住まい・インテリア

2019年2月16日 (土)

トイレの換気扇交換②

2月16日晴れ

 
以前も仕事場のトイレの換気扇を交換したことがあったが、今回また別の換気扇の音が大きくなってきたので、交換した。
今までついていたのは、三菱電機のVD-10Z4。
今回注文したのは、VD-10ZC10という後継機種だが、全体が樹脂製で軽量化している方を購入した。
前のときもそうだったが、今回も表面のカバーを取ると、
2019021614204400

器具より天井の石膏ボードの開口部の方が狭い。

どうして後々のことを考えて、説明書どうりに取り付けないのだろう??
このままだと取り外せないので、カバーの枠内で器具の寸法よりわずかに開口が大きくなるように
何度も寸法を測って線を引いた。
更にここの石膏ボードは天井壁紙を貼ってあるので、外して下してから切り広げるわけにもいかず、
無理な姿勢のまま何度もカッターで引いたり、石膏ボード用のこぎりを引いたりして切り取った。

2019021615135900
一か所中々取れないと思ったら意味なしのねじくぎが打ってあった。
器具の取付ねじや配線を外し、何とか本体を摘出した。

2019021615313700
右が古い。左はこれからつける。汚れ具合で一目瞭然か。
前は全体に金属製だったが、今回購入したのは樹脂製。

排気ダクトとの接合部のアルミテープを剥がして、残りの部品も取り出した。
2019021615303900
左の新しい方は排気弁も樹脂製で軽く動く印象。
全体の重量も1.8㎏から1.4㎏に軽量化してる。

次に狭い開口部から接合部を排気ダクトにアルミテープでなんとか接続した。

本体をはめ込み付属の木ネジで野縁に止めようとするが、以前の穴と一致するところはゆるゆるで効かず、一致しないところはそのままでは入らない。
木ネジよりやや細いドリルで、前の穴からずらして下穴をあけてから、ねじ止めした。
2019021615590100
右側はネジが効いているが、左はやや効きが弱いので、真ん中にもう一か所追加した。
こういう時樹脂製は、便利だ。

完了後の状態
明らかに静かになった。
狭いトイレ内で脚立に上がり天井に向かって無理な体勢で何度もカッターを引いて疲れました。

2019年2月10日 (日)

インターホンの交換

2月10日 晴れ

 

ずいぶん前からインターホンの画面が見難くなっていたが、いよいよ何も見えなくなって、明暗ぐらいしか判別できなくなった。
2019021009011000

玄関子機のアクリル製のカメラカバーが紫外線で劣化して曇るらしい。家のも淡黄色に曇っていた。
代わりの製品をネットで注文しておいた。あまり選択肢がなくて、またパナソニックのVL-SWD505KFという製品にした。

昨日降った雪がまだ少し残っていたが、休日なので届いた器具の交換作業をした。
まず親機を外して玄関子機への配線を外した。
2019021009290800

次に玄関子機の取り外し。
2019021010114000
配線外しは直ぐだが、前の機械はネジが斜めに無理やり止められていたことが判明した。
そのままだと新しい機械の取付穴の位置がやや違うので、取り付けられない。
結局上の穴はドリルで開けなおし(赤矢印)、下の穴は真っ直ぐになるように開けなおした。(青矢印は古い穴)
2019021010272700_2

取付枠、配線、本体を装着し、カバーをつけて、玄関子機は終了。
室内の親機は、ブレーカーを落としてから電源の配線を外した。
2019021010421400

こちらの取付枠は配線ボックスにねじ止めだけなので、交換は容易だ。
玄関子機への細い配線と、電源を接続すれば完了だ。
2019021010562400_2
前は白黒だったが、カラーで鮮明に映る。これが本来の姿だ!!
画面も前より大きく見やすい。
いろいろ機能はついているようだが、まあインターホン機能しか使わないと思うが。

2018年12月22日 (土)

トイレの漏水修理

12月22日 雨

 

10月にトイレのタンク内のダイアフラム部品や浮き球レバーのゴムを交換したのだが、2階のトイレは完全には不具合解消しなかった。
常に漏れているわけではなく、便座に座ると微妙にタンクが傾くか歪むかして水が漏れ、ダイヤフラムからジュワー音が出るようだ。
タンクの排水弁を外すと
2018122214103600
パッキンが当たる縁にパッキンが千切れて張り付いている。
排水弁からパッキンを取って交換部品と比較。
2018122214131200
上が新品。下が古い。
大側のパッキンが明らかに劣化して縁がギザギザになって一部千切れている。
新しいパッキンを排水弁につけて
2018122214152100

タンク内の千切れたゴムも擦るとキレイになった。
2018122214132300

排水弁を付け直して終了。
さすがに、これでもう大丈夫だろう。

2018年10月13日 (土)

トイレの不具合修理

10月13日 曇り

 

少し前から1階のトイレで時々タンクに水が溜まってなくて流れないことがある。
タンクのふたを開けてフロートを少し触ったりすると水が溜まり始めて、ちゃんと流せる。
毎回でなくて、偶になのでしばらく様子を見ていた。
更に、最近2階のトイレに入ると時々タンクのダイヤフラム部上部からジュワーと少しずつ水が滲み出る音がするようになった。

水漏れ動画

ジュワー音は浮き球レバーの根元のゴム部品の劣化ではないかと考えた。
2018100712002600_2
写真だとわかりにくいが、中央部が凹んで、ややギザギザしている。

水が出なくて溜まらないのは、ダイヤフラムの異常と予想して分解したが、はっきりした異常や汚れはなかった。
でもゴム部品なので10年以上経てば劣化しているのだろう。

便器本体の型番から部品の型番を検索したのだが、なかなかはっきりとはわからなかった。
何種類かのダイヤフラムが売っていたが、実物と同じに見えるものをネットで注文した。
「TOTO ボールタップ部品 HH11033R」というもの。

浮き球レバーは、ほぼ1種しかなかったので、これもネットで注文した。

今日部品が到着したので交換した。

まず、浮き球レバーから。
ここで問題が発生。
2018101315481500
手に持ってる方が、新しい「浮玉レバー HH07025」
フロートについてるのが元の部品。
上の部分の長さや斜めの角度が異なる。
新しい部品をつけるとダイアフラムの固定金具にあったってしまって使えない。
結局、新しい部品から、黒いゴム部品だけを外して、付け替えることにした。
2018101316005400
これでジュワー音は止まった。
その後、もう一度ネットで探したが、もともとの浮玉レバーと同じものは見つからなかった。

次に1階のダイヤフラム交換。
2018101316050400
家のは金属プレートで固定するタイプ。
外して、新しい部品と比較した。右側の黒い印のあるものが、新しい部品。
2018101316070900
2018101316071700

肉眼的には同じに見えるので、交換してみた。
2018101316081000

水が溜まらない不調は、偶にしかならないので、これで直ったかは、しばらくしないとわからない。
ちゃんと流れて機能しているので、部品は合っているようだ。

2018年9月11日 (火)

自動水洗の修理

9月11日 晴れ

 

数日前から特に何もいじってないのに、急にトイレの手洗いの自動水洗の出が悪くなった。
2018091120162500
元の止水栓を全開にしても、これだけしか出ない。
ちゃんとセンサーでON OFFするので電気的な問題ではなさそう。
調べると止水栓と電磁弁の間にストレーナーというフィルターがあるので、これにゴミでも詰まったか?
分解して、点検ー>きれい。
吐水口には泡沫ユニットというフィルター的なものがある:点検ー>きれい。

どこも詰まってないし、電気的にも問題ないので怪しいのは、電磁弁か?
同じ型番の電磁弁がアマゾンで見つかったので、イチかバチか通販してみた。

2018091120161800

新しい部品が到着。交換作業開始。数日前に一度分解してるので、サクサク進む。
2018091120163300
まず電源抜いて、白い箱状の部品の前面ふたをとって、センサーからのコネクタと、電磁弁からのコードを外す。
ねじを2か所外して電気回路の白い箱を除去。
2018091120163900
吐水口に続く白いホース部をはずす。電磁弁部と止水弁の間は固定リングを外せば取り外せる。
2018091120164600

逆の手順で電磁弁部を取り付け、白いホース部をつなぐ。
白い箱の回路部をねじ止め。
コネクタを接続し、電源を繋ぐ。
止水弁を開いて、テスト。
2018091120165800
すごい勢いで水が出た。これだと周りが濡れるので、止水弁を少し絞って終了。

2018年6月30日 (土)

蛍光灯型LEDに交換その③

6月30日 晴れ

 

前回ネット注文したルミーテックの直管LED蛍光灯40型 昼白色(B12-P)だが、いろいろ忙しくて、交換作業せずに、
まだ4本は使わずにそのまま置いてあった。
以前の交換作業で余った古い蛍光管を使い切ったので、安定器の不具合関係なくLEDに交換することにした。

蛍光管と本体カバーを外す。
2018063017020800

以前は 差込形電線コネクタで接続したが、今回は不要部分の配線を流用し、リングスリーブで接続して、絶縁キャップを被せることにした。

トランス周りの配線を切断し、トランスも撤去。
不要な配線は短くして、ビニルテープで保護した。
2018063017263600

端子台の空いた端子に配線し、同じく不要な配線をビニルテープで保護。(なかなか抜けなかったので)
2018063017264100

3本を接続する必要があるところはリングスリーブで接続した。
2018063017370600

絶縁キャップ装着。
2018063017375300

後は、器具を戻して終了である。

2か所作業して、4本の蛍光灯が余った。
当面は、これを予備にして、減ったら、また作業しよう。

2018年6月24日 (日)

シーリングライトの電源アダプター

6月23日 雨

 

部屋のシーリングライトの蛍光灯が切れた。丸い蛍光管に予備はなかった。器具自体もだいぶ古い。
娘が引越しのときに不要になった新しいLEDのシーリングライト(NEC製NLDZB0869)が余っていたので、
付け替えようとすると、電源アダプターがない。取り外し忘れて前の下宿に置いてきたらしい。
ネットオークションでは電源アダプターがたくさん出品されていて、手持ちの器具の取扱説明書の絵からすると
同じように見える。試しに落札してみた。
しかし、届いた電源アダプターは器具の穴に対して微妙に大きくて、入らない。直径で3ミリ位か。
2018062315420500_2

穴の周囲の薄い鉄板を少し削れば入りそうである。
2018062315494800
こんなのしか手持ちになかったが、どうせカバーされて見えないところだし、削ってしまおう。
削りくずで汚れるのがいやだったので中の基盤やLED素子を外し、
2018062315481200
更に円形のプラスチック部品も外して、それぞれを削る。

2018062315544600
鉄板部分は2重になっていたが、縁を削ると、2重部分は取れた。
あまりきれいな円には削れないが、アダプターが入るようにはなった。
2018062315584300

後は部品を元に戻し、天井につけて終了。
電源アダプターはサイズも統一してほしい。

2018年4月 1日 (日)

非常灯の交換作業

4月1日 晴れ

 

仕事場には2種類の非常灯があるのだが、停電にならない限り、活躍しないので、バッテリーがへたっていても気付かなかった。
久しぶりに点検すると、何か所も点かなかったり、点いてもすぐ消えたりした。
バッテリーだけを交換してもいいのだが、ニッカド電池だし、蛍光灯式なので、この際、器具ごと交換することにした。最近のはニッケル水素電池でLED式になる。

まず逆富士型の2灯式パナソニックのFF22082
2018040110503100

蛍光灯を外し、カバーを取ると、
2018040111161000
外してしまったが、単2の4本分くらいのニッカド電池があった。(2500mAh)
配線を端子台から外して、器具全体をネジを外して撤去。

新しい器具、東芝のLEDTS-22306-LS9を天井に木ネジ止め。
本来紐のあたりと、黄色い充電池のあたりに天井との固定穴があるのだが、その辺には天井側に下地がない。
前の器具も中央の左右に木ネジ止めしてあったので、新しい器具もその辺に下地を含めてドリルで穴をあけてから木ネジで固定した。
下地まで通しているので落下の危険はないはず。
2018040112180000
ニッケル水素電池(1100mAh)は前より省スペースで、容量も少ないが、LEDのため省電力。
電源の3線を新しい端子台に配線。
バッテリーのコネクタを繋ぎ、カバーを付け、LED管を装着した。

2018040112235300

ひもを引いて点検。
2018040112241700
これは普段は2灯点き、停電時は1灯だけが点くタイプ。

次にもう一つのタイプ。
2018040113010400
パナソニックNF99135という
蛍光灯だがダウンライト型の非常灯。

外して取り出すと
2018040113463400
右が古いほう。
巨大な充電池ボックスがケーブルで繋がっていて、器具自体も横に出っ張りがあり、
15センチの取り付け穴から取り出すのにややてこずった。
左は新しい東芝のLEDEM13621N。器具内にニッケル水素電池が収まっており、天井の穴にすっぽりはいる。
取り付けはただ端子台に2線を配線して、天井にはめ込むだけ。
表面のカバーをつけて完成。
2018040113252300

結局、逆富士型を2カ所とダウンライト型を4カ所交換した。
ずっと上向きで少々首と肩が痛い。(肩は元々五十肩で痛いが・・・)

2018年2月 7日 (水)

掃除機の修理

2月7日 晴れ

 

先日、自宅の掃除機が急に動かなくなった。
ヘッドのブラシは回り、本体のランプも点くのに吸引するモーターが動かなくなった。
4年前には仕事場の掃除機が止まってカーボンブラシを交換したことがあり、その時と同じ症状なので、
恐らくまたカーボンブラシの消耗と予想した。

分解してカーボンブラシを確認すると大分消耗していた。
2018020315544200

2本の長さに差があるので、反対側に付け替えてみると、動き出したので、組み立てて、
とりあえず使えるようにして、新しいカーボンブラシをネットで注文しておいた。

今日、新しいカーボンブラシが届いた。
掃除機は日立のCV-PY9 という機種なので、カーボンブラシは
CV-PY30 という部品になる。
2018020713560600_2

それでは、分解開始。
この掃除機はまず後ろのパネルの2カ所のネジを外す。
2018020713544000

パネルを取ると中央にネジがあるのでこれも外す。
2018020714022100

2018020714034200
前側も蓋を開けると両側にネジがあるので外す。これで上部のカバーが外せる。
コード部分は内側の部品を引き下げると外せる。

2018020714063500
基板上の前方のコネクタを外す。
これでモーターとコード部が一体で取り出せるが、引っ張っても中々出ない。
本体ごと裏返すと徐々に出てくる。
2018020714092300

2018020714102700
2カ所のカーボンブラシをネジ止めを外して付け替えた。

2018020714120300
新旧のカーボンブラシを比べると大分減っているのがわかる。

後は逆に組み立てて完了だ。

こんだけカーボンが散っているので、作業後の手袋は真っ黒。
2018020714400500

前もやっているので、特に難しいことはなかった。

2018年1月21日 (日)

またまたコンセント増設

1月21日 晴れ

 

仕事場の家具を移動して模様替えすることにしたが、棚を置く予定のところにコンセントがあって使えなくなってしまうので、
30㎝余り横に新たに増設することにした。

元のコンセントと増設部との間には金属の柱があって内部を横に通線することはできない。
増設予定の壁のすぐ裏側には隣室のコンセントがあるので、これから延長を予定した。

隣室のコンセントと左は以前増設した天井スピーカーへの端子(元は電話線ジャックがあった)。
2018012014275700

コンセントやスピーカー接続端子を外し、スイッチボックスも取ると
2018012015480100
左のスイッチボックスは元々電話用で柱に固定されているので動かせない。
増設予定部の左には壁パネル固定用の枠があるので、設置場所はぎりぎりコンセント端子を入れる隙間しかなく、
新たなスイッチボックスは入れられない。
断面図にするとこんな感じ。
Photo

ぎりぎりと思えるので何度も寸法を測ってから、開口予定部に線を引いて、ドリルで壁パネルを開口していく。
もう引き返せない。
2018012111091700

薄いパネルの奥は石膏ボード用ノコギリで切って開口させた。
2018012111185800
予想どうりで、開口部の右側と裏側の隣室元電話用
スイッチボックスが一直線だった。
ぎりぎりコンセント器具は入るが、
スイッチボックスは無理だ。

スイッチボックスの代わりの固定用金具を3種類買ってきたが、
2018012111551301
一番左の片側だけのタイプしか無理だった。

増設コンセントをつけて横に注意書きを貼っておいた。
2018012112334800

カバーもつけるとパネル枠までほとんど隙間がない。
2018012112343600

裏側の隣室のコンセントから見ると内部はこんな感じで、片側固定具で設置。
2018012112373800

この後、隣室コンセント側も
スイッチボックスを戻し、器具を戻した。
2018012112553700
隣室のコンセントはタコ足配線だったので新規購入の3口に変更した。

2018012112593600
増設部はたまにしか使わないので、隣室から外した2口コンセントを使いまわしした。
元から約30㎝右に増設完了した。
これで元の左側コンセントとアンテナ端子の前に棚を置いても大丈夫になった。

前から増設工事するたび思うが、壁内の金属製の柱に途中何カ所か小穴でも開けておいてくれれば、苦労はないのだが・・・