« VirtualPC2007でIBM PC DOSを試す | トップページ | VirtualPC2007でDR DOSを試す・・その2 »

2012年11月 4日 (日)

VirtualPC2007でDR DOSを試す

11月4日

ついでに DR-DOS も VirtualPC2007にインストールして、実験してみた。

DR-DOSは現在のバージョンは有料だが、
7.03はCalderaから非商業利用に限って無償で提供のバージョンのようだ。
これをインストールしてみる。
VirtualPC2007を起動し新規で新しいバーチャルマシンを作る。
起動してDR-DOS7.03の1枚目のイメージをフロッピーにキャプチャすると、
HDDに何も無いので、FDISKが立ち上がる。
Drdos7031fdisk

boot sector IDを入れ、パーテーション、フォーマットする。
自動でインストーラが立ち上がる。
Drdos7033installer

設定は名前くらいで、読みこみ開始、ディスク交換4回
Drdos7034disk

終了すると再起動するが、EMM386.EXEのエラーで停止。

別の起動FDDイメージ(何でもOK)で立ち上げて、config.sysの修正する。
microsoftのサポートサイトによると
http://support.microsoft.com/kb/831515/ja
より
EMM386.EXE DPMI=OFF FRAME=NONE の後に EXCLUDE=E000-EFFF を追加する。
とよいらしい。また DPMS.EXE もエラーの元らしいので、REM化。
また、VM Additions2004 を適用して、VMADD386.SYS  CDROM.SYS  LASTDRIVE
の行を追加する。
Drdos7038vmaddconfg

          ---------------->config.sys要再修正(その2参照)

Drdos703vmaddauto
autoexec.batも NWCACHE をREM化し、MSCDEX FSHARE IDLEの行を追加。
マウスはDR-DOSの DRMOUSEを追加した。再起動すると。

Drdos70310vmadd
Drdos70311mem

英語モードだが、いろいろ付けた割りに、空きメモリはかなり広い。

一応無償版なのでしばらく残して、昔のゲーム等動くか後日確認しよう。

« VirtualPC2007でIBM PC DOSを試す | トップページ | VirtualPC2007でDR DOSを試す・・その2 »

DR DOS(Open DOS)」カテゴリの記事

VirtualPC」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589609/56043439

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC2007でDR DOSを試す:

« VirtualPC2007でIBM PC DOSを試す | トップページ | VirtualPC2007でDR DOSを試す・・その2 »