« またまたコンセント増設 | トップページ | 菜園の耕運とジャガイモの植え付け »

2018年2月 7日 (水)

掃除機の修理

2月7日 晴れ

 

先日、自宅の掃除機が急に動かなくなった。
ヘッドのブラシは回り、本体のランプも点くのに吸引するモーターが動かなくなった。
4年前には仕事場の掃除機が止まってカーボンブラシを交換したことがあり、その時と同じ症状なので、
恐らくまたカーボンブラシの消耗と予想した。

分解してカーボンブラシを確認すると大分消耗していた。
2018020315544200

2本の長さに差があるので、反対側に付け替えてみると、動き出したので、組み立てて、
とりあえず使えるようにして、新しいカーボンブラシをネットで注文しておいた。

今日、新しいカーボンブラシが届いた。
掃除機は日立のCV-PY9 という機種なので、カーボンブラシは
CV-PY30 という部品になる。
2018020713560600_2

それでは、分解開始。
この掃除機はまず後ろのパネルの2カ所のネジを外す。
2018020713544000

パネルを取ると中央にネジがあるのでこれも外す。
2018020714022100

2018020714034200
前側も蓋を開けると両側にネジがあるので外す。これで上部のカバーが外せる。
コード部分は内側の部品を引き下げると外せる。

2018020714063500
基板上の前方のコネクタを外す。
これでモーターとコード部が一体で取り出せるが、引っ張っても中々出ない。
本体ごと裏返すと徐々に出てくる。
2018020714092300

2018020714102700
2カ所のカーボンブラシをネジ止めを外して付け替えた。

2018020714120300
新旧のカーボンブラシを比べると大分減っているのがわかる。

後は逆に組み立てて完了だ。

こんだけカーボンが散っているので、作業後の手袋は真っ黒。
2018020714400500

前もやっているので、特に難しいことはなかった。

« またまたコンセント増設 | トップページ | 菜園の耕運とジャガイモの植え付け »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。