« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月19日 (日)

マウイ島に行く

8月19日

今年もお盆休みに1週間ハワイに行ってきた。
今年もまた夫婦2人のみだ。

ツアーはホノルル宿泊のみだが、自分でハワイアン航空に予約を取って、1泊だけ更にマウイ島に行ってきた。
初日はツアーのホノルルのホテルに宿泊。
翌朝、ホテルからタクシーでホノルル空港に。
日本でネット予約してあったので、空港のハワイアン航空の機械に予約番号を入れると直ぐに搭乗券が発券された。
2018081209314400

カフルイ空港まではすぐ到着。
レンタカー会社のカウンターを探すが、連絡バスを待てと。
バスに乗ると、数分でレンタカー会社が並んでいるエリアに着いた。

まず観光地のラハイナに向かう。
ハワイ島のカイルア・コナのような感じの町を散策した。
2018081214482700

KIMO'S というレストランで昼食。
2018081214071100

海岸沿いに客席があっていい雰囲気だが、満潮なのか風がやや強かったのか、時々波しぶきがかかるのには閉口した。

午後はラハイナ散策に費やし、その後、カフルイの町に戻って、
マウイ・シーサイド・ホテルという2階建てのホテルにチェックインした。
2018081308045100

街中で軽食を買って、一路ハレアカラ山を目指す。
途中までは真っ直ぐなハイウェイのような道を飛ばして走り、山道に入ってもスムーズだったが、突然渋滞した。
サンセットを見るのに、頂上の駐車場までずっと渋滞しているのか?
だが渋滞の列に並んでいて山頂の方を見ると上の方の道は車がスイスイ走っている??
渋滞のもとは国立公園の料金所だった。無人の自動料金徴収機械に皆手古摺っていたのだ。
前方の車の様子を見ていると、機械にカードを何回も入れてから、見切り発車している感じだ。
自分の番になった。同じように機械にクレジットカードを入れてみるが、何度やっても受け付けない。
係員もおらず、後続は大渋滞なので、私もそのまま通ることにした。
その後山頂駐車場まではスムーズだったが、渋滞に嵌っている間に既に日没になっており、山頂に着いたときはもう暗かった。

車から出た瞬間、すごい寒風だった。

フード付きのパーカーに更にフード付きの薄手のダウンを着ても寒い。
風がなければこれで十分そうだが、遮るもののない山頂では体温がどんどん奪われる。

上空は雲はなく晴れているが、周囲特に夕焼けが少し残る西の空の下部には雲が多く、
時間に間に合ってもサンセットはきれいには見えなかったはず。
少し階段を上がって山頂にある Summit Building(ガラス付き東屋?)に入れば寒風が避けられるが、
屋根があるので目的の天の川鑑賞や星景写真が撮れない。
外に出て建物の風下側で三脚も揺れそうな強風を避けつつ写真を撮り始めた。

最初は南の空、いて座方面の天の川と火星、土星、木星が一緒に写る。
2018081220211600
撮影データ:Canon EOS M3 ISO4000 11-22mmズームレンズで11mm F4 露光時間30s

今回はソフトフィルターを付けたままだったので特に火星、木星がかなり大きく写り滲んでしまった。

次に北の空、北斗七星、北極星、カシオペアが写る。(山麓を走る車のライトもあるが…)
2018081220304400
撮影データ:同上

ソフトフィルター効果で、星座が分り易い。

次は北東方向。カシオペアから白鳥座にかけての天の川。
2018081220405400
撮影データ:Canon EOS M3 ISO6400 11-22mmズームレンズで12mm F4 露光時間30s

いて座方向に比べれば大分淡い。

もっと夜中まで撮っていたかったが、強風に凍えて写真撮影してたのは30分位だった。
帰りは真っ暗な山道を前車に続いて下山する。自分が先頭になるとなかなか怖い。
1時間半位でホテルに帰り着いた。さすがに疲れた。

ツアーは行き帰りの山道運転の疲労がなく楽なのだが、時間が決まっていて、ゆっくり夜中まで撮影したりできない。
今回は時間的制約が無いのに、強風で条件が悪かった。
なかなか自然相手なので厳しいところだ。

翌朝はホテルのレストランで朝食後、近くを散策してから、ホノルルに戻った。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »