旅行・地域

2024年5月19日 (日)

島根県に行く

 5月17日 快晴
 
 
仕事のついでに島根県を廻ってきた。
前回羽田空港の駐車場で苦労したので、今回は「つばさパーキング」を予約した。
アクアラインからだと空港を通り過ぎて京浜島まで行って、また送ってもらうので、
ちょっと時間のロスだが、空港の駐車場に入れずにイライラするよりはよい。

出雲空港までは約1時間半。宍道湖に滑るように降りてきて着陸である。
空港のレンタカーを借りて出発した。

今回最も遠い目的地の石見銀山を目指す。
レンタカー会社の人に聞いたところ、最近高速が開通したので無料区間もあるし、ぜひ利用してとの事だった。
ところが高速の入り口につくと、通行止めで、皆Uターンさせられていた。
恐らく昨日までの荒天で通行止めになったのかも。
更にリサーチ不足だったが、石見銀山は車が規制されていて、駐車場から銀山の入り口まで2キロくらい歩くらしい。
今回は断念した。

高速入り口のそばに、道の駅キララ多伎があったので、昼食にした。
前は日本海の海岸で見晴らしがよかった。
2024051711401800
20240517115556002024051711554800
奥さんの海鮮丼と私のシラス丼。
シラスの具がたくさん入っていておいしかった。ちょっと量が多かったが・・・

出雲大社は明日の朝に行くとして、ホテルに直行するには早いので、須佐神社と立久恵狭に行ってみた。
2024051713140400 2024051713454400
須佐神社は須佐之男命を祭っている。人出は疎らだった。
立久恵狭も渓谷沿いの細い道をずっと走っていくと、旅館がいくつかある所に出た。
対岸の頂上に岩が出ていてつり橋と散歩コースがあるようだ。
景色はよいので、写真を撮ってから出雲大社に向かう。
出雲大社の参拝は明日の朝の予定で、門前のお店を散策した。妻が御朱印帳などを購入した。
白い大きな一の鳥居は橋の工事中で通れなかった。
2024051714431800

ホテルは「界出雲」に泊まった。
日御碕灯台のそばのホテルで崖まで行くと、雲が無く夕日が水平線に沈むところが綺麗に見れた。
2024051719092600
夜にホテルのホールで国譲りの神楽舞をやっていた。
古事記の解説書を昔読んだことがあるので、大体の話は知っていた。昔の権力闘争を神話にしたのだろうと思う。


5月18日 晴れ
 
翌朝は早起きしてホテルの東側のラウンジから日の出を見た。
2024051805034600

水平線への日の入りと日の出が両方見れたのは、なんと幸運なことだろう。

今日は近くの日御碕神社の参拝から開始した。
海岸方向にも鳥居があり、海岸には海鳥の群れている島があった。
2024051810305400 2024051810312400

出雲大社の参拝は稲佐の浜で砂を袋に詰めることから始めた。社のある岩の周りで皆砂を拾っていた。
2024051810554200

昨日も車を停めた勢溜の駐車場近くの二の鳥居から入る。境内には何か所かウサギの像があった。
2024051811284600
2024051811415000
拝殿に大きなしめ縄があったが、思ってたほど大きくなかった。
実は有名な大しめ縄は神楽殿だった。と後で気付いた。
2024051811443200
拝殿の横を通って八足門から本殿に向かってお参りした。出雲は二礼四拍手一礼と独特な参拝方法らしい。
2024051811454000
八足門の石段前にはミッキーのような三本の支柱の跡のマークがあるので撮影した。

2024051811571000
更に裏に廻って素鷲社にもお参りしてから裏側に廻って、持ってきた砂と箱に入っている砂を交換した。

境内を一周して神楽殿に行くと、本当の大しめ縄があった。
2024051812204200

一通りお参りしたので勢溜から外に出て歩くこと5分、出雲そばで有名な荒木屋に着いた。
昼時だし、有名店なので、しばし店前の椅子で待ってから入店した。
2024051813144200
シンプルな日本そばで三段の椀に次々と付け汁をかけて食べた。とても美味しかった。

午後は近くの安子神社に行った。カーナビで探して向かったが、細い道を入りようやく駐車場の小さな看板を見つけた。
神社自体も小さな人気の少ない神社だった。
2024051814383800 2024051814401800
娘夫婦の子宝を願った。

次の目的地は足立美術館。
2024051816005400 2024051816045600
後ろの山を借景した日本庭園は管理が行き届いていて、確かに素晴らしかった。
収蔵作品は主に横山大観だが、美術に造詣が深くない身には、超有名作品以外は微妙だった。

また宍道湖畔に戻って今日の宿「なにわ一水」に到着した。
廊下が畳だったり、部屋に各サイズの浴衣が揃っていたりとサービスが行き届いた宿だった。
2024051818202000
部屋のテラスに露天風呂があり、宍道湖が一望できた。
宍道湖に沈む夕日も撮影しようとしたが、この時期は対岸側から見る必要があるし、微妙に雲があるので断念した。


5月19日 曇り
 
朝食後まず、すぐ近くの松江城に向かった。
2024051909191000

ここも現存12天守のうちの一つだ。
彦根城、姫路城、丸亀城、弘前城は行ったことがあるので、これで5つ目だ。
内部の階段は急で狭く、内部は古びていて、いい感じだった。

隣の松江神社にもお参りして、興雲閣を撮影。
2024051910042600 2024051910051400
お城の前に戻ると足元にカラフルなマンホールがあった。
2024051910250000

次に出雲大社と対になる美保神社という恵比寿様の社に向かった。
島根県の東の先端の岬にある。
ここも神社の前まで行くと駐車場が無く、少し戻ったわかりにくい所に駐車場がある。
2024051911201000 2024051911221000
ここの社も割と大きいしめ縄があった。

帰りは鳥取県側に渡って境港の水木しげるロードに寄ってみた。
小さい妖怪の像がいろいろ置いてあるが、最近のアニメのキャラクターなのかよくわからない。
50年位前の子供の頃に見たきりなので、鬼太郎とネズミ男等数名しかわからない。
わかるのだけ撮影した。
2024051912335600 2024051912324600

ここは下水のふたもゲゲゲだった。
2024051912214000 2024051912215100

記念館は外からガラス越しに撮影した。
2024051912211800

あとは高速に乗って出雲空港に戻り、おみあげを買い足して帰宅した。
古事記の世界を訪ねられて有意義だった。

2024年5月 5日 (日)

台北に行く

5月2日
 
 
ゴールデンウイークにまた台湾に行った。
今回はチャイナエアラインの午前便にしたので、成田から桃園空港への便を使用した。
機体はA330だがやや古い印象で座席のモニターも小さい。
私は機内ではipadで読書なので、モニターはルート表示しか使わないけど。

到着すると台湾観光局の抽選に参加した。
残念ながら家族いずれも、はずれだった。
桃園空港からホテルまでは送迎車を手配したが、1時間以上かかる。
松山空港の方が便利だが、それだと羽田便になり、駐車場問題が・・・

ホテルは去年と同じグランドハイアット台北にした。
部屋は台北101の反対側だった。
101は曇りがちでてっぺんが雲に隠れている。
Img_8995 1715002131204

早速101に行き、鼎泰豊で夕食の予約券をもらった。
時間が早く現地は平日なのでそこまで混んでなくて、1時間かからないようだ。
周りのショップで少しおみあげを買って時間をつぶす。
鼎泰豊は有名店で美味しいと思うが、たくさん食べても一人3000円台で済む。
ハワイならフードコートで1品で同じくらいかかるから、比べるとずっと安い。
当初の計画では初日は饒河街観光夜市で食べる計画だったので、そこにも行ってみた。
Img_9007 Img_9012
結局満腹なので、散策しただけだった。
夜は晴れていて101が奇麗に見えた。明日は登る予定なので晴れるといいけど。


5月3日

朝から101に登った。101階もKKdayで予約してあった。
 Img_9053Img_9051
101の展望窓に解説図があり、今回初めて「象山」の地名が象の形にちなんでいることを知った。
今回の台湾地震でも活躍したらしい免震の球体も写真に撮った。

Img_9034Img_9035
101階は通路に花飾りがたくさんあったり、ブランコがあったりメルヘンな所。
以前は登れなかったらしい。今回初めて行った。人数限定で時間も1時間と決められている。
時間になって89階に降りて白水豆花で有名なお豆腐のようなスウィーツを食べた。
Img_9050_20240509211201 Img_9049

夕方から九份に行く予約をしており、集合場所が西門駅だったので、近くの西門紅楼という所に行った。
Img_9063
古いレンガの外観の建物だが、中はかわいらしい雑貨のおみあげや喫茶店などがある。
妻や娘がいろいろ買っていた。

Img_90691715002323985_20240509212501
九份に着くと小雨だった。雨の多い土地なので仕方がない。夕日や眺望は無理そう。
相変わらずすごく混んでた。

台北に戻ると、101が蝋燭のようになってた。500メートル位のところに薄い雲があるようだ。
Img_9083


5月4日晴れ

MRTに乗って終点の淡水に行ってみた。河口の街で岸辺にたくさんの店が並んでいた。
少し高台の淡水紅毛城や隣の元領事館などを見てまわる。晴れてるととにかく暑い。
Img_9110

途中からバスに乗り漁人碼頭まで行く。情人橋を渡って写真を撮った。
Img_9130 Img_9136
この橋は歩道のみで橋の上から見上げるとロープが奇麗に放射状になってた。
Img_9140
夕日を待たずにまたMRTで台北に戻った。
夜は再び101の鼎泰豊に行った。現地も土曜日で時間もやや遅かったので2時間半待ちとの事。
ホテルに戻ってしばらく休憩してから再来店した。また小籠包をたくさん食べた。


5月5日 曇り

オークラホテルの1階にあるパイナップルケーキが美味しいので、買いに行った。
あとは買ったおみあげをトランクに詰めて帰るだけだ。と思っていたら、
Img_9161 Img_9163
妻が空港のカルティエ店で探していたネックレスが置いてあったとの事で、あまり時間が無いのに購入していた!!

飛行機材は往路と同じようなちょっと古めの機体だった。

2024年4月21日 (日)

弘前の桜

4月20日 千葉小雨、青森曇りのち晴れ

3年ぶりにまた弘前公園に桜を見に行った。
2月末頃に桜開花の予報を調べて、この辺だろうと予想して、旅行の予約をしておいた。

羽田空港内駐車場は予約が取れなかったが、連休でもないし、羽田空港出発が10時過ぎだったので、
早めに行けばどこか停められるだろうと思っていた。
8時ごろに空港内駐車場入口に着くと、90分待ちと言われ、大パニック。
本当に90分で停められればぎりぎり間に合うが、延びればアウトである。
駐車場待ちの列から出て、邪魔にならなそうなところで車を停めて駐車場を電話で探す。
フライトパーキングという所が通じたのでそこに頼んだ。
2階の出発ロビー前での車の受け渡しとの事で、料金は割高だったがやむを得ない。
空港内駐車場の一部が工事していて、停められる台数が減っているとの事だ。

11時20分青森着。
Img_8714
ロビーを出てすぐ横のトヨタレンタカーで車を借りる。今回も Roomy だった。確か伊勢も Roomy だったような。

まず弘前公園に向かう。途中かなり渋滞していたがなんとか津軽藩ねぶた村の駐車場に停められた。
外堀周辺の桜は花筏が始まっていたが、まだ満開と言えた。
Img_8827
城内の桜はまさに満開だった。
Img_8741
城内は人込みで真っ直ぐ歩けないほどで、ほとんどの屋台も購入に行列ができていた。

コロナの3年前も人出はあったが、今回は段違いであった。

天守閣や岩木山との景色も絵になった。
Img_8728 Img_8733

西濠にはたくさんのボートが出ており、周り中が満開の桜だった。
Img_8803

一旦弘前駅近くのホテルにチェックインした後、近くの魚民で夕食。
弘前駅から弘前公園までシャトルバスが出ているので、乗ったのだが、花見渋滞でなかなか進まない。
徒歩なら30分位、空いてればバスで恐らく10分位の所なのに、70分位かかった。
路線バスなら途中で降りて歩けるのだが、直通のシャトルバスなので途中下車もできず、満員バスで立ってて疲れた。

夜も混んでた。
3年前は公園内の一部しかライトアップされず、21時までだったが、今回は盛大にライトアップされ、22時半までらしい。
Img_8881 Img_8857
天守閣も昼間とはまた異なる幻想的な感じ。昼間の風が収まって西濠が鏡のようになっていて、桜を映していた。
Img_8844
皆が撮っていたのでハートマークを撮影した。
帰りはもうバスが無かったので、タクシーで弘前駅まで。
Img_8885
ついでにオブジェを撮影。


4月21日 晴れ

渋滞にはまらないように朝早くから出て、旧弘前市立図書館に行く。それでも多少渋滞だった。
Img_8890Img_8894
ここは弘前公園の隣なので昨日ついでに行っとくべきだった。
隣に弘前市内のいろいろな古い建物のミニチュアを展示していたが、一部は朽ちていた。右はミニチュアの旧弘前市立図書館。

弘前レンガ倉庫美術館に行った。
Img_8895 Img_8898
入り口近くの巨大な白い犬の像が有名らしい。

市内を離れて岩木山神社に向かった。
Img_8916
入り口から正面に岩木山の山頂を望める。
石の鳥居や朱塗りの木の鳥居や彫刻のある山門をくぐって拝殿に向かった。
境内にはところどころ雪が残っていた。

岩木山山麓をドライブして鶴の舞橋という所に行った。
Img_8923 Img_8924
廻堰大溜池に掛かる日本一長い3連の木造の橋だが湖畔の公園も桜が満開だった。

最後に前回時間切れで入れなかった三内丸山遺跡に行った。
Img_8941
広くてのどかな所に竪穴式や高床の建物が復元されていた。
有名な6本柱の建物も復元されていたが用途が不明なためか屋根なしだった。
Img_8952 Img_8955
観光客は復元された柱の周りで写真を撮っていたが、ドームの中に本物の遺跡を見に入る人はほとんどいなかった。

ついでに隣に青森県立美術館があったので寄ってみた。
巨大な4枚のシャガールの絵は圧巻だったが、他の階の展示は微妙だった。
Img_8968
奈良美智の「あおもり犬」
弘前レンガ美術館の犬の像と同じ作者のようだ。

最後にここの駐車場の桜。
Img_8974
何処に行っても満開の桜で最高だった。

2023年12月13日 (水)

ホノルルマラソンに行く

12月9日 晴れ
 
 
妻や娘は以前にもホノルルマラソンに参加したことがあり、誘われて今回私も参加することにした。
とはいっても、10キロウォークだが。

今回は1度乗ってみたかったANAのホヌのプレエコで予約を取った。
土曜なので午前の仕事をしてから成田に向かった。いつものサンパーキングに停めて送ってもらう。
お盆時とは違って駐車場も片側だし送迎車やスッタフも少ないようだ。

スーツケースを預けて出国手続き後に、妻は予約していた免税のブランドバックを受け取っていた。
また、ANAの免税店で化粧品などを株主優待の10%割引券で購入した。

その後初めてANAのラウンジに入った。
豚骨ラーメンや軽食類、ジュースなどで寛いだ。
あっさり系の豚骨で美味しかった。

時間になったので搭乗口に。今回はオレンジのホヌのようだ。
Img_8496

今までハワイ行きはJALのエコノミーばかりだった。ホヌのプレエコ席には周りに余裕がある。
今回のプレエコは半分くらいの搭乗率か?前後の席は空席だった。
早速スリッパに履き替えて寛ぐ。

ホノルル空港に着くとまだ夏の気候だった。
上着を脱いで半袖になった。

早速ハワイアンコンベンションセンターに行って、ゼッケン等を受け取った。
Dsc_1351 Dsc_1353

ホテルは今回もシェラトンワイキキにした。
12月なので、入口にサンタの像や砂像があったり、ウミガメの像にサンタ帽子が被せてあったり、受付にツリーがあったりした。
Img_8514 Img_8516 
Img_8518

ホテルのプールは泳いでいる人がいていつもどうりだが、ダイヤモンドヘッドはいつもと違って下部が緑に覆われていた。
Img_8520 Img_8524
その後カピオラニ公園のゴール地点まで散策して、当日は入れないマラソンゴール下でゴールしたかのような写真を撮った。
ロイヤルハワイアンセンターで夕食や朝食用のおにぎり等を買って、明日は未明からスタート地点に向かうので、早めに就寝した。
Img_8535 Img_8536   



12月10日 晴れ

AM2:45にスタート地点に送るバスが来て、アラモアナショッピングセンターの駐車場に運ばれた。
JTBの参加者が集まって決起大会や準備運動をしたが、スタートまで時間が余って座っていた。
AM5:00近くなってアラモアナ公園のスタート地点に行く。
花火が打ちあがり先頭はスタート。でも自分たちがスタートゲートをくぐったのは、AM5:12頃。
初めは、ダウンタウン方面。
大きな客船を見ながら進み赤くライトアップされたアロハタワー付近でターンし、
1703338997674

夏に行ったイオラニ宮殿やカメハメハ大王像を過ぎた。市庁舎前では色々クリスマスの飾りがあり、皆写真を撮ってた。
 17033389979811703338998327
Dsc_1384Dsc_1388
Dsc_1389

夜も明けてきて、ようやく8キロ地点。2時間過ぎてようやくカピオラニ公園のゴール地点に至る。
Dsc_1398 Dsc_1401

ゴール後はマラサダとバナナが振舞われていた。
普段の運動不足のため10キロウォークでも疲れていたので、甘いマラサダがとても美味しく感じた。
しばらく公園内で休んでから、ホテルに向かって帰るころには、ほとんどの者は終了して、ほぼ無人のカラカウア通りになってた。
Dsc_1409
この後10キロの最終の者が10台以上の警察車両にゆっくりと追われる光景が見れた。

夕食はホテル内のラムファイヤーに行ってみた。
ツアーの特典で此処のディナー(セットメニュー)が一回無料で付いていたのだ。
Dsc_1421 Dsc_1422
妻のポケナチョスと私のシーザーサラダ。

Dsc_1427
二人それぞれニューヨークストリップロインステーキ12オンスだから340グラム位。

更にデザートとコーヒーがセットだった。
食べきれなくて、一部持ち帰りにした。
今回は無料だが、正規で食べても全部で150ドル位なので、税、サービス、チップを考えると、3万円相当位と思う。
物価高でウルフギャング・ステーキハウスだと肉だけで200ドル以上するから、次回もここでいいかもしれない。


12月11日 曇りのち晴れ

今日はラニカイビーチにザ・バスで向かうことにした。
まずABCストアでHOLOカードを2枚購入した。カード自体が2ドルで7.5ドルの1日券がセットになったものだ。
これで今日は何度でもバスに乗れる。
アラモアナショッピングセンターのバス停から67番のバスに乗り、はじめ西に向かうが、高速に入って山を越えてカイルアに至る。
山の上は雨だったが、カイルアに着くと止んだ。
カイルアタウン中心部のホールフーズ近くで降りて、軽い昼食を買い込み、671番のバスに乗って、ラニカイビーチに向かった。
ラニカイビーチについて話しながら乗っていると、ドライバーが下りる場所を教えてくれた。
細い小道を下って海岸に出ると、
Img_8580
澄んだ水と奇麗な砂浜のビーチ。
海岸に座ってサンドイッチ等を食べて、写真を撮り、のんびり過ごす。
徐々に晴れ間が増してきれいな写真が取れたので、また小道を戻ってバス停に戻り、
671番のバスでカイルアタウン中心部に戻る。
Img_8603 Img_8608


Img_8598 Img_8602
帰りの67番のバスの時間までに、ホールフーズとダウントゥアースでおみあげなどを購入した。

Img_8609
妻の戦利品のバック。
ザ・バスも慣れるとツアーと違って帰りの時間を気にせずにのんびり過ごせるのがいい。
遅れたら次のバスで帰れるから。

アラモアナショッピングセンターに戻ると夕暮れだったので、アラモアナ公園に寄って日没の写真を撮ってから帰った。
Img_86111703339003512
ホテルに帰るとイルミネーションが奇麗だった。


12月12日 晴れ

今日は帰国の日だが、朝焼けが奇麗だった。
Img_8637

JTBのラウンジで朝食として軽食を食べてチェックアウト。
大分早くから空港へ向かう送迎車に乗せられた。
早くついても今回はプレエコなのでANAのラウンジにいればいいと思っていたが、
出国審査が大行列で1時間近く蛇行しながら待ったために、ラウンジにいられる時間もそう長くはなかった。
そういえば、夏もそうだった。

Img_8647
帰りも来た時と同じ3号機のようだ。席も確か同じ番号だったはず。

最近忙しいので、いい気分転換になった。

2023年10月 1日 (日)

伊勢志摩に行く

9月29日 快晴
 

出張のついでに伊勢志摩をまわってきた。
8時東京発ののぞみで出発し、名古屋からは近鉄のビスタカーに乗って伊勢市に向かった。
2023092911341400 2023092911335800

伊勢市駅近くでレンタカーを借りて、外宮が近くだったのでまず外宮に向かった。

拝殿の御簾は風で揺れていてその奥の本殿が覗けた。
2023092912313400 2023092912365400
隣に広い空き地があり遷宮の跡地なのか・・・
その後別宮(風宮、土宮、多賀宮)も参拝したが、それぞれ隣に空き地があった。

内宮手前の猿田彦神社にも参拝した。
2023092913550800 2023092913453000
境内に更に佐瑠女神社があり芸能の神らしく、芸能人の名前入りの幟が多数立っていた。

次に内宮に行った。鳥居をくぐり、有名な橋を渡って砂利道を歩く。
2023092914121800
9月末なのに快晴で暑い。

2023092914272800
内宮の本殿(皇大神宮正殿)に拝殿から参拝した。
ここも奥に同じような石段があり、そちらに遷宮の跡地がありそうに見えた。

その後、荒祭宮、子安神社、大山祇神社という小さい社も参拝した。

参拝を終えて門前の古い商店街を散策した。
2023092915033000

有名な赤福の本店も平日で余り待たずに入店できた。
2023092915072800  2023092915100800
メニューは一種類しかないようだった。出来立ての餅は柔らかく美味であった。

2023092915255800
他にエビの串焼きや焼いた牡蠣等を食べた。

2023092916205000
近くに浜幸パール伊勢本店があり、奥さんがいくつかパールを購入していた。

今夜のホテルは鳥羽国際ホテルで夕食が17時30分からにしてあったので、余り長居はできず、ホテルに向かった。
2023092917130800 2023092917132000

夕食は洋食のコースだったが、伊勢なので伊勢エビが付いた。
2023092918063400
食後は、今夜はちょうど十五夜ということで、隣の潮路亭の庭の焚き火テラスで演奏会がありマシュマロと月見団子がふるまわれた。


9月30日 晴れ

まず二見興玉神社に行ってみた。正式な伊勢神宮参拝はここから始めるらしいが、時間的距離的に今回はここが後になった。
境内は海岸沿いにカエルの像がいくつか置いてあった。「無事帰る」などに掛けたものらしい。昔の旅は命がけだったみたいだし。
2023093010012400 2023093009495400  

直ぐ近くの海岸に有名な夫婦岩があり、前で記念写真を撮る。
2023093009535600

次に鳥羽展望台に行って海の景色を眺めた。晴天で季節の割に暑いが、風が気持ちよかった。
2023093011535200

近くに神明神社があり向かったが、事前調査不足で、道が通行止めになってることや、他の駐車場の場所がわからず、断念した。

次に遊園地の志摩スペイン村ではなくて、志摩地中海村に行った。
これは宿泊施設だが、入場料払えば地中海風の街並みを散策しレストランやおみあげやに入れるところ。
2023093013140000

特に何もない土曜の午後なので、レストラン以外は空いていた。
2023093013251200 2023093013254400
2023093014134200
 なかなか街並みは雰囲気があって奇麗だった。
坂を下ると宿泊客用のプールや船着き場があり景色がよかった。非宿泊者は途中までしか行けないが。
2023093014292800 2023093014323600

今夜のホテルは都リゾート志摩ベイサイドテラス。廊下が板張りで外観はヨーロッパ調?のホテルだった。
20231001081142002023093018445000

部屋のテラスからは真珠養殖?のいかだが浮かぶ静かな海が見渡せた。
2023093015244400 2023093015253200

2023093015473400
最近自宅の水回りをリホームしたのだが、当初希望していたのに、出来ないと言われ変更した、
ガラスドアや横の明り取りガラスや床のやや大きめのタイル構造など希望そのままだった。
少し時期が違えばできたのか、業務用なら設定があったのか・・・


10月1日 曇り

朝から薄曇りで徐々に悪化するらしい。

昨日の夜に親戚の不幸の連絡があり、今夜通夜に出ることになった。
昨夜のうちに近鉄の指定席と新幹線の指定はネットで3時間以上早くに変更してある。便利な世の中にはなったが、
10時半くらいまでには伊勢市に戻りレンタカーを返して帰らなければならなくなった。

朝食後すぐ支度して帰る途中にある横山天空展望台に寄る。
2023100108332800 2023100108351000
まだ8時半なのでほとんど人はいない。テラス状の場所から多島海が見渡せる。昨日泊まったホテルも対岸に見えた。
晴れならもう少し遠くまで見えたかも・・・

時間が無いので、おかげ横丁に一瞬だけ寄っておみあげを少し買い、伊勢市駅から帰路についた。
今日は日曜なので、赤福本店は大行列で、横の五十鈴川に架かる橋の3分の2くらいまで列が続いていた。
初日に行っておいて正解だった。

2023年8月16日 (水)

ハワイ旅行(後半)

8月11日 晴れ

今日は朝からまたオプションのツアーでノースショアに出かけた。
今回も10人乗り位の車で3家族で出発した。
まずタンタラスの丘に行った。ダイヤモンドヘッドを含むワイキキ方面と、ホノルル空港方面が見渡せた。
Img_8172 Img_8173
ここで1家族の子供が体調不良(車酔い)があり、ホテル街にいったん戻り出直す。

次は、ドールプランテーションに行った。
以前も何度か行ったことがあり、有名なところだ。写真を撮って、トイレに行って、おみあげを少し買っただけ。
Img_8186

North Shore Soap Factory という所にも行った。
Img_8188
いろんな香りの石鹸があった。石鹸としてより、芳香剤消臭剤としての効果を期待?して、妻は1つ買っていた。

サンライズシェルビーチ:
Img_8195
赤い貝をちょっと探したが見つからず、奇麗な海岸の写真を撮った。

ポハクラナイ:
Img_8205
広場に岩が積み重なっているところで、初めて行った。
大昔からのパワースポットらしい。一応岩に触れて写真を撮った。

ハレイワタウンで昼食。ガーリックシュリンプ等を食す。
Img_8211
店がいくつか代わっていたり、閉店したりしていた。
レインボーブリッジまでは行かなかった。マツモトシェイブアイスは相変わらず混んでいた。

以前から壁画にレインボーブリッジがあったが、前回は無かった囲いがあって、全景が見れなくなってた。
Img_8214

その後、いくつかのビーチをまわり、
サンセット・ビーチで写真を撮る。
Img_8223

マカダミア・ナッツ・ファームも今回初めて行った。
いろいろな味のマカダミアナッツが試食できるので、いくつか買ってみた。
駐車場の向かいにはハワイっぽい山があったので撮影した。
Photo_20230826220901 Img_8234

ツアー終了後はホテルの部屋で夕食を摂ってからヒルトンの花火を見に出かけた。
サンセットと花火:
Img_8241 Cap_mvi_8251r5_00_03_37_11


8月12日 晴れ

土曜日の朝は朝市が開催されるので行ってみた。
有名なのは KCCファーマーズマーケットだが、以前行ったことがあるので、カカアコファーマーズマーケットの方に行った。
アラモアナショッピングセンターまでは HIBUS があるが、そこからは徒歩だと15分位かかる。
朝9時位なので何とか歩けたが・・・暑い。
Img_8258
小物を買ったり、冷たいものを買って食したり。

帰りにWHOLE FOODS MARKET によって、エコバック等を購入した。
Img_8260

ホテルに帰り、一度も泳がないのも変なので、ワイキキの海水浴とホテルのプールに少し浸かってきた。
結構波が荒く、以前より砂が減っているのか、波打ち際直ぐから急に深くなっていた。
ハレイワなどの海岸とは異なり、少し九十九里海岸のような印象になってた。

シャワー後、部屋で休んでいると、夕方、カラカウア通りが賑やかになってた。
行ってみると、車両通行止めにして、歩行者天国状態で、フェスティバルをやっていた。
Img_8268 Img_8264

よく見ると今朝カカアコファーマーズマーケットに出店していた店が多数出店していた。
こんなことなら今朝わざわざ行かなかったのに・・・
結局また一回りして、夕食用に弁当パックを買って、ホテルで食した。


8月13日 晴れ

今日は自分たちで市内観光に出かけた。
まずアラモアナまで行って、アラモアナビーチパークに行ってみた。
日曜の朝で交通量も少ないように感じる。
静かな公園と穏やかな海岸。
Img_8270 Img_8273
ワイキキビーチより石(岩?)が多いが波が無くて水が透き通っていて奇麗だ。

次 HIBUS でハワイ出雲大社に行った。
Img_8282  

次に徒歩で、セント・アンドリュース大聖堂に行った。
ちょうど日曜のミサが終わるタイミングであった。
しばらく讃美歌が終わるのを待って入室した。
入口を振り返ると巨大なステンドグラスになっていた。
Img_8285 Img_8288

その後ハワイ州庁舎、リリウオカラニ女王像、
Img_8296 Img_8295

イオラニ宮殿、カメハメハ大王像と見てまわった。
Img_8300 Img_8304

近くに、DOWN TO EARTH というスーパー?があったので、寄ってトートバッグ等を物色した。
Img_8305
ついでに総菜等を自分でパックに盛って購入し、イートインスペースで昼食にした。

倉庫の壁画街を歩いているとトトロの壁画があった。トトロの色や模様がパイナップル風だ。
Img_8310s

また WHOLE FOODS MARKET に寄り、娘用のトートバッグを買い増した。

夕食は今回唯一の高級レストラン、ルーススクリフを予約してあったので、向かった。
初めに出るパンは肉が食べきれなくなるので毎回全部食べないようにしようと思っていても、
中々肉が来ないので結局全部食べてしまってから、肉が来た。
Dsc_1290s
米国牛肉の割に柔らかく美味しかったが、結局少し残り、ライスと共に持ち帰り、翌朝食になった。


8月14日 晴れ

今年はずっと晴天続きで、スコールも無い。
今日は「カハラモールに行きたい。」との事で、カハラ方面の HIBUS に乗って出かけた。
Img_8314
月曜日のせいもあるのか閑散としていた。
小物をちょっと買って直ぐまた帰ってきた。

インターナショナルマーケットプレイスの奥に楽天のラウンジがあるらしく行ってみた。
Img_8315 Img_8317  
日焼けした大きなパンダがかわいい。
アラモアナの楽天のラウンジには初日に行っていて、両方行ってローソンで何度か買い物すると景品がもらえるので行って貰ってきた。
明日は帰国なので、午後はチョコレート等おみあげを見繕って過ごす。


8月15日 晴れ

ハワイ滞在中に日本のニュースで、日本に台風が来ていて、一時は帰国便が飛ばないのではと心配したが、
途中で西にそれて関西方面に行ったため、成田の帰国便は全く問題なかった。

ホテルのチェックアウト後、予定どうり空港に向かった。
Img_8355 Img_8348s
帰国のJAL便と丁度出発していったフライングホヌ。

今回は6泊8日と長く取ったので、ゆっくりいろいろな所を回れた。

ハワイ旅行(前半)

お盆休みを利用してハワイに行ってきた。
規制も無くなり、今までどうり旅行できるようになって嬉しい。
 
 
8月9日 晴れ

ハワイ便は夜の出発なので前日の夜になってからようやく用意を始めた。
円安と現地の物価高が言われていたので、カップ麺や粉末味噌汁やカトラリーセットなどを今回初めて持参することにした。
夕方にサンパーキング成田店に到着。お盆直前なので、そこそこ混んでるが、コロナ以前ほどではないようだ。
夜、JAL784に搭乗。
Img_8047

同日現地9日朝ホノルル着。ホテルまでの送迎もまだオプション扱いだった。
大型バスではなく、10人乗り位の車でいつものシェラトン・ワイキキ ホテルに送られる。
まだ時間的にチェックインできないので、B1Fのジャルパックのカウンターに寄ると、部屋ナンバーはわかっているので、
後で部屋に運んでもらえるという話で、トランクをあずけて、身軽になって街の散策を開始した。
インターナショナルマーケットプレイス付近を散策し、ロイヤルハワイアンのフードコートで昼食となった。
Img_8049

Img_8059
その後ホテル付近の海岸を見てからチェックインして部屋に入室した。

コロナの間に改装したのか、以前よりきれいな感じだ。
28階からの眺め。
Img_8071
これを見るとようやく来れたなと、安心する。

午後も街を散策したが、明日は早朝からのオプショナルツアーがあるので、
Waikiki Market でスパム結びと弁当を買ってホテルで食べて、早めに休むことにした。


8月10日 晴れ

早朝からツアーバスで真珠湾観光に出かけた。
前日まではハリケーンの余波でアリゾナ記念館に向かう船が出なかったらしいが、今日は風もほぼ収まり渡し船は出航できた。
思えばホノルル空港に着陸時にやや揺れが大きかった。数年前に行ったマウイ島のラハイナの大火もこのハリケーンのためらしい。
1時間以上列に並んでから乗船してアリゾナ記念館に向かった。アメリカ人は沢山いたが日本人は少ない。

Img_8090
内部は戦死者の名前が壁面1面にあったりして、墓所的な場所だ。沈んだアリゾナの船体と共にご遺骨もそのままらしいので。

次は戦艦ミズーリに向かった。
Img_8122
これは終戦時に日本の降伏文書の調印が行われた船だ。

ここの専属のガイドが日本語で30分位説明して回ってくれる。その後は30分位自由行動。

Img_8104
調印された場所は床にプレートが設置されたり、周りに当時の写真や調印文書のレプリカが展示されてる。

船内は狭く隔壁の扉の所で頭を打った。私より背の高いアメリカ人の水兵はどうだったのだろう。
Img_8110 Img_8112
外は晴れていて暑いが、見晴らしはよい。右は露天艦橋からアリゾナ記念館方向を見る。

次は太平洋航空博物館に行った。
ここもはじめ屋内で30分位説明があり、その後30分位自由行動だった。

館内にはゼロ戦や B25爆撃機や wildcat などが展示されていた。
Img_8128Img_8129Img_8126

外に出てもう1つの格納庫があったが、こちらは展示というより資材置き場的。
Img_8147 Img_8144
一応TBM AVENGER や AT-6 等が置いてあった。

途中の屋外に戦後の戦闘機などが多数展示してあり、下回りだけだが手で触れるし、たくさん写真を撮ってきた。

Img_8130 Img_8135Img_8142
少し離れた昔の管制塔近くに C-47 昔PCゲームでよく操縦した F-16 や可変翼を格納した F-14

Img_8137 Img_8138  
今も自衛隊の主力 F-15 や、かつての主力 F-4 

Img_8158 Img_8133
さらに古い F-104 があった(皆アメリカ軍仕様だが)。昔の朝鮮戦争のフィルムなどにあった F-86 saber

Img_8154
何故か MIG-15 まであった。

妻は暑いし日焼けするからと、屋内にいたが、私は外の展示を十分堪能した。

ツアーから帰ると、妻がフラダンスに使う「イプ」というヒョウタンの楽器を見に行きたいとの事で、
J&L Trading House という所にタクシーで出かけた。
制作前のヒョウタンや途中の物が置いてあり、製造所で来れば小売りもしますよという感じ。

Img_8160
これは座ってたたく?大きめの物の写真だが、奥さんは小さくて軽いものを1つ購入していた。

帰りは the bus でアラモアナへ。少しおみあげを物色して、ロイヤルハワイアンで夕食弁当や翌朝食を購入して帰る。

2023年5月21日 (日)

九州旅行

5月19日 雨のち曇り
 
 
福岡に用事があったので、ついでに由布院の方面を旅行してきた。
福岡空港に到着後、用事を済ませてから、まず太宰府天満宮に行った。
小雨の降る中、結構混んでおり、修学旅行生も多数いた。
20年以上昔に一度来たことがあるはずだが、あまり覚えてはいない。
改修のためか本殿の前に仮殿ができていて、今はそこに向かって祈るようだ。
2023051911065100 2023051911160000

神社から太宰府駅の方に参道を歩いて散策した。
2023051912064500

明太子のおにぎりや、めんたい蒲鉾、梅の枝焼きを食べ歩きしたり、MENBEIの菓子など買った。
2023051912125900 2023051912190000

その後、大濠公園を散歩した。大きな池があって、ボートもあるがちょっと肌寒い。
2023051914164600

その後行った、海の中道海浜公園はテニスコートやプールなどを含む広大な公園らしいが入場料ありで、気軽に散歩というわけにはいかないようだった。
そこは通過して志賀島にも行ってみた。
知らなくて特に期待してなかったが、有名な金印が出たとこらしく、記念碑などがあり、見晴らしもよかった。
2023051915451200 2023051915531400

今日の宿泊は The358 UMI というホテル。まだ新しくて奇麗だが、周りは何もない埋め立て地にある。
夕食はとんこつラーメンを探して食べた。とんこつ味のカップ麺と違って、背油の臭いが最初鼻に着くが、慣れると美味しく食べられた。


5月20日 曇りのち晴れ
 
朝から高速を飛ばして、由布院に到着。まず、有名な金鱗湖に行ってみた。
ここも以前来たことはあるが、以前より人が増えた気がする。
2023052010561700  2023052011045400
すぐそばに神社があり、湖内に 鳥居もたってた。湖畔からは由布岳の山頂は見えない。

周辺にはキャラクターショップや軽食やおみあげを売る店が沢山出来ており、散策した。
2023052011321400 2023052014552200
2023052011421400 2023052011452500_20230530213701
中でもりんご飴(角切り)は、りんご自体も甘くておいしかった。

少し山の中に入り artegio という所にチョコレートを買いに行った。一見美術館のような雰囲気でおしゃれなカフェもあった。
2023052015190400

今日の宿は、ゆふいん花由。以前泊まった時は、はじの方の部屋だったが、今回は月光というロビーのすぐ下の部屋。
20230520172741002023052016312100
広くて快適な部屋で、部屋からも由布岳や由布院の街並みを一望できる。


5月21日 晴れ
 
この時期は朝霧が出る頻度は少ないとの事だったが、朝早起きすると、
2023052105493900 2023052105505900
由布院の街がすっぽりと朝霧に沈んだ風景が見られた。ロビーに行くと誰もいなくて、テラスに1人いるだけだった。
日が昇るまで、しばらくテラスで写真を撮っていると、次第に人が増えた。

由布岳はロープウェイ等も無く徒歩で登るのは厳しいが、隣の鶴見岳はロープウエイでほぼ山頂近くまで行けて観光スポットらしい。
麓の駅にレンタカーを停めて、50人乗りのロープウェイで30人以上乗車して頂上へ。約10分くらいで到着。
2023052111181200 2023052111275500
山頂駅近くのお宮にまずお参り。別府方面もよく晴れていて展望台から見渡せた。
山頂付近には七福神が所々にあったので、お参りしながら山頂を目指した。
2023052111220600 2023052111305300
福禄寿と大黒天

2023052111332300 2023052111410700
布袋尊と寿老人

2023052111462700 2023052112043600
先に山頂に着き、由布岳を裏側から見る。手前はミヤマキリシマが沢山咲いていた。頂上の景色としては中々いい時期に当たったようだ。

2023052111573200 2023052111594800
毘沙門天と恵比寿天

2023052112021900 2023052112235900
最後に弁財天を通ってロープウェイの山頂駅に戻る。何故か大きな温度計?

別府は大分空港とはだいぶ離れているので、寄るつもりではなかったが、時間が少しあったので、海地獄と隣の坊主地獄だけ行ってみた。
2023052113502100 2023052113531000
温泉卵を作っていたので、さっそく購入して食す。

2023052114162400 2023052114175000
結構暑くなってきたので売店でソフトクリームと温泉プリン?を買って、休憩スペースで食べて旅行は終了、大分空港に向かった。

2023年5月 7日 (日)

台湾旅行

5月3日 晴れ
 
 
ゴールデンウイークに台湾に旅行した。台湾は4年前のGW以来2回目だ。
コロナ禍中は海外に気軽に行けなかったが、ようやく普通に海外旅行できるようになった。
パスポートも切れていたので今回取り直した。
今回、羽田空港08:35発のJAL便だったので、GWでもあり駐車場が心配だったため、
前日夜から第3ターミナル直結のHOTEL VILLAFONTAINEに宿泊した。
2023050223482200

さすがに5月2日夜にはP5駐車場にも空車があり駐車できた。
まだ新しいホテルで奇麗だし便利だが、ベットとシャワーしかなくてもそこそこの料金だった。
当日朝に駐車場が無くてぐるぐるするよりはよいので、まあしょうがない。

往きの飛行機の機内からは富士山もきれいに見えた。
2023050311540600
2023050314540800
台北松山空港到着。
松山空港は市内から近くMRTで1回乗り換えで101近くのホテルのところまで行けた。
翌日には台湾新幹線で台南まで行く予約をしてあったが、台北駅でチケットを受け取る必要があり、
当日朝は忙しいので、事前に台北駅でkkdayのバウチャーを見せてチケットを受け取った。
2023052720440100_20230527205901

その後、永康街を散策した。
念願のマンゴーアイス(沢山芋の団子?入り)を食べた。
2023050318210200

前回雨の中タピオカジュースを飲んだカフェは、無くなっていて、ビーズショップになってた。
2023050318413400

有名な県泰豊にも行ったがこちらは今はテイクアウトだけみたいだった。
ホテル近くの101地下にも県泰豊があるので早めに行って今夜はそちらで夕食だ。
20230503194600002023050319490000

17:10位に行ったが90分待ち位だった。予約番号をもらって周りを散策しつつ一旦ホテルに戻って出直す。
18:30時位に入店できて、小籠包や炒め物やチャーハンなど美味しくいただいた。
有名店で二人で満腹になるくらい食べても6千円位で安い。
今回のホテルはグランドハイアット台北という、101に近くてMRTの便がよさそうだったのでここにした。
日系ではないが高級ホテルらしい。


5月4日 晴れ
 
朝食バイキングのあとはMRTに乗って高鐵台北駅に向かった。
2023050410583800  

外観も内部も日本の新幹線によく似ていた。
高鐵台南駅で在来線(青いローカル電車)に乗り換えて(いったん外に出てしまい迷った)、台鉄の台南駅に向かう。
まず赤崁楼に行った。中国っぽい建物と横に公園のような広場や鯉が沢山いる池があった。
20230504135014002023050413573400
次に大天后宮に行った。
2023050414155600
お寺だと思う。お札のようなものを焼いていた。作法がわからないので・・・普通に前でお祈りだけしてきた。

次に神農街。古い昭和っぽい町並みの奥に中国風寺院があったりするところを散策。
20230504144544002023050414481600

次に正興街。
お腹も空いてきたので、子龍點鴨という店に入る。
2023050415120400
味付きの鴨肉煮にご飯、美味しかった。

2023050415550800 2023050415592400
晴天で30度以上でかなり暑かったので有名な裕成水果店でフルーツミックスのアイスを食べて生き返った。
有名店は混んでたが、2軒くらい隣にも同じようなフルーツ店があったが、こちらは空いていた。
ブログで紹介されたりすると、繁盛するのだろう。

2023050416232400 2023050417015400
最後に林百貨に行った。
店内は昭和っぽいグッズが沢山あって楽しい。
屋上には神社があってお参りしてきた。
また饅頭型のいす?が沢山あった。

参考にした観光モデルコースのブログではここまでだったが、もう少し時間があったので、台南孔子廟にも行った。
台湾で最も古い孔子廟らしい。中国風の建物がいくつもあった。
2023050417430800 2023050417444000

中には3輪自転車に乗ってるおちゃめな孔子像やマンゴウの実が沢山なっていて面白かった。
2023050418034000 2023050418060800  

帰りはタクシーで高鐵台南駅まで行って、新幹線で台北に帰った。

夜は士林市場に出かけた。
2023050421254400

MRTで士林駅で降りたのに何故か地図アプリでどんどん逆方向に歩かされて・・・
結局、疲れてタクシーを拾って士林市場の前まで送ってもらった。
4年前に比べて店が減っていた。人も前よりは少ない。それでも有名な食べ物の露店には行列ができていた。
今はエリンギの焼いたものが流行りらしい。エビの料理もおいしかった。
2023050422015800 2023050421335800


5月5日 晴れ
 
朝食後、オークラホテルの中の店にパイナップルケーキを買いに行く。
4年前はここに泊まったのだが、ここのパイナップルケーキは美味しいので、今回も買って帰ることにした。
2023050511270800  2023052713464800
 
11時から九份のツアーがありガイドと共に出発した。
前回は夜に行ったが、今回は昼間で、天気がよくて暑くて、人込みで、くらくらした。
有名な阿妹茶楼で写真を撮り、その向かいの店で昼食をとった。景色はよかったが、スープが極薄味で味はイマイチだった。
20230505162400002023050514392000

裏道に入ると猫が時々いて、道にも猫の装飾があったり、ショウウインド?内や商品かご内で寝てたりした。
2023050515462000 2023050515504200

最後の夜は、101のブランド店をいくつか見てまわり、フードコート内で地元の人たちに交じって食べた。
2023050519221400 2023050520340400
味付けがちょうどよくて、美味しかった。


5月6日 晴れ
 
朝食後は帰りの飛行機まで時間があったので、どこか出かけてもよかったのだが、何となく部屋でのんびりした後に帰り支度をした。
部屋に忘れ物が無いことを確認して、フロントでチェックアウト。おみあげでスーツケースも重くなり往きより荷物が増えたので、
空港まではMRTではなくホテル前からタクシーで行くことにした。
直ぐに松山空港に到着し、出国審査や手荷物検査を通過した。ここでカメラを持っていないことに気づいた。
思い返すとタクシーに乗る時も持っていなかった気がする。
ホテルの部屋を出るときは忘れ物が無いことを確認したはずだが、でも部屋に忘れたのか? 
ホテルに電話をかけてみる。「ジャパニーズプリーズ」と話すが、居ないようだ。
拙い英語でなんとか部屋にカメラを忘れたかもしれないので確認してくれないかを頼んだ。
その後、旅行会社の現地当直スタッフ(土曜日なので)に電話をして事情を話し、ホテルに交渉してもらった。
しばらく時間おいてまた掛けると、ホテルフロントにカメラの忘れ物があったとの事であった。
それ以上はこちらも飛行機の搭乗時間になるので、後はホテルや旅行会社とメールのやり取りをして、後日、送料約6千円を送金し送ってもらえた。
海外での忘れ物はまず出てこないという話をよく聞くが、台湾の治安が良いせいなのか、ホテルが良かったのか、無事にカメラは戻った。
GRAND HYATT TAIPEIのコンシェルジュの方、現地の東南旅行社の担当者の方には大変お世話になりました、ありがとうございました。
2023052720420000 2023052720425000

2023年3月 8日 (水)

偕楽園に行く

3月8日 晴れ
 
 
6日に偕楽園のHPで97%開花したと出ていたので、行ってみた。

朝から京葉道路蘇我IC->東関道->圏央道->常磐道を通って水戸ICまで到着。
途中のSAで休憩しながらなので、3時間くらいかかった。

2023030814481200

平日なのに結構人が出ており、駐車場もやや離れたところだった。
去年は情報を確認しないで行ったので、まだ花見には早かったが、今年は満開であった。
梅園の梅は向こう側の人影が見えないほど花が咲いていた。
20230308131700002023030813111000

一本の木で途中の枝から色違いの梅が何本かあった。
2023030814264800

道路と常磐線を挟んだ向かい側の田鶴鳴梅林の梅も満開だった。
20230308145716002023030815030400

ここは満開の梅の林と、広場もあって、遠くに好文亭も見えて、人も少なくてのんびりした雰囲気でよかった。
事前に開花情報を確認することの重要性を再確認した。