DOSBox

2012年12月29日 (土)

VirtualPC2007 に StrikeCommanderをインストール(その2)

12月29日 晴れたり曇ったり

StrikeCommander について VirtualPC の他の OS でも試してみた。
いちいちインストールするのは面倒なので、すでにある SC フォルダをコピーして試した。
(コピー後に INSTALL を実行し sound 設定。 JOYA.DAT を消して、joystick の calibration はやり直した。)


<1> FreeDos1.1

インストール後のメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
EMS がないとストコマは動かないので EMS ありの設定で FDCONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT はこんな感じ。
11freedosconf
13freedosautoexec

CDドライブはいらないのであるが、これでも空きメモリ十分ある。
15freedosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びするがゲームは何も問題ない。


<2> DR-DOS7.03V

これもメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
当然英語モードで、EMS が必要なので、EMM386 に、いろいろ設定を変えて試した。
以下のことが判明。
EMM386.EXE に DPMI=ON を付けると Address line A20 のエラーが出なくなる。
但し、Right Control+Del のソフトリセットができなくなる。
DPMI=ON でも DPMI=OFF のままでも、AUTOEXEC.BAT で以下の設定をすればストコマは起動可能。
AUTO オプションは付けても付けなくてもOk。
AUTOEXEC.BAT で EMM386.EXE PIC=ON を実行すると VCPI server のエラーが出なくなり、ストコマが起動した。
設定ファイルはこんな感じ。
25drdosconf
27drdosautoexec

エラーのないすっきりとした起動画面になった。
21drdos

空きメモリーも十分。
23drdosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びする。
ゲーム中 ALT+O 設定で engine sound を on するとハングアップ。
それ以外は問題ない。

追加 : OpenDOS7.01 でも同じ設定で試してみたが、PC DOS J5.00V や MS-DOS6.2V と同じ症状で
キーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できずダメ。

<3> PC DOS J5.00V

MS-DOS6.2Vと同じ症状でキーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できない。
country や keyb.com の設定を変えてもダメ。フレアは打てるが、ゲームにならない。


<4> DOSBox073-JP106

日本語キーボード対応の DOSBox を見つけたので、マウントして試してみた。
モンちゃん 寄ってって!から引用)

41dosbox
結果は、キーマップ完璧。
スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
音飛びも無い。序盤だけだが完璧な状態に見える。
( 後から気付いたが DOSBox074 はフレアが打てなかった。)


<<総括>>
VirtualPC もゲスト OS を FreeDOS にすればなかなか健闘した。
DOSBox は sound と music 2系統だが VirtualPC は sound のみなので openingmovie に音飛びが出てしまうようだ。
結局またDOSBoxのほうに軍配が上がることになった。

2012年12月24日 (月)

DOSBoxにStrikeCommanderをインストール

12月24日晴れ

昔PC-98で散々やったStrikeCommanderをネットで見つけたので、Virtual環境に入れたくなった。
DOSBox関係のサイトを見るとStrikeCommanderは動くらしいので、試してみた。
DOSBox を使うには D-Fend Reloaded が便利そうなのでこれを使用した。

DOSBoxやD-Fend Reloadedのスマートな使い方がいまいちわからないので、自己流の覚書として記す。

メイン画面でAdd->Add manually ->Add DOSbox profile

Profile画面 : Profile nameや
                Program file を入れる。はじめはインストールプログラムを指定。
01profile

Graphics画面 : とりあえず、ちゃんと動くまでは Start in fullscreen mode を off

Joystick画面 : Joystick Type auto に
                        Timed intervalls for axis を off ( これをしないとメニューでマウスカーソルが勝手に流れてしまう)
03joystick

Drives画面 :  .\VirtualHD\ は C ドライブ(後で変えてもよいが)
                      インストールプログラムのあるフォルダを A ドライブとしてマウント
05drives
07editdrives

Okをクリックして保存。

メイン画面から保存したprofile(インストーラ)を起動
Install the entire game
11installer

警告が出るがそのままで大丈夫。
13warning

boot diskは作らない。
15bootdisk

sound cards は yes
17soundcard1

directory はそのままで
soundは
Sound Blaster に変更、又は Sound Blaster AND Roland/LAPC-1ままのどちらでもOk(音質は変わる)
Port と IRQ はそのままDefault
19soundcard2

copy protection の Question に解答
21protect

インストール開始
2枚目以降は同じフォルダにあるので、そのままでOk
23disk2

README表示、データ構築がしばらく続く
25readme

Completed画面が出る。
27completed

実行ファイルができたので

Profile画面 : program file を \SC\SC.EXE に変更。
          Setup file に  \SC\INSTALL.EXE 入れる。
31profile

Okをクリックして保存。

Runすると最初は
Joystick Cariburation があり
33calibration

その後、Opening movieが始まる。
35openingmovie

初期画面表示。
39openingmenu

ゲーム画面
41game

ゲーム開始後、飛行中に(traning missionでもOk) ALT+O でConfigurationに入れる。
43configuration

キャンペーンを遊ぶには会話やブリーフィングが英語字幕なのでちょっとつらい。
(昔やったのは日本語字幕版だったので・・・)
昔の雰囲気を味わったら、消去だろう・・・

<追加>
使用している Keyboard が USB 日本語 109 なので、スロットルアップ(+)とフレア(`)が入力できないことが判明。
スロットルアップは 123・・・0 キーで代用できるが、フレアが使えないとかなり厳しい。