DR DOS(Open DOS)

2015年11月18日 (水)

Windows10 で Hyper-V を(その後)

11月18日 曇り

メイン機のOSも Windows10 Pro にして、Hyper-V を使うつもりであったが、重大なことを見落としていた。
Hyper-V を有効にしておくと、Oracle VM VirtualBox や VMware Player が起動できなくなることだ。
VirtualPC2007 の方は古いOSやゲームをたまに起動して、楽しむだけだが、Oracle VM VirtualBox は仕事で月に何度かは必ず使う。その度に設定を変更して、再起動をするのであれば、デュアルブートで Windows7 を残しておいたほうが、よりスマートに思える。
また、前回 VirtualPC2007で作った、WindowXp を Hyper-V に移して起動することを確認したが、
それ以外のOSではダメダメであることも分かった。
もともとそれ以外のOSはサポート対象外なのでしかたないことだが・・・
結局、せっかくOSを購入したので、メイン機のOSは Windows10 Pro にはしたが、Hyper-V は有効にはしないことにした。

以下 Hyper-V の各OSに対する記録。( VirtualPC2007 からの VHD ファイルを使用 )

************
MS-DOS6.2V
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
Hyperv_convmsdos62v_01

VZ editor 等は動く。
EMM が無いせいなのか、空メモリは 554K あるのに ApacheLongbow は動かない。

************
FREEDOS1.1
CD は OK
HIMEMX は OK
DOS/V も OK だが
JEMMEX はダメ。このためか、メモリが 588K あっても
StrikeCommander は動かない。
Hyperv_convfreedos11_04

************
OpenDos7.01
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
VZ editor 等は動く。
CD OK
StrikeCommander は動かない。
DOS/V ダメ

************
DRDOS7.03
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
はじめ読めなかった CD も
VMADD の CDROM.SYS から MTMCDAI.SYS にすればCDも読める。
VZ editor 等も動くが、EMM が無いせいなのか、ApacheLongbow や StrikeCommander は動かない。
US NAVY FIGHTERS は起動するが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。
Hyperv_convdrdos703_01
Hyperv_convdrdos703_02

MARINE FIGHTERS も起動はするが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。

************
Windows95b
起動しない。

************
Windows98se
起動しない。

OS まで買って Hyper-V 試したが、結局使えないことが分かった。トホホ…疲れた

2012年12月29日 (土)

VirtualPC2007 に StrikeCommanderをインストール(その2)

12月29日 晴れたり曇ったり

StrikeCommander について VirtualPC の他の OS でも試してみた。
いちいちインストールするのは面倒なので、すでにある SC フォルダをコピーして試した。
(コピー後に INSTALL を実行し sound 設定。 JOYA.DAT を消して、joystick の calibration はやり直した。)


<1> FreeDos1.1

インストール後のメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
EMS がないとストコマは動かないので EMS ありの設定で FDCONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT はこんな感じ。
11freedosconf
13freedosautoexec

CDドライブはいらないのであるが、これでも空きメモリ十分ある。
15freedosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びするがゲームは何も問題ない。


<2> DR-DOS7.03V

これもメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
当然英語モードで、EMS が必要なので、EMM386 に、いろいろ設定を変えて試した。
以下のことが判明。
EMM386.EXE に DPMI=ON を付けると Address line A20 のエラーが出なくなる。
但し、Right Control+Del のソフトリセットができなくなる。
DPMI=ON でも DPMI=OFF のままでも、AUTOEXEC.BAT で以下の設定をすればストコマは起動可能。
AUTO オプションは付けても付けなくてもOk。
AUTOEXEC.BAT で EMM386.EXE PIC=ON を実行すると VCPI server のエラーが出なくなり、ストコマが起動した。
設定ファイルはこんな感じ。
25drdosconf
27drdosautoexec

エラーのないすっきりとした起動画面になった。
21drdos

空きメモリーも十分。
23drdosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びする。
ゲーム中 ALT+O 設定で engine sound を on するとハングアップ。
それ以外は問題ない。

追加 : OpenDOS7.01 でも同じ設定で試してみたが、PC DOS J5.00V や MS-DOS6.2V と同じ症状で
キーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できずダメ。

<3> PC DOS J5.00V

MS-DOS6.2Vと同じ症状でキーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できない。
country や keyb.com の設定を変えてもダメ。フレアは打てるが、ゲームにならない。


<4> DOSBox073-JP106

日本語キーボード対応の DOSBox を見つけたので、マウントして試してみた。
モンちゃん 寄ってって!から引用)

41dosbox
結果は、キーマップ完璧。
スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
音飛びも無い。序盤だけだが完璧な状態に見える。
( 後から気付いたが DOSBox074 はフレアが打てなかった。)


<<総括>>
VirtualPC もゲスト OS を FreeDOS にすればなかなか健闘した。
DOSBox は sound と music 2系統だが VirtualPC は sound のみなので openingmovie に音飛びが出てしまうようだ。
結局またDOSBoxのほうに軍配が上がることになった。

2012年11月16日 (金)

VirtualPC2007で OpenDOS 7.01 を試す(その2、DOS/V化)(更にDR DOS/V化も)

11月16日

本当は試験勉強しなければいけないのであるが・・・

VirtualPC2007上のOpenDOS7.01をDOS/V化できるか試してみた。
DR-DOSも6.0ではDOS/V版が昔は販売されたらしいので、できるのは当然とも思えるが・・
FreeDOSと同じ方法が簡単そうなので、試してみた。
但し、OpenDOSには  keyboard.sys が無いので、替わりにJIS_A01.COMを使うことにする。

英語版DR-DOSのDOS/V環境の作成について

FreeDOS 1.1 で日本語表示
などを参考にさせてもらった。

まずFreeDOS/V 珠洲版から
fdos0138.lzhをダウンロードしイメージファイルを準備。

VirtualPC2007のOpenDOS7.01を起動。
フロッピーイメージなのでA:\にキャプチャ
mkdir c:\JP
してから
A:\DOS フォルダから以下の

04GZN16X.FNT
GURI16X.FNT
GURI19X.FNT
SNYHN19X.FNT
CHES.EXE
DISPVB.EXE
FONTN.INI
FONTNX.EXE
VESAPAT.EXE
PANSI.SYS
JIS_A01.COM

をC:\JPにコピー。

CONFIG.SYSを修正する。

COUNTRY=81,932,C:\OPENDOS\COUNTRY.SYS  を修正する。
DEVICEHIGH=C:\JP\FONTNX.EXE          を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\VESAPAT.EXE /JP      を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\DISPVB.EXE          を追加する。
DEVICEHIGH=C:\JP\PANSI.SYS           を追加する。
Opendosvconfspl

AUTOEXEC.BATも修正する。

LH C:\JP\JIS_A01.COM        を追加する。
c:\JP\CHES JP             を追加する。
Opendosvautospl1

これで再起動すると、すんなりDOS/Vモードになった。
しかし、日本語モードでは、VZやFDが表示できない。
またマウスドライバの影響か?と思い、DRMOUSEをはずすとVZ FDの表示可能になった。
FreeDOSのマウスでは障害は出なかったので、こちらを使うように修正。

freeDOS1.1を起動してC:\fdos\bin\mouse.exeをホストに転送、又はFDイメージを通して
OpenDOSのC:JPに移した。
こういう時もVirtualPCは同時に複数のOSの起動が可能で、簡単にファイルを取り出せて便利。

修正後はVZeditorも日本語で起動する。AUTOEXEC.BATはこんな感じ。
Opendosvautospl2_3

ちなみに、メニューつきCONFIG.SYSも作ってみた。
Opendosvconfmnv

AUTOEXEC.BATは
Opendosvautomnv

これでメモリードライバ、CD、共有フォルダ、マウスに日本語表示、
当然英語モードでGAMEもできる、フリーなOpenDOS/Vのできあがりっと。


更に、VirtualPC2007上のDR-DOS7.03でもDOS/V化を試してみた。

フォルダ名だけ異なるCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATの設定で起動。

起動メニュー画面
Drdos703menu_2

CONFIG.SYSのVZeditor画面(フォルダ名が異なるだけだが)
Drdos703conf

すんなり起動し、DOS/V化完了した。バージョンが違うだけなので当然だが。

以上、VirtualPC2007上のDR-DOS7.03でも、同じ設定でDOS/V化できた ことを確認した。


VirtualPC2007でいろいろやってきて、十分暇はつぶれたが、
もうあまりやることがなくなってきた。次は何するか・・・

2012年11月13日 (火)

VirtualPC2007 で OpenDOS 7.01 を試す

11月13日

OpenDOS 7.01もVirtualPC2007に入れてみた。

これは DR-DOS7.03の前々のバージョンのようだ。会社が替わったりして違う名前になっているが、
インストールした印象は同じ。

配布ファイルの DOD701.EXE(含通信関係) DODL701.EXE(Lite版)は
64bit版のOSでは動かないので、32bit版のXPで解凍。

DRDOS7.03のイメージファイルでもそうであったが、できたイメージファイル(.144ファイル)は、
1441KBでこのままだと、VirtualPCで読み込めない。
最後の419byte($1A3byte)(DiskImage 2.01 (C) 1990,1991 Digital Research Inc以下の部分)が余分なので、
律儀にFDに書き出して、また再イメージ化してもよいが、バイナリエディタで余分な最後の419byteを削った方が早い。
->ファイルサイズを$168000byte(1474560byte)にして、わかりやすい名前と、拡張子に変更して保存。
Opendos01

VirtualPC2007を起動してFDイメージをキャプチャ。
まだHDDを初期化してないので警告が出てFDISKが起動する。
Opendos02

LICENSED FOR NON-COMMERCIAL USE ONLY の表示も出ていて、安心して試せる。

FDISK実行。
Opendos03

インストーラーが起動する。
Opendos04

ライセンスの同意等が出て、Name等の入力
keybordの選択が出るがJPは無いようなので、USのままで
Opendos05

その後、インストールディレクトリやNetWare、 MS Windows Utilitiesのオプションがあるが、
デフォルトで進める。
Opendos06

インストール終了で再起動するが、DR-DOSと同様にEMM386のため止まる。
Opendos07

とりあえず他の起動ディスクで再起動して、c:\config.sysのEMM386.EXEを修正。

DEVICE=C:\OPENDOS\EMM386.EXE DPMI=OFF FRAME=AUTO EXCLUDE=E000-EFFF

これで起動できる。
またOPENDOSディレクトリを探しても、マウスドライバが見当たらないので、
DR-DOS7.03のDRMOUSE.COMを流用する。
ついでにまたVM Additionsも入れておく。
起動画面。
Opendos08
同じようにまだ Warning: Address line A20 が出るが、たぶん大丈夫。
これでメモリマネジャーもCD、マウス、ホストとの共有ディレクトリも使える。
ちなみに config.sysと autoexec.batは
Opendos09
Opendos10_2

その後、Apache Longbowをインストールして確認した。
CDイメージをマウントして、(CD):¥install

古いソフトなので新しい Cyborg F.L.Y.5 Flight StickではPedal と Throttle Stickが反応しないが、
ジョイスティックとしては動く。
Opendos11

DR-DOS7.03と同様にメニューつきconfig.sysも動く。
DR-DOS7.03との違いは、DRMOUSEが無いことくらいか?

FreeなDosで、ゲームも動き、VZ FD等も動くことを確認した。
平日なのでこのへんで終了に。

2012年11月 6日 (火)

VirtualPC2007でDR DOSを試す・・その2

11月6日

VirtualPC2007上のDR-DOS7.03に、昔のDOSのゲームをインストールしてみた。

1)apache longbow

CDのイメージをマウントしてinstall
HDD内にすんなりインストールされる。

前のconfig.sysだとオープニングは出るがFAULT表示が出て止まってしまう。
メモリー関係のようなので、EMM386をREM化するともっとダメ。
試行錯誤するが、結局、FRAME=NONEをとるか、またはFRAME=AUTOで動くことが判明。
この状態なら、DPMI=OFFは関係なし。DPMSはあっても無くてもOK。
改良 config.sys は
Drdos70321confg
Drdos70322
これでもAddress line A20にWarningが出るが、一応ゲームできるのでOKとする。
メモリーは(vmap)こんな感じ。
Drdos70323vmap

apache設定画面。
Drdos70324apache0

ジョイパッドも動くし、音も出る。
最近はなかなかフライト用のいいジョイスティックが無くて困る。
9.11の影響なのか?単にフライトもののゲームに人気が無いのか?

Drdos70324apache1_2

昔、ミッションを辞書片手に和訳して、飽きるほどやった画面。懐かしい・・・・
恥ずかしながら、ほとんど直訳のミッションファイルの一部。
Drdos70324apache2


2)US NAVY FIGHTER GOLD

CDイメージをマウントして install
Drdos70325usnf1

Begin installで進める。
Configuration HardwareでSound blaster proを選び、220  1を選ぶ。
                                                            訂正 220  1         
musicも Sound blaster CLONEを選び、220  1を選ぶ。
                                              訂正 220  1         
Sound blaster16を選ぶと音でなかった。
Drdos70327usnf3
Drdos70328usnf4

これも昔、よくやったな・・・動くことがわかれば、もう終了。
今からまたこれをやり込めるほど若くないので。

2012年11月 4日 (日)

VirtualPC2007でDR DOSを試す

11月4日

ついでに DR-DOS も VirtualPC2007にインストールして、実験してみた。

DR-DOSは現在のバージョンは有料だが、
7.03はCalderaから非商業利用に限って無償で提供のバージョンのようだ。
これをインストールしてみる。
VirtualPC2007を起動し新規で新しいバーチャルマシンを作る。
起動してDR-DOS7.03の1枚目のイメージをフロッピーにキャプチャすると、
HDDに何も無いので、FDISKが立ち上がる。
Drdos7031fdisk

boot sector IDを入れ、パーテーション、フォーマットする。
自動でインストーラが立ち上がる。
Drdos7033installer

設定は名前くらいで、読みこみ開始、ディスク交換4回
Drdos7034disk

終了すると再起動するが、EMM386.EXEのエラーで停止。

別の起動FDDイメージ(何でもOK)で立ち上げて、config.sysの修正する。
microsoftのサポートサイトによると
http://support.microsoft.com/kb/831515/ja
より
EMM386.EXE DPMI=OFF FRAME=NONE の後に EXCLUDE=E000-EFFF を追加する。
とよいらしい。また DPMS.EXE もエラーの元らしいので、REM化。
また、VM Additions2004 を適用して、VMADD386.SYS  CDROM.SYS  LASTDRIVE
の行を追加する。
Drdos7038vmaddconfg

          ---------------->config.sys要再修正(その2参照)

Drdos703vmaddauto
autoexec.batも NWCACHE をREM化し、MSCDEX FSHARE IDLEの行を追加。
マウスはDR-DOSの DRMOUSEを追加した。再起動すると。

Drdos70310vmadd
Drdos70311mem

英語モードだが、いろいろ付けた割りに、空きメモリはかなり広い。

一応無償版なのでしばらく残して、昔のゲーム等動くか後日確認しよう。