« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月18日 (水)

Windows10 で Hyper-V を(その後)

11月18日 曇り

メイン機のOSも Windows10 Pro にして、Hyper-V を使うつもりであったが、重大なことを見落としていた。
Hyper-V を有効にしておくと、Oracle VM VirtualBox や VMware Player が起動できなくなることだ。
VirtualPC2007 の方は古いOSやゲームをたまに起動して、楽しむだけだが、Oracle VM VirtualBox は仕事で月に何度かは必ず使う。その度に設定を変更して、再起動をするのであれば、デュアルブートで Windows7 を残しておいたほうが、よりスマートに思える。
また、前回 VirtualPC2007で作った、WindowXp を Hyper-V に移して起動することを確認したが、
それ以外のOSではダメダメであることも分かった。
もともとそれ以外のOSはサポート対象外なのでしかたないことだが・・・
結局、せっかくOSを購入したので、メイン機のOSは Windows10 Pro にはしたが、Hyper-V は有効にはしないことにした。

以下 Hyper-V の各OSに対する記録。( VirtualPC2007 からの VHD ファイルを使用 )

************
MS-DOS6.2V
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
Hyperv_convmsdos62v_01

VZ editor 等は動く。
EMM が無いせいなのか、空メモリは 554K あるのに ApacheLongbow は動かない。

************
FREEDOS1.1
CD は OK
HIMEMX は OK
DOS/V も OK だが
JEMMEX はダメ。このためか、メモリが 588K あっても
StrikeCommander は動かない。
Hyperv_convfreedos11_04

************
OpenDos7.01
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
VZ editor 等は動く。
CD OK
StrikeCommander は動かない。
DOS/V ダメ

************
DRDOS7.03
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
はじめ読めなかった CD も
VMADD の CDROM.SYS から MTMCDAI.SYS にすればCDも読める。
VZ editor 等も動くが、EMM が無いせいなのか、ApacheLongbow や StrikeCommander は動かない。
US NAVY FIGHTERS は起動するが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。
Hyperv_convdrdos703_01
Hyperv_convdrdos703_02

MARINE FIGHTERS も起動はするが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。

************
Windows95b
起動しない。

************
Windows98se
起動しない。

OS まで買って Hyper-V 試したが、結局使えないことが分かった。トホホ…疲れた

2015年11月 1日 (日)

Windows10 で Hyper-V を

11月 1日 晴れ

先日、メイン機のOSを Windows7 Home Premium -> Windows10 Home にアップグレードした。

Windows10_InsiderPreview にも参加したし、
デュアルブートしている試験用 Windows7 を先に Windows10 にアップグレードして、
日頃使うプログラム(Oracle VM VirtualBox や DiXiM Digital TV plus や CyberLink PowerDVD 12 など)を試して
支障がなかったのを確認してから行った。

しかし使用して数日、VirtualPC2007 が使えない。
Oracle VM VirtualBox や VMware Workstation 12 Player は使えるのに・・・
もともと Microsoft VirtualPC2007 は Windows7 でもサポート対象ではなかったが、問題なく使えていた。
いつも使うわけではないし、仕事で必要なわけでもない、デュアルブートで Windows7 を残してもよいのであるが、
VirtualPC2007 を動かすためだけに、古いOSを残すのも・・・

今後のことも考えて、 Windows 10 Pro をひとつ新たに購入し、Hyper-V を使ってみることにした。

試験用に先にアップグレードした Windows10 Home を  Windows 10 Pro に更にエディションを上げた時の記録。

Win10up01_2

ここから、プロダクトキーの変更 をクリック

Win10up09

Win10up14_3  
この裏のキーを入力するとすぐ
Win10up10
アップグレードが開始できる。
再起動後

Win10up20
Pro エディションになってる。

このままだと、Hyper-V は使えないので、コントロールパネル->プログラムと機能->
Windows の機能の有効化または無効化 をクリック

Hyperv001

Windows10Home の時はなかった、Hyper-V に関する項目をチェック
機能の追加インストールがあり再起動。
何故か管理ツール内にある Hyper-V マネージャーを起動。

Hypervxp001

最初に (外部)仮想スイッチの作成 をしたほうがいいらしいので、作成する。

Hypervxp004
警告が出るが、はい(Y)で進む。

以前 VirtualPC2007 で使っていた VHD ファイルが使えるかを試した。

新規->仮想マシン から作成する

Hypervxp007

いくつか 次へ を押して

Hypervxp011

ここで既存の仮想ハードディスクを使用するにして、場所を指定する。
完了すると

Hypervxp013

仮想マシンが追加され、起動させると、

Hypervxp014

新しいドライバが見つかったとの表示がいくつも出るが、ちゃんと動くことは確認できた。

さあこのあと、メイン機のOSを Windows10 Home から Pro にエディションアップグレードして、Hyper-V を入れよう。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »