IBM PC DOS

2015年11月18日 (水)

Windows10 で Hyper-V を(その後)

11月18日 曇り

メイン機のOSも Windows10 Pro にして、Hyper-V を使うつもりであったが、重大なことを見落としていた。
Hyper-V を有効にしておくと、Oracle VM VirtualBox や VMware Player が起動できなくなることだ。
VirtualPC2007 の方は古いOSやゲームをたまに起動して、楽しむだけだが、Oracle VM VirtualBox は仕事で月に何度かは必ず使う。その度に設定を変更して、再起動をするのであれば、デュアルブートで Windows7 を残しておいたほうが、よりスマートに思える。
また、前回 VirtualPC2007で作った、WindowXp を Hyper-V に移して起動することを確認したが、
それ以外のOSではダメダメであることも分かった。
もともとそれ以外のOSはサポート対象外なのでしかたないことだが・・・
結局、せっかくOSを購入したので、メイン機のOSは Windows10 Pro にはしたが、Hyper-V は有効にはしないことにした。

以下 Hyper-V の各OSに対する記録。( VirtualPC2007 からの VHD ファイルを使用 )

************
MS-DOS6.2V
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
Hyperv_convmsdos62v_01

VZ editor 等は動く。
EMM が無いせいなのか、空メモリは 554K あるのに ApacheLongbow は動かない。

************
FREEDOS1.1
CD は OK
HIMEMX は OK
DOS/V も OK だが
JEMMEX はダメ。このためか、メモリが 588K あっても
StrikeCommander は動かない。
Hyperv_convfreedos11_04

************
OpenDos7.01
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
VZ editor 等は動く。
CD OK
StrikeCommander は動かない。
DOS/V ダメ

************
DRDOS7.03
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
はじめ読めなかった CD も
VMADD の CDROM.SYS から MTMCDAI.SYS にすればCDも読める。
VZ editor 等も動くが、EMM が無いせいなのか、ApacheLongbow や StrikeCommander は動かない。
US NAVY FIGHTERS は起動するが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。
Hyperv_convdrdos703_01
Hyperv_convdrdos703_02

MARINE FIGHTERS も起動はするが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。

************
Windows95b
起動しない。

************
Windows98se
起動しない。

OS まで買って Hyper-V 試したが、結局使えないことが分かった。トホホ…疲れた

2014年11月22日 (土)

Oracle VM VirtualBox で PC DOS4.00 を実行

11月22日 晴れ

ネットで IBM PC DOS4.00 を見つけたので、Virtual Machine で実行できるか、試してみた。
command.com の日付を見ると1988年なのでもう30年近く前のOSと言うことになる。
 

********** VirtualPC2007 ***********

まず、VirtualPC2007 に入れてみた。新規に作成し、インストールFDイメージから起動、HDDを作成、フォーマットして
ファイルはHDDにコピーされ、インストール成功・・・と思ったが、再起動してもHDDからだとどうしても起動できず止まる。
HDDの config.sys autoexec.bat をすべて無効にしてもだめ。
起動できるインストールFDの config.sys autoexec.bat を少し直して、HDDに入れても同じであった。
調べると VirtualPC の IDE コントローラあたりと合わないらしい。(英語のサイトより)
 

********** VMwarePlayer ***********

次に最近よく使う VMwarePlayer でも試してみた。新規マシンの作成をして、FDDを追加し、
インストールFDイメージから起動・・・が既にできない。いきなり再起動を繰り返すだけになってしまって、ダメ。
 

********** VirtualBox ***********

IBM PC DOS4.00 は Virtual Machine では無理なのか?
と思いつつ、Oracle VM VirtualBox でも試してみた。
Oracle VM VirtualBox は Windows や ubunta をいれて試したりしていたが、DOS系は使ったことが無かった。
結局これが成功したのだが、以下覚書として記す。

新規 仮想マシンの作成
メモリは16MBで十分(4MBでもOK)
HDDも32MBもあればよい、作成ボタンをクリックする。

設定でフロッピーに IBM PC DOS4.00 の install.img を割り当て
IDEコントローラーは PIIX4 のままで OK (PIIX3  ICH6 いずれでもOK)

Vboxpcdos4005

起動する
Vboxpcdos4007

英語でいろいろ説明があるが ENTER で

ドライバ読み込みと空きメモリ関係は、とりあえず1で
Vboxpcdos4010
(2 3 の設定でも動くことは後で確認)

国指定は
Vboxpcdos4011
Vboxpcdos4012

C: のHDDにインストールを指定してインストール
再起動指示が出るので、Ctrl+Alt+Del
Vboxpcdos4018
OPERATING diskette にマウントしなおして ENTER
Vboxpcdos4019
インストール成功がでる。FDを除去して Ctrl+Alt+Del

VirtualPCでもここまではできたので、緊張の一瞬。

Vboxpcdos4020

無事、DOSSHELL が立ち上がったようだ。

ENTER すれば command prompt が出た。
Vboxpcdos4021

1.Minimum DOS function; maximum program workspace の時の config.sys と autoexec.bat と空きメモリは
Vboxpcdos4022_2
Vboxpcdos4023_2
Vboxpcdos4024_2

3.Maximum DOS function; minimum program workspace の時の config.sys と autoexec.bat と空きメモリは
Vboxpcdos4029_2
Vboxpcdos4030_2
Vboxpcdos4027

DOS コマンド内には EMM386 も HIMEM も無いので、HMA や UMB は使えない、シンプルなもの。
CDもマウスもそのままでは使えない。(当時一般にはDOSマシンにはCDROMドライブやマウスはなかったはず。)
CPU 使用率を落とすための、POWER.EXE や IDLE.COM は動かない。
しかし VirtualBox には設定->システム->プロセッサー タブで使用率を制限できる。
これを1-数%位に設定すると、タスクマネジャー上での使用率をかなり下げられる。
Vboxpcdos4031

Virtual Machine は Windows を入れてるときは互換性の差は感じないが、古いDOSではソフトによる差があるようだ。
CDROMやマウスも無く、いまさら使う必要も無い。
インストールの可否は確認したし、十分暇もつぶれたので、PC DOS4.00 は消去とした。

2012年12月29日 (土)

VirtualPC2007 に StrikeCommanderをインストール(その2)

12月29日 晴れたり曇ったり

StrikeCommander について VirtualPC の他の OS でも試してみた。
いちいちインストールするのは面倒なので、すでにある SC フォルダをコピーして試した。
(コピー後に INSTALL を実行し sound 設定。 JOYA.DAT を消して、joystick の calibration はやり直した。)


<1> FreeDos1.1

インストール後のメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
EMS がないとストコマは動かないので EMS ありの設定で FDCONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT はこんな感じ。
11freedosconf
13freedosautoexec

CDドライブはいらないのであるが、これでも空きメモリ十分ある。
15freedosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びするがゲームは何も問題ない。


<2> DR-DOS7.03V

これもメニュー形式だとわかりにくいので、不要なものを絞った設定で起動してみた。
当然英語モードで、EMS が必要なので、EMM386 に、いろいろ設定を変えて試した。
以下のことが判明。
EMM386.EXE に DPMI=ON を付けると Address line A20 のエラーが出なくなる。
但し、Right Control+Del のソフトリセットができなくなる。
DPMI=ON でも DPMI=OFF のままでも、AUTOEXEC.BAT で以下の設定をすればストコマは起動可能。
AUTO オプションは付けても付けなくてもOk。
AUTOEXEC.BAT で EMM386.EXE PIC=ON を実行すると VCPI server のエラーが出なくなり、ストコマが起動した。
設定ファイルはこんな感じ。
25drdosconf
27drdosautoexec

エラーのないすっきりとした起動画面になった。
21drdos

空きメモリーも十分。
23drdosmem

結果は、JP キーボード設定なので、スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
openingmovie が音飛びする。
ゲーム中 ALT+O 設定で engine sound を on するとハングアップ。
それ以外は問題ない。

追加 : OpenDOS7.01 でも同じ設定で試してみたが、PC DOS J5.00V や MS-DOS6.2V と同じ症状で
キーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できずダメ。

<3> PC DOS J5.00V

MS-DOS6.2Vと同じ症状でキーボードの最上段が何も受け付けずスロットルが調節できない。
country や keyb.com の設定を変えてもダメ。フレアは打てるが、ゲームにならない。


<4> DOSBox073-JP106

日本語キーボード対応の DOSBox を見つけたので、マウントして試してみた。
モンちゃん 寄ってって!から引用)

41dosbox
結果は、キーマップ完璧。
スロットルも調節できるし、フレアも打てる。
音飛びも無い。序盤だけだが完璧な状態に見える。
( 後から気付いたが DOSBox074 はフレアが打てなかった。)


<<総括>>
VirtualPC もゲスト OS を FreeDOS にすればなかなか健闘した。
DOSBox は sound と music 2系統だが VirtualPC は sound のみなので openingmovie に音飛びが出てしまうようだ。
結局またDOSBoxのほうに軍配が上がることになった。

2012年12月 1日 (土)

実機のPCDOS/VをV-Text24ドットフォントで

12月01日

PCDOSJ7.0/VのV-Text24ドットフォントを実機で試してみた。
->目標:SVGAで24ドットフォント表示 -> 結論:私の実機では今のところ無理

実機のスペック:
CPU PentiumIII933MHz
M/B AOpen chipset i815E
VideoOutput Onboard
Display I・O DATA22インチ液晶15pinアナログ接続(Main machineと共用)

1)まず実機なのでイメージでなく、FD又はCDが必要。
PCDOSJ7.0/VはFD11枚もある。イメージからFD作成するのも、交換するのも面倒。
そこで
FD1枚目のイメージ、と11枚分のFDの内容の入ったフォルダからImgburnでブータブルCD-RWを作成。
すんなりセットアップ開始するが、セットアッププログラムにA:\にDISK2を要求され断念。
結局、FDを11枚作る。

2)実機でPCDOSJ7.0/Vをセットアップ。

3)V-TEXT化するため
DSPXVBEを入れ、SETUPVで設定変更。
DSPX Wをして、V-Text表示にすると、22インチ液晶モニタの上3行分位だけが表示エリアになって、
重ね合わせ表示で、まったく使えない。最後に残った表示は24ドットフォントになってはいるが・・・

i815E用にDOS用ドライバが必要なのか?
実機のVideo BIOSを調べると

vbei  show VESA VBE information を使用

[VESA BIOS information]
VBE Version     3.0
OEM String at   20D0:242Eh (built in VbeInfoBlock)
OEM String      "Intel(R) 815 Chipset Video BIOS"
Capabilities    00000001h  ( 8bitDAC )
Total Memory    1024 Kbytes
OEM Revision    22.56
OEM VendorName  "Intel Corporation"
OEM Product     "Intel(R) 815 Chipset"
OEM RevisionStr "Hardware Version 0.0"
           ・
Video Modes...
     109h, 10Ah, 10Bh, 10Ch,               *** text
     11Dh, 10Eh, 100h, 127h, 128h,        *** ?
     101h, 110h, 111h, 112h                 *** 640*480
     102h, 103h, 113h, 114h, 115h,        *** 800*600
     105h                                         ***1024*768
           ・
           ・
とでて、VBE Version 3.0 が使えるようなのだが、DSPXVBEはダメ。
V-Textのドライバとして他を探すと、いくつか見つかり、試す。

4)DSPXSVL2 Verison 0.90
24ドットフォントは使えないがV-Textとしては動く。実用になるのは800X600SVGAのモードで
100桁X50行 8 x 12dot位までだが。
Dspxsvl237low_2
Dspxsvl2dspx_2

5)dsp4uvwaのDSP4U.COM では800X600SVGAモード100桁×37行は動く。
24ドットフォントは使えない。こちらは最下行が表示されない。
Dsp4uvwa_2

6)Dsp24 V0.08 VGAで24ドットフォント表示。字は綺麗になるが、VGAなので表示量が少なく、実用的でない。

7)DSPVV V1.09 VGA用24ドットフォント表示。これも表示量が少なく、実用的でない。

他のビデオカード用のドライバもいろいろ試したが、当然ダメ。

8)DSPXSVL2 Verison 0.90を使った状態でフォントドライバを変えてみた。

  {1} $FONTX.SYS うまく表示されない。
  {2} Font Subsystem for DOS/Vの中の
     FONTNX.EXEも試してみたがうまく表示されない。

結論:この1週間位、いろいろ検索してやったが今のところ無理という結論になった。
800X600SVGAモード16ドットフォントでV-Text化はできたが、24ドットフォント表示はだめ。

実機は再起動等すべてに時間がかかり、かなり暇がつぶれた。
結局、実機(約10年もの)よりVirtualPCの方が、自由度?性能?が高いことがわかった。
実機のPCDOSは消去。

2012年11月19日 (月)

VirtualPC2007で V-Text24ドットフォント表示(PC DOS J7.0/V)

11月19日

V-TextといってDOS上で画面表示を拡張するシステムがあったので、試してみた。

V-Textを利用した24ドットフォント拡張画面表示 [DOS]
 

を参考にした。
まず、DSPXVBE - VESA汎用 IBM DOS Extension(V-Text) ドライバ
をダウンロードして解凍。

導入には IBM PC DOS J6.1/V 以上が必要なので、
VirtualPC2007 上の PC DOS J7.0/V を起動した。
上記のサイトやドライバの添付ファイルどうりに、

1) C:\DOS\DSPX.PROのファイル名をDSPX.BAKに変更。
2) 解凍したファイルのうち DSPXVBE.PRO のファイル名を DSPX.PRO に変えて C:\DOS\ にコピーする。
3) 解凍した DSPXVBE.EXE はそのまま C:\DOS\ にコピーする。
4) SETUPV コマンドを実行する。(DOS/Vの環境設定コマンド)
Vtext01
  フォント で Enter

  24ドット半角/全角フォントの設定で 使用する に変更する。
Vtext03

  24ドット全角フォントのファイル名が $JPNZN24.IBM を $JPNZN24.FNT に変更する。
Vtext06
  F10で設定終了。Enter で実行する。

5) DOS上で DPSXVBE.EXE を実行してDSPXVBE ドライバを導入する。
6) DSPX コマンドを実行する。
F5キーで詳細表示に切り替える。
ワイド/拡大 を選択して F10キーを押す。
Vtext08
テキストモードの一覧が表示される.。画面解像度を上げすぎると VirtualPC ではかえって使いにくいので、
1024X768 程度にしてみた。
フォントサイズ 12×24 を選択して綺麗な 24ドットフォントで表示することに。
F3で決定終了。
7) DSPX W コマンドで拡大画面モードにする。
8) 設定は1度やっておけば保存されているので、毎回手動で DPSXVBE.EXE を導入して DSPX W コマンドしてもよいが、
AUTOEXEC.BATに追加した方が楽。Japanese Mode の最後に2行追加した。
Vtext12dspx_w

再起動。
Vtext13
Window画面が拡大しフォントが読みやすくなり、眼に優しい。昔はこのシステムを知らなかったので、新鮮。
DOSでもまだまだ知らないこともある。これは実機でも試してみないと。
また、VirtualPC上の他のフリーなDOSでも可能かどうか試さないと。

新たな暇つぶしのネタができた。

2012年11月 4日 (日)

VirtualPC2007でIBM PC DOSを試す

11月4日

ここ数日、ネットに落ちてた、いろいろなバージョンの IBM PC DOS を
VirtualPC2007にインストールして、実験してみた。

**************  3.0 (5.25inch)  ************** 

360kbのFDDイメージなので読みこめず。終了。



**************  3.30 (3.5 USA)  ************** 

720kbのFDD 1枚。
Pc_dos331
Pc_dos332fdisk
fdisk、formatもあり、HDDも使える。
ただインストーラは無く、HDDインストは手動でする。
sys c:
md c:\dos
copy command.com c:\
copy *.* c:\dos

config.sysやautoexec.batも無いので、適当に作って動かしてみる。
但し、HIMEM.SYSやEMM386.SYSは無い。
CD用のsysやMSCDEXも無いので、
CDROM.SYSはAddition2004からMSCDEXはPC DOS 7.0からコピー。

config.sysは
COUNTRY=1,,C:\DOS\COUNTRY.SYS
FILES=30
DEVICE=C:\DOS\ANSI.SYS
DEVICE=C:\VMADD\CDROM.SYS /D:IDECD001 /L:P
LASTDRIVE=Z

ところがautoexec.batは何を書いても Bad commandのエラーになる。
config.sysでinstall文も使えないので、MSCDEXが入れられない。

memコマンドも無い。
vmapも動かない。vzエディタ(US)やFD等も動かない。
どうにもならず終了。

**************  5.00 [Japanese]  ************** 

IBM DOS バージョン J5.00/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j50v1setup

#1-3 setupプログラム。#4 起動ディスク。 #5 辞書ディスク
Pc_dos_j50v2

CD用のsysやMSCDEXは無いので、
CDROM.SYSはVirtualPC2004AdditionsからMSCDEXはPC DOS 7.0からコピー。
他のAdditionsもいれる。
但しvmadd\mouse.comを入れるとテキストエディターの表示が出なくなるので rem 化する。
idle.comでホストのCPU負担を下げ、fshare.exeで共有フォルダも使えるようにする。
Pc_dos_j50v3config_2
Pc_dos_j50v4autoexec
Pc_dos_j50v5jpmem
CDドライブやホストとの共有フォルダも使えるわりに、まあまあメモリーもある。
DOS/Vモードでは
VZIBM VZIBMJ FD55 FDPC NEEDE NEEDV MIEL55 いずれもOK

さらにDOS/Vのドライバを除いて
USモードで再起動すれば
Pc_dos_j50v6usconfig
Pc_dos_j50v7usmem
かなり広いメモリー空間を確保できる。

当然上記すべてのエディタも使える。(文字は化けるが)


**************  J502V  ************** 

IBM DOS バージョン J5.02/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j502v1setup
Pc_dos_j502v2setup_2
オプション項目が5.00とやや異なる。
#1-3 setupプログラム。#MKK1連文節変換。#MKK2連文節辞書。
起動して ver すると IBM DOS Version J5.00/Vが表示される。
CD用のsysやMSCDEXは無い。
Pc_dos_j502vdosshell
Pc_dos_j502v4

日本語関係のマイナーチェンジ?のようなので精査省略。



**************  2000 7.00.1C  ************** 

PC DOS J7.0/Vのセットアップ・プログラムが立ち上がる。
Pc_dos_j70v1setup

ディスク 11枚。
オプション(アンチウイルス、ディスク圧縮等)により
使わないディスクあり。
Pc_dos_j70v21
Pc_dos_j70v22
Pc_dos_j70v6
MSCDEX(ver2.25)はあるが、これもCD用のsysは無いので VirtualPC2004additionsを使う。
他のAdditionsも入れる。但しvmadd\mouse.comを入れるとテキストエディターの表示が出なくなるので rem 化し、もともとのmouseを使う。
DOS7.0には1.2MB-FDDドライバがあり、いれてみたがやはりVirtualPCでは使えないのでrem化。
Pc_dos_j70v7config2
Pc_dos_j70v8autoexec_2
Pc_dos_j70v9jpmem

DOS/Vモードでは
VZIBM VZIBMJ FD55 FDPC NEEDE NEEDV MIEL55 いずれもOK

USモードでは
Pc_dos_j70v10usconfig
Pc_dos_j70v11usmem

543KBの空きメモリーがあり、CDドライブ、共有フォルダが使える。
エディタも上記すべて OK(当然文字は化けるが)



基本的に PC DOS は MS-DOS と変らないようなので、試しただけですぐ消去。

実機だと OS の入れ替えごとにデバイスドライバや設定変更がいるが、
VirtualPC だと手間要らず(特にDOSでは)。
メモリードライバ等のDOSの基本は5.0ですでに出来上がっているので、空きメモリー等に関してDOS5.0とDOS7.0の差はほぼ無い。
7.0はウイルスチェックやドライブ圧縮や他いろいろなユーティリティが付属することか?
あと7.0ではconfig.sysでメニューが使えるくらいか・・・


以上、疲れたので終了

翌朝、追加:

一応DOS7.0でメニューも試してみた。
Pc_dos_j70v13menuconfg
Pc_dos_j70v14menuauto

起動すると
Pc_dos_j70v12menu_2

こんな感じ、ちなみに空きメモリーは

1. Japanese(CD EMS S-folder)     523k
2. English(EMS)                   603k
3. English(EMS CD S-folder)       548k
4. English(CD)                    553k
5. English(no option)              586k

no optionよりEMSつけたほうが広い。
メニュー機能は無いよりあったほうがやはり便利だ。