MS-DOS」カテゴリの記事

VirtualPC」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589609/55845757

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC2007でいろいろなMS-DOSを試す:

« HDDレコーダーからデータ救出 | トップページ | 秋の収穫その3 »