住まい・インテリア

2022年2月27日 (日)

耕運機の修理とインカのめざめ、スナップエンドウの植え付け

2月27日 晴れ
 
 
数日前に家庭菜園を耕運してジャガイモ等を植えようとしたが、耕運途中でエンジンが吹き上がらなくなり、
やがて止まってしまい、かからなくなった。
Dsc_0712Dsc_0713
ホンダのピアンカの故障でネットで調べると、一番前の部分のレギュレータに不純物が溜まって動かないことがあるとの事。
前の取っ手を外しレギュレータを分解した。
Dsc_0714 Dsc_0716
底板には粘りの強い油分が溜まっていたが、内部はキレイだった。一応底板と内部を拭いてきれいにして戻した。
Dsc_0715
レギュレータ内部も見た目にはキレイ。
ダイヤフラム部分も見た目の汚れはなかった。

よくわからないが、一旦またすべて元に戻して、始動するとかかるようになった。
しかし、その日は既に夕方になったので、残りの耕運はあきらめて終了した。

今日、途中だった耕運を再開すると、エンジンは始動してアイドリングはいいが、
アクセルを握ると不安定になり、スキ刃が回らず耕運できない。
こういう症状はキャブレータの異常らしい。
また、分解を始めることになった。

前回のレギュレータをもう一度分解したが、やはりきれいで見た目は問題なし。
右側面のエアクリーナーのついてた部分を取り外した。
Dsc_0732
本体の一番右後ろの部分がキャブレータ。ネジを外してみる。
Dsc_0733
ニードルバルブが2個あり外して点検したが、詰まったりはしていない。
他の動きも特に問題なさそう。
結局どこが悪いのかはっきりしなかったが、一応分解清掃したので、また元に戻した。
これでだめなら、修理に出すしかないが・・・
ところが、エンジン始動し、アクセル握ると回転も上がり、ちゃんと耕運できるようになった。
30分ぐらい耕運して、畝立てアッタッチメントに交換し、畝立ても終えられた。
とりあえず、今年の耕運仕事は終えられた。結局どこが悪かったのか??

菜園の周りに散った土を片してから、ジャガイモ(インカのめざめ)とスナップエンドウを植え付けた。
Dsc_0735 Dsc_0736  
ジャガイモの奥にはまだ長ネギが土中保存されてるが、じきになくなる予定なので、そこにも芋を植え付けた。
機械を直してからの植え付けだったので5日がかりだった。

2022年2月 9日 (水)

書棚に上置き設置、書斎の扉内にコンセント増設

2月9日
 
 
古い経理書類等を保存しておく場所が必要で、家の箪笥の上に置いてある上置きがほとんど使ってなかったので、
仕事場の書棚の上に設置した。
書棚に比べて、上置きの方が奥行きが深いので、前に出っ張る形になる。
上置きを載せた後では転倒防止対策ができないので先に壁にフックを付けた。
上置きの上面奥にもフックを取り付けておいた。
2022020911262500  
上置きも、書棚も真ん中に桟が入っているようだったので、中央奥側に2か所ドリルで予備穴を開けて、木ネジで固定した。
2022020911565400 2022020912040900

なるたけ奥側に書類は置く予定なので、ずれないようにするだけで大丈夫だろう。
上置きの上面奥のフックとチェーンで連結して一応転倒防止にした。

2022020914172300
完成。上置きがちょっと出っ張るが、自分以外来ない所なのでこれでよし。

次、自宅の書斎は一面が作り付けの扉付き書棚になっているのだが、この面にはコンセントが無い。
2022020909583800  
そのためホットカーペットの電源が反対側の壁から延長コードで繋いでおり、いつか足に絡んで転ぶ危険性がある。
書棚の扉の下には少し隙間がありコードを這わせても違和感はない。
下段の真ん中の扉の裏側には寝室側のコンセントがある。
2022020917584200
3列のマルチメディアコンセントなので開口部が大きく中のパネルボックスが外せれば、
書斎側の書棚のボードとの間に電動ドリルが使えそう。
なんとかパネルボックスを外し、ドリルで両側から穴を開け、1.6mm2芯のVVFケーブルを通す。
扉内の奥壁の板に外付けコンセントを設置した。
2022020917135400
使うのはホットカーペットだけなのでこれで十分だろう。

2021年12月 8日 (水)

倉庫の換気扇交換

12月8日 雨
 
 
仕事場の倉庫の換気扇が時々大きな音がするようになったので交換した。
今まで付いていたのは、三菱のVD-13ZY9。後継品のVD-13ZY12を注文しておいた。

2021120810252000  
表面のカバーを外し、ブレーカーを落としてから、端子台の配線を外して、固定ネジを取ったが、
手前の石膏ボードが微妙に引っ掛かって本体が外れない。

固定ネジを1個だけ仮止めして、石膏ボードの縁を削って、ようやく取り外せた。
2021120810502600

ダクト取り付け部を引っ張り出して、アルミテープを剥がして、ダクトから外した。
2021120810534400

交換品のダクト取り付け部にダクトを付けて、アルミテープで固定した。
2021120810595800

そのまま、本体を押し込んでダクト取り付け部にはめ込もうとしたが、接続部の上部が下からは全く見えないので、
結局隣の石膏ボードを1枚外して、手で上部を確認しながらはめ込んだ。
2021120811383800
もともとアルミの桟に留まっていたのは画像の左右のネジ4本だが、同じ穴だと一応止まってはいるが、
どうにも緩い感じなので、上下の中央2か所に新たにドリルで予備穴を開けてから、追加のネジで固定した。

配線をして、石膏ボードを戻し、完了。
2021120811473800

何度も換気扇は交換してるので、大分慣れた。

2021年5月23日 (日)

ロールスクリーンの交換

5月23日 晴れ
 
 
仕事場のロールスクリーンが大分古びており、端のプラスティックの部品が欠けたり、生地も擦れた状態になっていたので交換した。
片側は幅160㎝位でもう片側は80㎝のものを2つ連ねていた。どちらも天井釣りタイプ。

まずは、大きい方から。以前試しに外そうとして、外れなかったため、もう20年くらい使っている。
金具に潤滑剤を振りかけて、どうにか外した。
使えれば金具はそのままでもと思っていたが、新しいロールスクリーンとは合わず、金具も取り外すことになった。
2021042910432800 2021042910442200  
キャッチの歯の向きが内向きから外向きに変わっていた。

こちらは昔、業者が補助金具を使って取り付けていたので、それをまた使うことにしたが、
怖いので使用する穴の位置を1段根元側にした。
2021042910555400 2021042910595000

2021042911073800
1面完成。

もう片方は、短いロールスクリーン2個をずらして取り付けていた。
2021052310532600
今回こちらも、長いロールスクリーン1個にするので、金具はすべて外した。

以前は石膏ボード用のプラスティック製のアンカーを使用してねじ止めしていたが、
今回は磁石や針の下地探しで下地の場所を探して、多少均等ではないが、3か所直接ねじ止めした。
2021052311211400

2021052311561200
こちら側も取付完了。以前の穴はもともと天井で目立たないのだが、後でパテ埋めした。

2021年3月14日 (日)

フットライトの付け替え

3月14日 晴れ
 
 
門の正面にある壁にフットライトが付いているのだが、最近暗い感じなので、中を点検すると、錆のようなカスが沢山溜まっていた。
20210307102430002021030710243400
本体やジョイントボックスにも錆がひどく見えたので、LEDの後継機種と思われるものと交換した。

まずは配線を切断して、前の本体を除去した。「2個用スイッチカバー」も外して中をワイヤーブラシ等で清掃した。
2021031410343200
ジョイントボックスの錆はそれほどひどくはなく、「2個用スイッチカバー」も錆は僅かだった。
両方に、シルバーのスプレー塗料が余っていたので、気休めに塗っておくことにした。
外なので余り目立たないが、まずマスキングして
2021031410402400  
スプレーして、マスキングを剥いだ。
2021031410515000  
乾いたら「2個用スイッチカバー」を付けて、配線をリングスリーブで結線した。
2021031411022600

後はビニルテープを巻いて、本体をねじ止めした。
2021031411173400
後継機種なので外観は今までと変わらないが、白いカバーが奇麗になったので明るくなっているはず。

2021年3月10日 (水)

庭園灯のタイマー更新

3月10日晴れ
 
 
庭園灯のタイマーが大分劣化していて、時々夜中まで点いているとのことなので、新しいものに交換した。
今までのものは夕方暗くなると点灯し、設定した時間たつと消えるタイプだった。
2021031011545600 2021031011550000
外したタイマーは、十数年風雨に曝されて表示がほとんど読めない。
元はプラグタイプと思われるが、ここのは、アウトレットボックス内でリングスリーブで接続されていた。

20210310112504002021031011245600
元のリングスリーブ部で切断した屋内からの配線を成形しなおした。
今回はアース線は無いので、アースは切除してテープを巻きなおした。
新しいタイマーは、リーベックのPT-W1を使用した。
周囲の明るさには関係なく、毎日設定時刻になるとスイッチをON/OFFしてくれるタイプだ。
こちらもプラグ付きだったがコードを切り、撚り線を成形した。

2021031011281000 2021031011512000
リングスリーブで以前と同じように接続し、テープで巻いた。
もともとは2つのアウトレットボックスの間にタイマーがあったのだが、
新しいタイマーはやや幅広で入らず、上部に固定した。
(左のアウトレットボックスは恐らく車庫のシャッター用)
中腰でやや腰が痛くなったが、何とか耐えた。

2021年1月27日 (水)

またまたコンセント増設

1月27日 小雨
 
 
最近、台所で電気ストーブを使うようになっていた。
電子レンジの台の裏にあるコンセントに、電子レンジ、電気ポットと共に繋いでいたのだが、
先日たまたま3機種とも稼働した時に、ブレーカーが落ちた。
電気ストーブ用に裏の洗面所側の別系統の配線から天井裏を通してコンセントを増設することにした。

増設する壁の裏側の洗面所には勝手口横にコンセントがあるが、前にゴミ箱を置いてあるので普段は使っていない。
またすぐそばに天井点検口があって、点検口内のそばにこのコンセントへの接続点がある。
以前に別のコンセントを分岐したので、3個口のコネクタが使われている。
2021012710345200
ここを4個口のコネクタにして更に分岐する予定だ。

だが増設予定の壁の天井裏には隙間が無い・・・
2021012710343200
位置は光の先の黒い印の部分に穴を開けるしかない。だが上に鉄の桟があるので、電動ドリルが斜めにしか使えない・・・
木のボードに斜めにドリルしその下にも石膏ボードのようなものがあり、苦労したがようやく穴が開いた。
2021012720141400
1.6mmの2線のVVFケーブルがようやく通る位の穴だが、なんとか通線した。
2021012712211000
コンセントの設置場所は高さ115センチ位のレンジ台の上のところ。
位置を決めてドリル、ボード用のこぎりで穴あけする。
2021012711470000
通線したときに、壁内の下の方でケーブルの当たる音がしたので、設置場所に行ってるはずだが、開けるまではわからない。
もう戻れないが・・・
2021012711501800
開けると奥にケーブルが見える。よかった。
2021012419293000
今回はこのはさみ枠で設置することにした。
コンセントにケーブルを接続して設置した。
2021012720172100
次に天井裏作業。
2021012712262800
4個口のコネクタを使って接続しなおした。
2021012712294600
2021012712355000
線に説明をつけ、カバーキャップをつけて終了した。

2020年8月15日 (土)

床暖房の接続部カバーを塗装した

8月15日 晴れ
 
 
リビングの床暖房のコントローラーや接続部のカバーが徐々に黄ばんできていた。
最近、すぐそばにあるセコムのコントローラーを新しくしてもらったので、余計黄ばみが目立った。

床暖房はエコハックスという製品だが製造会社を調べると2012年に自己破産したらしい。
なので今からリモコンを取り寄せて交換するのは無理そう。
2020081209463800

せめて接続部のプラスチックカバーの黄ばみだけでもなんとかしたい。
形状はコンセントのフルプレートカバーを大きくしたような感じだが長さ30センチ位ある。
探したが代替品を見つけられず。自分で色塗りすることにした。
買ってきた白の水性塗料と色を比べてみた。
2020081511143600

一応塗料が剥がれ難いように表面を紙やすりで少し擦ってから
外で新聞紙を敷いてスプレーした。
2020081511424000
一番小さなスプレー缶だったが3-4回塗っても余った。

2020081511521000
キャップの色と同じになった。
完全に乾いてから壁につけると
2020081917574000
壁紙もやや黄ばんでるので壁紙よりも白くなった。

2020年8月 9日 (日)

車止めを補修

8月9日 晴れ
 
 
数か月前から、仕事場の駐車場の車止めの接着がはがれて傾いて浮き上がっていたが、
隣のブロックとの間のコンクリが邪魔してブロックの根元の鉄筋が引き抜けず、補修できなかった。
最近、間のコンクリが剥がれて、ブロックの根元の鉄筋が抜けるようになったので、補修工事した。

数日前に水だけでOKというセメントの一番量の少ないものを買ってあったので、
連休の初日の朝、暑くなる前に作業した。

2020080909154000
もともとの車止めはひっくり返して鉄筋を真っ直ぐにして、接合面をざっと掃除して、水打ちした。
アスファルトに残ったもともとのセメントを少し削ってみたが、ほとんど剥がれないので、そのまま。
こちらもざっと掃除して、水打ち。
外なので多少はみ出てもOKだが、一応ガムテープで周囲を養生した。
要らないクリアファイルの上にセメントを出して水で練った。
あとはセメント置いてブロックのせて隣のブロックとの間にもセメント挟んだ。

2020080909455200
これで乾けば、前より頑丈になってるはず。
朝で、作業してるところは建物の陰で日陰なのに、それでも暑かった。

2019年12月22日 (日)

天井のボード(ジプトーン)補修

 12月22日 曇りのち雨
 
 
約2か月前の豪雨のときに仕事場の倉庫のに少量の雨漏りがあった。
普通は短時間で終わる夕立のような豪雨が、数時間休みなく続いた。

豪雨の時は、別のトイレや庇部分の雨漏りは気が付いて、その後建築会社に見てもらうと、トイレは換気扇の吹込み。
庇は、雨の量が多すぎて屋根の排水が追い付かなかったのでは、とのこと。

倉庫はその時には気づかず、後になって、その下の部分が濡れていて分かった。
2か月たって、その部分のジプトーンが黒く変色した。恐らくカビ。
2019122211221700

以前に、別の部屋のジプトーンを張り替える工事をしてもらった時に、余った材料をもらって保存してあるので、
これを切って、張り替えることにした。

換気扇のカバーを取って、石膏ボードの留めネジを外して、撤去した。
2019122211301100
屋根からの雨漏りならば、当然屋根裏の断熱材等もカビだらけだと思っていたが、ほとんど汚れはなし。
どうやらここも換気扇の吹込みによる雨水が伝っただけのようだ。

2019122211455500
石膏ボード用のノコギリで新しいジプトーンを同じ形に切断して、ねじ止めした。
2019122211580500

千葉県の観測史上1位の豪雨は、そう度々は無いだろうということで、これで修理完了。