« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月19日 (月)

VirtualPC2007で V-Text24ドットフォント表示(PC DOS J7.0/V)

11月19日

V-TextといってDOS上で画面表示を拡張するシステムがあったので、試してみた。

V-Textを利用した24ドットフォント拡張画面表示 [DOS]
 

を参考にした。
まず、DSPXVBE - VESA汎用 IBM DOS Extension(V-Text) ドライバ
をダウンロードして解凍。

導入には IBM PC DOS J6.1/V 以上が必要なので、
VirtualPC2007 上の PC DOS J7.0/V を起動した。
上記のサイトやドライバの添付ファイルどうりに、

1) C:\DOS\DSPX.PROのファイル名をDSPX.BAKに変更。
2) 解凍したファイルのうち DSPXVBE.PRO のファイル名を DSPX.PRO に変えて C:\DOS\ にコピーする。
3) 解凍した DSPXVBE.EXE はそのまま C:\DOS\ にコピーする。
4) SETUPV コマンドを実行する。(DOS/Vの環境設定コマンド)
Vtext01
  フォント で Enter

  24ドット半角/全角フォントの設定で 使用する に変更する。
Vtext03

  24ドット全角フォントのファイル名が $JPNZN24.IBM を $JPNZN24.FNT に変更する。
Vtext06
  F10で設定終了。Enter で実行する。

5) DOS上で DPSXVBE.EXE を実行してDSPXVBE ドライバを導入する。
6) DSPX コマンドを実行する。
F5キーで詳細表示に切り替える。
ワイド/拡大 を選択して F10キーを押す。
Vtext08
テキストモードの一覧が表示される.。画面解像度を上げすぎると VirtualPC ではかえって使いにくいので、
1024X768 程度にしてみた。
フォントサイズ 12×24 を選択して綺麗な 24ドットフォントで表示することに。
F3で決定終了。
7) DSPX W コマンドで拡大画面モードにする。
8) 設定は1度やっておけば保存されているので、毎回手動で DPSXVBE.EXE を導入して DSPX W コマンドしてもよいが、
AUTOEXEC.BATに追加した方が楽。Japanese Mode の最後に2行追加した。
Vtext12dspx_w

再起動。
Vtext13
Window画面が拡大しフォントが読みやすくなり、眼に優しい。昔はこのシステムを知らなかったので、新鮮。
DOSでもまだまだ知らないこともある。これは実機でも試してみないと。
また、VirtualPC上の他のフリーなDOSでも可能かどうか試さないと。

新たな暇つぶしのネタができた。

2012年11月18日 (日)

ジャガイモ、大根、タマネギ栽培

11月18日午後

植えつけてから約2ヶ月のジャガイモ(男爵?)。
2012111814110000

植えつけてから約2ヶ月のメークウィーン。
2012111814120000

植えつけてから約2ヶ月の大根。
2012111814120001
黒や緑の小さいイモ虫がいたので除去。
横に出ているのはたぶんこぼれたジャガイモの芽。

次にタマネギ。
2012111814130000
25センチくらいだ。
本には種から育てた場合しか載ってなくて、6月に収穫と出ている。
私は球根状態から育てているが、毎年トウ立ちする。
球根状態から育てた場合は4月頃に収穫すると最近知った。

来春は4月に収穫してみよう。

乙2・3類危険物取扱者試験を受験

11月18日

昨夜の風雨が嘘の様な快晴だが、風が寒い日。
乙2・3類危険物取扱者試験に行ってきた。

京成大久保駅で降りて商店街をまっすぐ歩くと日大生産工学部津田沼校舎が見えてくる。

2012111809250000

ここに来るのも、もう3回目。乙4・5・6類は既に取っているので、今日は乙2・3類。
一度に2個しか受験できないので、また来春残る乙1類に来なければならない。
そのたびに受験料も発生する。
乙の6種類のうち4種類とってから甲種を受けることも可能だが、結局4回行くことに変わりない。
化学科等を卒業したわけではないので、いきなり甲種は受けられない。
東京では頻回に試験しているのでそちらまで行けばもっと早く取り終わるが、暇つぶしの趣味の資格取得なのでのんびり行こう。

電気主任技術者試験と違って、こちらは女性の受験者もちらほら見かける。1割くらいかな。

試験は20分で書き終わる。マークシートだし、電気主任技術者試験と違って計算があるわけでなし、
退室が認められる45分まで暇をもてあます。以前やった他の類や法規の問題を解いて、結構忘れていることに気付く。

退室可能時間になると3分の2位は退室したようだ。私も集団とともに帰宅する。

2012年11月16日 (金)

VirtualPC2007で OpenDOS 7.01 を試す(その2、DOS/V化)(更にDR DOS/V化も)

11月16日

本当は試験勉強しなければいけないのであるが・・・

VirtualPC2007上のOpenDOS7.01をDOS/V化できるか試してみた。
DR-DOSも6.0ではDOS/V版が昔は販売されたらしいので、できるのは当然とも思えるが・・
FreeDOSと同じ方法が簡単そうなので、試してみた。
但し、OpenDOSには  keyboard.sys が無いので、替わりにJIS_A01.COMを使うことにする。

英語版DR-DOSのDOS/V環境の作成について

FreeDOS 1.1 で日本語表示
などを参考にさせてもらった。

まずFreeDOS/V 珠洲版から
fdos0138.lzhをダウンロードしイメージファイルを準備。

VirtualPC2007のOpenDOS7.01を起動。
フロッピーイメージなのでA:\にキャプチャ
mkdir c:\JP
してから
A:\DOS フォルダから以下の

04GZN16X.FNT
GURI16X.FNT
GURI19X.FNT
SNYHN19X.FNT
CHES.EXE
DISPVB.EXE
FONTN.INI
FONTNX.EXE
VESAPAT.EXE
PANSI.SYS
JIS_A01.COM

をC:\JPにコピー。

CONFIG.SYSを修正する。

COUNTRY=81,932,C:\OPENDOS\COUNTRY.SYS  を修正する。
DEVICEHIGH=C:\JP\FONTNX.EXE          を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\VESAPAT.EXE /JP      を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\DISPVB.EXE          を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\PANSI.SYS           を追加する。
Opendosvconfspl

AUTOEXEC.BATも修正する。

LH C:\JP\JIS_A01.COM        を追加する。
c:\JP\CHES JP             を追加する。
Opendosvautospl1

これで再起動すると、すんなりDOS/Vモードになった。
しかし、日本語モードでは、VZやFDが表示できない。
またマウスドライバの影響か?と思い、DRMOUSEをはずすとVZ FDの表示可能になった。
FreeDOSのマウスでは障害は出なかったので、こちらを使うように修正。

freeDOS1.1を起動してC:\fdos\bin\mouse.exeをホストに転送、又はFDイメージを通して
OpenDOSのC:JPに移した。
こういう時もVirtualPCは同時に複数のOSの起動が可能で、簡単にファイルを取り出せて便利。

修正後はVZeditorも日本語で起動する。AUTOEXEC.BATはこんな感じ。
Opendosvautospl2_3

ちなみに、メニューつきCONFIG.SYSも作ってみた。
Opendosvconfmnv

AUTOEXEC.BATは
Opendosvautomnv

これでメモリードライバ、CD、共有フォルダ、マウスに日本語表示、
当然英語モードでGAMEもできる、フリーなOpenDOS/Vのできあがりっと。


更に、VirtualPC2007上のDR-DOS7.03でもDOS/V化を試してみた。

フォルダ名だけ異なるCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATの設定で起動。

起動メニュー画面
Drdos703menu_2

CONFIG.SYSのVZeditor画面(フォルダ名が異なるだけだが)
Drdos703conf

すんなり起動し、DOS/V化完了した。バージョンが違うだけなので当然だが。

以上、VirtualPC2007上のDR-DOS7.03でも、同じ設定でDOS/V化できた ことを確認した。


VirtualPC2007でいろいろやってきて、十分暇はつぶれたが、
もうあまりやることがなくなってきた。次は何するか・・・

2012年11月13日 (火)

VirtualPC2007 で OpenDOS 7.01 を試す

11月13日

OpenDOS 7.01もVirtualPC2007に入れてみた。

これは DR-DOS7.03の前々のバージョンのようだ。会社が替わったりして違う名前になっているが、
インストールした印象は同じ。

配布ファイルの DOD701.EXE(含通信関係) DODL701.EXE(Lite版)は
64bit版のOSでは動かないので、32bit版のXPで解凍。

DRDOS7.03のイメージファイルでもそうであったが、できたイメージファイル(.144ファイル)は、
1441KBでこのままだと、VirtualPCで読み込めない。
最後の419byte($1A3byte)(DiskImage 2.01 (C) 1990,1991 Digital Research Inc以下の部分)が余分なので、
律儀にFDに書き出して、また再イメージ化してもよいが、バイナリエディタで余分な最後の419byteを削った方が早い。
->ファイルサイズを$168000byte(1474560byte)にして、わかりやすい名前と、拡張子に変更して保存。
Opendos01

VirtualPC2007を起動してFDイメージをキャプチャ。
まだHDDを初期化してないので警告が出てFDISKが起動する。
Opendos02

LICENSED FOR NON-COMMERCIAL USE ONLY の表示も出ていて、安心して試せる。

FDISK実行。
Opendos03

インストーラーが起動する。
Opendos04

ライセンスの同意等が出て、Name等の入力
keybordの選択が出るがJPは無いようなので、USのままで
Opendos05

その後、インストールディレクトリやNetWare、 MS Windows Utilitiesのオプションがあるが、
デフォルトで進める。
Opendos06

インストール終了で再起動するが、DR-DOSと同様にEMM386のため止まる。
Opendos07

とりあえず他の起動ディスクで再起動して、c:\config.sysのEMM386.EXEを修正。

DEVICE=C:\OPENDOS\EMM386.EXE DPMI=OFF FRAME=AUTO EXCLUDE=E000-EFFF

これで起動できる。
またOPENDOSディレクトリを探しても、マウスドライバが見当たらないので、
DR-DOS7.03のDRMOUSE.COMを流用する。
ついでにまたVM Additionsも入れておく。
起動画面。
Opendos08
同じようにまだ Warning: Address line A20 が出るが、たぶん大丈夫。
これでメモリマネジャーもCD、マウス、ホストとの共有ディレクトリも使える。
ちなみに config.sysと autoexec.batは
Opendos09
Opendos10_2

その後、Apache Longbowをインストールして確認した。
CDイメージをマウントして、(CD):¥install

古いソフトなので新しい Cyborg F.L.Y.5 Flight StickではPedal と Throttle Stickが反応しないが、
ジョイスティックとしては動く。
Opendos11

DR-DOS7.03と同様にメニューつきconfig.sysも動く。
DR-DOS7.03との違いは、DRMOUSEが無いことくらいか?

FreeなDosで、ゲームも動き、VZ FD等も動くことを確認した。
平日なのでこのへんで終了に。

2012年11月 6日 (火)

VirtualPC2007でDR DOSを試す・・その2

11月6日

VirtualPC2007上のDR-DOS7.03に、昔のDOSのゲームをインストールしてみた。

1)apache longbow

CDのイメージをマウントしてinstall
HDD内にすんなりインストールされる。

前のconfig.sysだとオープニングは出るがFAULT表示が出て止まってしまう。
メモリー関係のようなので、EMM386をREM化するともっとダメ。
試行錯誤するが、結局、FRAME=NONEをとるか、またはFRAME=AUTOで動くことが判明。
この状態なら、DPMI=OFFは関係なし。DPMSはあっても無くてもOK。
改良 config.sys は
Drdos70321confg
Drdos70322
これでもAddress line A20にWarningが出るが、一応ゲームできるのでOKとする。
メモリーは(vmap)こんな感じ。
Drdos70323vmap

apache設定画面。
Drdos70324apache0

ジョイパッドも動くし、音も出る。
最近はなかなかフライト用のいいジョイスティックが無くて困る。
9.11の影響なのか?単にフライトもののゲームに人気が無いのか?

Drdos70324apache1_2

昔、ミッションを辞書片手に和訳して、飽きるほどやった画面。懐かしい・・・・
恥ずかしながら、ほとんど直訳のミッションファイルの一部。
Drdos70324apache2


2)US NAVY FIGHTER GOLD

CDイメージをマウントして install
Drdos70325usnf1

Begin installで進める。
Configuration HardwareでSound blaster proを選び、220  1を選ぶ。
                                                            訂正 220  1         
musicも Sound blaster CLONEを選び、220  1を選ぶ。
                                              訂正 220  1         
Sound blaster16を選ぶと音でなかった。
Drdos70327usnf3
Drdos70328usnf4

これも昔、よくやったな・・・動くことがわかれば、もう終了。
今からまたこれをやり込めるほど若くないので。

2012年11月 4日 (日)

VirtualPC2007でDR DOSを試す

11月4日

ついでに DR-DOS も VirtualPC2007にインストールして、実験してみた。

DR-DOSは現在のバージョンは有料だが、
7.03はCalderaから非商業利用に限って無償で提供のバージョンのようだ。
これをインストールしてみる。
VirtualPC2007を起動し新規で新しいバーチャルマシンを作る。
起動してDR-DOS7.03の1枚目のイメージをフロッピーにキャプチャすると、
HDDに何も無いので、FDISKが立ち上がる。
Drdos7031fdisk

boot sector IDを入れ、パーテーション、フォーマットする。
自動でインストーラが立ち上がる。
Drdos7033installer

設定は名前くらいで、読みこみ開始、ディスク交換4回
Drdos7034disk

終了すると再起動するが、EMM386.EXEのエラーで停止。

別の起動FDDイメージ(何でもOK)で立ち上げて、config.sysの修正する。
microsoftのサポートサイトによると
http://support.microsoft.com/kb/831515/ja
より
EMM386.EXE DPMI=OFF FRAME=NONE の後に EXCLUDE=E000-EFFF を追加する。
とよいらしい。また DPMS.EXE もエラーの元らしいので、REM化。
また、VM Additions2004 を適用して、VMADD386.SYS  CDROM.SYS  LASTDRIVE
の行を追加する。
Drdos7038vmaddconfg

          ---------------->config.sys要再修正(その2参照)

Drdos703vmaddauto
autoexec.batも NWCACHE をREM化し、MSCDEX FSHARE IDLEの行を追加。
マウスはDR-DOSの DRMOUSEを追加した。再起動すると。

Drdos70310vmadd
Drdos70311mem

英語モードだが、いろいろ付けた割りに、空きメモリはかなり広い。

一応無償版なのでしばらく残して、昔のゲーム等動くか後日確認しよう。

VirtualPC2007でIBM PC DOSを試す

11月4日

ここ数日、ネットに落ちてた、いろいろなバージョンの IBM PC DOS を
VirtualPC2007にインストールして、実験してみた。

**************  3.0 (5.25inch)  ************** 

360kbのFDDイメージなので読みこめず。終了。



**************  3.30 (3.5 USA)  ************** 

720kbのFDD 1枚。
Pc_dos331
Pc_dos332fdisk
fdisk、formatもあり、HDDも使える。
ただインストーラは無く、HDDインストは手動でする。
sys c:
md c:\dos
copy command.com c:\
copy *.* c:\dos

config.sysやautoexec.batも無いので、適当に作って動かしてみる。
但し、HIMEM.SYSやEMM386.SYSは無い。
CD用のsysやMSCDEXも無いので、
CDROM.SYSはAddition2004からMSCDEXはPC DOS 7.0からコピー。

config.sysは
COUNTRY=1,,C:\DOS\COUNTRY.SYS
FILES=30
DEVICE=C:\DOS\ANSI.SYS
DEVICE=C:\VMADD\CDROM.SYS /D:IDECD001 /L:P
LASTDRIVE=Z

ところがautoexec.batは何を書いても Bad commandのエラーになる。
config.sysでinstall文も使えないので、MSCDEXが入れられない。

memコマンドも無い。
vmapも動かない。vzエディタ(US)やFD等も動かない。
どうにもならず終了。

**************  5.00 [Japanese]  ************** 

IBM DOS バージョン J5.00/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j50v1setup

#1-3 setupプログラム。#4 起動ディスク。 #5 辞書ディスク
Pc_dos_j50v2

CD用のsysやMSCDEXは無いので、
CDROM.SYSはVirtualPC2004AdditionsからMSCDEXはPC DOS 7.0からコピー。
他のAdditionsもいれる。
但しvmadd\mouse.comを入れるとテキストエディターの表示が出なくなるので rem 化する。
idle.comでホストのCPU負担を下げ、fshare.exeで共有フォルダも使えるようにする。
Pc_dos_j50v3config_2
Pc_dos_j50v4autoexec
Pc_dos_j50v5jpmem
CDドライブやホストとの共有フォルダも使えるわりに、まあまあメモリーもある。
DOS/Vモードでは
VZIBM VZIBMJ FD55 FDPC NEEDE NEEDV MIEL55 いずれもOK

さらにDOS/Vのドライバを除いて
USモードで再起動すれば
Pc_dos_j50v6usconfig
Pc_dos_j50v7usmem
かなり広いメモリー空間を確保できる。

当然上記すべてのエディタも使える。(文字は化けるが)


**************  J502V  ************** 

IBM DOS バージョン J5.02/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j502v1setup
Pc_dos_j502v2setup_2
オプション項目が5.00とやや異なる。
#1-3 setupプログラム。#MKK1連文節変換。#MKK2連文節辞書。
起動して ver すると IBM DOS Version J5.00/Vが表示される。
CD用のsysやMSCDEXは無い。
Pc_dos_j502vdosshell
Pc_dos_j502v4

日本語関係のマイナーチェンジ?のようなので精査省略。



**************  2000 7.00.1C  ************** 

PC DOS J7.0/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j70v1setup

ディスク 11枚。
オプション(アンチウイルス、ディスク圧縮等)により
使わないディスクあり。
Pc_dos_j70v21
Pc_dos_j70v22
Pc_dos_j70v6
MSCDEX(ver2.25)はあるが、これもCD用のsysは無いので VirtualPC2004additionsを使う。
他のAdditionsも入れる。但しvmadd\mouse.comを入れるとテキストエディターの表示が出なくなるので rem 化し、もともとのmouseを使う。
DOS7.0には1.2MB-FDDドライバがあり、いれてみたがやはりVirtualPCでは使えないのでrem化。
Pc_dos_j70v7config2
Pc_dos_j70v8autoexec_2
Pc_dos_j70v9jpmem

DOS/Vモードでは
VZIBM VZIBMJ FD55 FDPC NEEDE NEEDV MIEL55 いずれもOK

USモードでは
Pc_dos_j70v10usconfig
Pc_dos_j70v11usmem

543KBの空きメモリーがあり、CDドライブ、共有フォルダが使える。
エディタも上記すべて OK(当然文字は化けるが)



基本的に PC DOS は MS-DOS と変らないようなので、試しただけですぐ消去。

実機だと OS の入れ替えごとにデバイスドライバや設定変更がいるが、
VirtualPC だと手間要らず(特にDOSでは)。
メモリードライバ等のDOSの基本は5.0ですでに出来上がっているので、空きメモリー等に関してDOS5.0とDOS7.0の差はほぼ無い。
7.0はウイルスチェックやドライブ圧縮や他いろいろなユーティリティが付属することか?
あと7.0ではconfig.sysでメニューが使えるくらいか・・・


以上、疲れたので終了

翌朝、追加:

一応DOS7.0でメニューも試してみた。
Pc_dos_j70v13menuconfg
Pc_dos_j70v14menuauto

起動すると
Pc_dos_j70v12menu_2

こんな感じ、ちなみに空きメモリーは

1. Japanese(CD EMS S-folder)     523k
2. English(EMS)                   603k
3. English(EMS CD S-folder)       548k
4. English(CD)                    553k
5. English(no option)              586k

no optionよりEMSつけたほうが広い。
メニュー機能は無いよりあったほうがやはり便利だ。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »