« VirtualPC2007のMS-DOSでPinballを試す | トップページ | 秋の収穫その4 »

2012年10月14日 (日)

VirtualPC2007でWindows3.1を試す

10月14日、今日も雨で、芋ほりはできず。

引き続きVirtualPC2007にWindows3.1を入れてみた。
Dosからのセットアップなので、まずMS-DOS6.20Vを入れる。
setup後、共有フォルダとCD-ROM(idle.comも)が使えるように、
VirtualPc2004additionsの中の
DOS Virtual Machine Additions.vfdをマウントして
4つのファイルをc:\vmadd\にコピーして
config.sysとautoexec.batを変更した。
620vconfg
620vauto
vmadd386.sysは共有フォルダ用でEMM386.EXEより先に入れないとダメのようだ。
またvmaddのmouse.comは入れるとDOS/VモードでVZエディターやFDが
うまく表示されなくなる。今回はWindowsなのでDos用mouseは入れない。

620v

厳密にやればもっとメモリーを空けられるかもしれないが、
空きが574KBあるので、とりあえずこれでOK。
次に
元のFDは起動FDではないので、すべての内容をまとめたCDimageをつくり、
これをマウントしたほうが手間が無い。
P(CD):\でsetup
チェックが長いが、セットアップ画面が出る。
02setup

全部まとめてあるので途中ユーザー名くらいであっという間に終了。
03win

起動したらコントロールパネル-ドライバで
Creative Lab Sound Blaster 1.5で設定に
220 5 でOK。

04
音が出るようになる。

次にビデオドライバを入れる。
windowsを終了して
cd windows
setup
VGAを変更、
06

S3driverを入れるとよいようなので、下記より入手した。

Virtual PC Downloads サイトから
Windows 3.11 S3 Video Drivers referenced in the Tech Ref(w3117004.zip)を
ダウンロード。

S3driverをFDイメージにしてマウントしてからインストール
S3 Trion64V 1.70.04 1024x768 64K C LF
を選択。
07

何度かインストールディスクとS3ドライバディスクの交換を求められる。
終了したら再起動して
08

広くなった画面で壁紙変更。

起動していじると懐かしくはあるが、今と比べて大分使い勝手が悪い。

マウスのホイルや右クリックが利かない。
ファイルマネージャーでファイルをダブルクリックしても開かない。
ドラッグアンドドロップができない・・等々。
今では当たり前のことだが、こんな不便なものでも、当時はそれが当たり前だったので、
よく使っていたなと思い返す。

また、起動に必要なドライバを検索したり、ノウハウをネットで探すと、
同じようにVirtualPCに古いDosやWindowsを入れて試している記事がたくさん載っている。
いまさら実地に古いWindowsやDosが必要で毎日使っている人がいるとも思えないが・・・
参考になってよいのであるが、皆さんも私同様、暇なのかな・・と共感する。

« VirtualPC2007のMS-DOSでPinballを試す | トップページ | 秋の収穫その4 »

VirtualPC」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589609/55887895

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC2007でWindows3.1を試す:

« VirtualPC2007のMS-DOSでPinballを試す | トップページ | 秋の収穫その4 »