MS-DOS

2015年11月18日 (水)

Windows10 で Hyper-V を(その後)

11月18日 曇り

メイン機のOSも Windows10 Pro にして、Hyper-V を使うつもりであったが、重大なことを見落としていた。
Hyper-V を有効にしておくと、Oracle VM VirtualBox や VMware Player が起動できなくなることだ。
VirtualPC2007 の方は古いOSやゲームをたまに起動して、楽しむだけだが、Oracle VM VirtualBox は仕事で月に何度かは必ず使う。その度に設定を変更して、再起動をするのであれば、デュアルブートで Windows7 を残しておいたほうが、よりスマートに思える。
また、前回 VirtualPC2007で作った、WindowXp を Hyper-V に移して起動することを確認したが、
それ以外のOSではダメダメであることも分かった。
もともとそれ以外のOSはサポート対象外なのでしかたないことだが・・・
結局、せっかくOSを購入したので、メイン機のOSは Windows10 Pro にはしたが、Hyper-V は有効にはしないことにした。

以下 Hyper-V の各OSに対する記録。( VirtualPC2007 からの VHD ファイルを使用 )

************
MS-DOS6.2V
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
Hyperv_convmsdos62v_01

VZ editor 等は動く。
EMM が無いせいなのか、空メモリは 554K あるのに ApacheLongbow は動かない。

************
FREEDOS1.1
CD は OK
HIMEMX は OK
DOS/V も OK だが
JEMMEX はダメ。このためか、メモリが 588K あっても
StrikeCommander は動かない。
Hyperv_convfreedos11_04

************
OpenDos7.01
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
VZ editor 等は動く。
CD OK
StrikeCommander は動かない。
DOS/V ダメ

************
DRDOS7.03
EMM386.EXE を外せば OS の起動はする。
はじめ読めなかった CD も
VMADD の CDROM.SYS から MTMCDAI.SYS にすればCDも読める。
VZ editor 等も動くが、EMM が無いせいなのか、ApacheLongbow や StrikeCommander は動かない。
US NAVY FIGHTERS は起動するが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。
Hyperv_convdrdos703_01
Hyperv_convdrdos703_02

MARINE FIGHTERS も起動はするが、音は出ないし、マウスも利かないので、ゲームを開始できない。

************
Windows95b
起動しない。

************
Windows98se
起動しない。

OS まで買って Hyper-V 試したが、結局使えないことが分かった。トホホ…疲れた

2014年12月17日 (水)

Oracle VM VirtualBox で MS-DOS6.20v を実行しゲームを

12月17日 晴れ

VMware Player が音の問題で DOS のゲームには向かないと言うことが判明し、
VirtualBox についてもこれを確認することにした。
DOS のゲームには VirtualPC2007 は割と良好であることは確認済み。
Dosbox も良好であるが、使い方が、ちょっと・・・まあ D-Fend を使えばまあまあだが。

VirtualBox では今まで、windows 系や、ubunta を入れてテスト用に使ってきたが、DOS 系は使ってなかった。
先日、PC DOS4.00 を試しに入れて、消した事だけだ。

まず、VirtualBoxを起動し、新規から、OSタイプは Other
バージョンは DOS で。
メモリは起動するゲームしだいだが、16MB もあれば十分。
HDD は可変なので適当に。256MB もあればよいか。
Create を押して作成する。

設定から、ストレージ->フロッピーコントローラを追加、MS-DOS6.20v のインストールディスク1を割り当てる。
Vboxmsdos62v007

オーディオは SoundBlaster 16 であることを確認する。

ゲスト起動。HDDを確保して、フォーマットが行われる。
そのままの設定で、組み込み開始。
順次FDDを交換する。
FDDのマウントを解除して、再起動。

画面は黒く何もでない・・・
リセットすると、EMM386 のエラーメッセージが出るが、それが消えて、真っ黒に。
これは JDISP の不具合なので、起動FDDから始めて、config.sys を修正する。

EMM386.EXE の行に NOEMS を追加
JDISP.SYS の行に /HS=LC を追加
MSIME はとりあえず、コメント化。
Vboxmsdos62v037

autoexec.bat の SMARTDRV の行もコメント化。

リセットすると、エラー無く DOS/V モードで HDD から起動した。

今回ゲーム起動について検討するので、US モードの起動ファイルを使うことにする。

ホストの CPU 使用率が高いので、これを下げるために
MS-DOS 付属の POWER.EXE を組み込む。
(DOS/V モードだと EMM386 のエラーが出て止まるが、
US モードで、EMM386 を使わなければ大丈夫)

filer をコピーして、CD とマウスのドライバを入れる。
できるだけ HMA に組み込む。
Vboxmsdos62v043_2
Vboxmsdos62v045_3
Vboxmsdos62v047_2
US モードなので、EMM386 を使わなくてもフリーエリアが 561360bite あるのでまあまあ広い。
CPU 使用率もアイドル時はほぼ0%。


次にゲームに関して確認した。

*****************   Apache longbow   ******************

インストールCDをマウントして、US モードでインストール。
"CD":
install

インストーラが起動する。
インストール後、Apache longbow を起動。
設定画面になる。
Vboxmsdos62v061

サウンドカードを soundblaster 16 に
Address 220
Interrupt 5
DMA 1
Sound は Speech Music ともに選択
Effects は Full で
Controls は キーボードで

この設定だけで(Autoexec.bat で blaster の設定をしなくても)音楽、効果音、音声は鳴って、キーボードでゲームはできる。
Vboxmsdos62v063

Controls の Cyclic を Joystick にしても、ジョイスティックは反応しない。
DOS からは USB 機器自体を認識しないようなので、USBジョイスティックはだめのようだ。
キーボードを使うゲームならOKのようだが、フライトものは厳しいことがわかった。

結局、昔のフライトものゲームをするなら、DosBox か VirtualPC と言うことのようだ。


***************** Need for Speed *****************

ジョイスティックを使わないゲームとして、昔遊んだ、Need for Speed というレースゲームを試した。
インストールバッチを起動しても動かないので、フォルダを作って全ファイルをコピーする。
Autoexec.bat に
SET BLASTER=A220 I5 D1
を追加し、(無いと音が出ない)
nfssb.bat の方で起動すると、音楽、効果音ともに鳴ってゲーム可能。
Vboxmsdos62v069

ただコントロールをキーボードにすると Fキーで右回り ;キーで左回りになるので、
カーブでしょっちゅう逆に曲がってフェンスに当たる。
マウスに設定もできるが、反応がシビアでこれも操作が難しい。
昔、IBM aptiva の付録CD内にあったし、有名なゲームだが、この操作性の悪さのせいか、やりこんだ記憶は無い。
一応動くことは確認した。


****************** EpicPinball  ******************

以前 VirtualPC2007 でも試した、EpicPinball というピンボールを試してみた。

これも、フォルダを作って全ファイルをコピーする。
まず、setup.exe を実行。サウンドの設定にはいる。
SOUND BLASTER 16 は一覧に無いので、
SOUND BLASTER PRO を選択。
IRQ は 5
DMA は 1
PORT は 220H に設定。
EXIT,SAVE で終了。
(Autoexec.bat で blaster の設定をしなくてもOK)
PINBALL.EXE を起動する。
Vboxmsdos62v072

音楽、効果音ともに鳴ってゲームは起動するが、表示が速すぎて、ゲームできない。
また、ゲーム終了してDOS に戻る時にエラーが出て止まる。
VirtualPC2007 の MD-DOS に入れたときも同様に、速過ぎてできなかった事を思い出す。

*****************************************************

他にもいくつかピンボールやブロック崩しを試したが、できるゲームもあり、動かないゲームありであった。

一応設定すれば音は出るので、USBジョイスティックや、パッドを使わない一部のゲームなら可能という結論になった。

検証途中から、ジョイスティックの調子が悪くなっているのに気付く。
以前もわずかにあったが、三軸の捻りが、片側によってしまう傾向が悪化していた。
やはり、安めのものは耐久性に難があるようだ。

2014年11月19日 (水)

VMwarePlayer で MS-DOS を

11月19日 晴れ

VMwarePlayer で、ゲストOS として Windows10 Technical Preview版等を試しにインストールして使い勝手を見たりしているが、
(10より7の方がいい。まだ不確定だが。8はダメダメ。)
一応 DOS も動くようなので、試すことにする。

VMwarePlayer を起動し
(今回使用バージョンは 6.0.4 でホストOS は Windows7-64bit)

新規仮想マシンの作成
後で OS をインストール
その他のゲスト OS で MS-DOS バージョンで
仮想マシンの名前は MS-DOS6.20V
ディスク最大サイズは2GBのままでもOK (使わなければ消費されない)
完了をクリックして仮想マシンを作成する。

仮想マシン設定の編集を開き
デバイスにフロッピードライブを追加
物理フロッピーよりイメージの方が読み取りは早いので、今回はイメージで
インストールディスクの1枚目のイメージを指定して、完了。

Vmdos62v011

仮想マシンの再生をクリック

Vmdos62v003

セットアップが始まりハードディスクの領域確保とフォーマットがある。
再起動後キーボードや日本語入力設定を決めると、
C:\DOS に DOS のファイルがインストールされる。

Vmdos62v010

フローピー交換のメッセージが出るので、参照イメージを順次変えて進む。
インストール後、フロッピーを切断して再起動。

Vmdos62v018

しかし HIMEM is testing...done.  の次の行で止まってしまう。
フロッピーに緊急 boot 用のイメージをマウントして、再起動し、C:\ の config.sys と autoexec.bat に、いろいろ rem 付けて確認した。
元の config.sys と autoexec.bat を示す。(表示エディタは VZ )
Vmdos62v020
Vmdos62v021
(config.sys の最後の行に追加の POWER.EXE は CPU の使用率を抑えるプログラムでもともと MS-DOS6.20V に入ってたもの。)
調べると
EMM386.EXE 126046 bite 93-12-06 6:20 を読み込む行が障害になっているようだ。
検索すると VMware と 古いバージョンの EMM386.EXE はあわないらしい。
EMM386 のバージョンが 4.48 以前だとだめらしいとのこと。
上記の今回使用した EMMのバージョンは 4.49 であったが動かなかった。
もっと新しいバージョンの DOS の EMM386 か Windows95 以降の EMM386 を使えとのこと。
前に作ってあった VirtualPC 内 の Windows95b から下記の EMM386 をコピーして取り出した。
EMM386.EXE 136631 bite 96-09-05 11:11 (バージョン 4.95)
これに入れ換えると動くようになった。
MemMaker を使って、メモリを最適化。
CD ROM が使えるようにドライバをいれる。MTMCDAI.SYS
マウスが使えるようドライバを入れる。MOUSE.COM MOUSEDRV.INI
修正後の config.sys と autoexec.bat
Vmdos62v032
Vmdos62v033

Vmdos62v036
メモリを見るといろいろ全部入れてるので、HMA や UMB を使ってるのに空きメモリはさほど広くはない。

ゲームするなら msime 関連は不要なのでそれらを rem 化して起動したときはもう少し広くなる。
Vmdos62v038

US モードの config.sys と autoexec.bat も手直しすると、(CDとマウス追加)
(表示エディタは NEED )
Vmdos62v042
Vmdos62v043

日本語モードより更に空きメモリは広い。
Vmdos62v040

とりあえず、システム起動までの覚書として記す。
ゲーム起動や、ジョイスティック動作については、後日に。

追加:VMwareplayer の DOS では、全く音が出ない、USBジョイスティックが使えないことが判明。
Apache longbow をインストールしていろいろ設定変えてみたが、ダメなことを確認した。
DOS のゲームには向かないことがわかった。

2012年12月26日 (水)

VirtualPC2007 に StrikeCommanderをインストール(その1)

12月26日晴れ

VirtualPC2007 にも StrikeCommander を入れてみた。

事前に
DOSBox にインストールされた SCフォルダを VirtualPC2007 の MS-DOS6.2V 上にコピーして

INSTALL で soundblaster 又は soundblasterPro に変更し
(Roland/LAPC-1併用はだめ)
(Adlib でも一応音は出るが、不十分。)

また IRQ=5 に変更する。

更に JOYA.DAT を消して joystick の calibration をやり直し

StrikeCommander インストールマニュアルの起動ディスクを参考にして
極限まで絞った config.sys と autoexec.bat
01config
03autoexec

を組めば、とりあえず動くことは確認済み。

*************************************************

次に最初からインストールしてみた。

以前の設定で普通にやると EMS driver  が入ってないと error が出て、動かない。(EMM386 NOEMS option はダメ)

VirtualPCではNOEMSにする必要はないようなので、Diary on wind サイトを参考に EMM386 のオプションを変更して
できるだけ空きメモリとEMSを確保する。
当然英語モードなので、DOS/Vのドライバは無し。
それでもメモリー不足が出るので、CDドライバ(CDROM.SYS と MSCDEX.EXE)を削除
更に、共有ドライバ(VMADD386.SYS と fshare.exe)も削除してようやく起動可能に。

config.sys と autoexec.bat はこんな感じ。
05config
07autoexec

09mem
メモリーはこんな感じで、本来EMSは3メガもあればいいみたいだが、conventional memory ともどもたくさん確保されてる。

インストールディスク#1をAドライブにマウントして INSTALL
11installer

ディレクトリはそのまま、soundcard は soundblaster で IRQ=5 に変更する。
13soundcard

copy protection の質問に解答。
15protect

インストール開始。

ディスク#2-#8はマウントしなおして続行。
17disk2

MAP GENERATOR の画面が DOSBox に比べて永い(CPU の IDLE.COM を入れてるから?)
19mapgen

README ファイル表示後、
completed が出る。
23completed

SC.EXE を起動すると
joystick calibration画面
25calibration

openingmovie 表示(DOSBoxと違って opening 音声が途切れる。)

初期画面となる。
27openingmenu

TRAING MISSION から ALT+O で CONFIGURATION に入り、難易度等設定。
29configuration

GAME 画面。
31game_2

VirtualPC でもメモリー等設定すれば昔のゲームも一応起動することがわかった。

但し、重大な欠陥が解決しない。スロットルをコントロールする 1,2,3・・0 キーだけが反応しない
推力はいつも MIL2 で固定しているので、 TRAINING はいいが、キャンペーンは離陸ができない
JKEYB.SYS を入れたり、オプションを /101 や /106 変更してもダメ。
country.sys に 1 で設定したり、81 で設定したり、いろいろやったが、未解決。
音飛びもあるし、結局、消去するしかないだろう。まあ暇つぶしにはなったが・・・

DOSBox のほうがこのゲームの再現性はいいという結論になった。

2012年10月 8日 (月)

VirtualPC2007のMS-DOSでPinballを試す

10月8日

VirtualPC2007にいれたMS-DOSでPinballを試してみた。

Dos/Vだとメモリーが足りず、英語モードで立ち上げなおして、起動する。

Dos620vpinball1

Dos620vpinball3
Dos620vpinball2_2

昔見た懐かしい画面と思ったが、球が速すぎて見えない。
キーも受け付けてるし、球も反応しているようだが、とても速過ぎて何が何だか・・・

VirtualPC2007に、dosのこういったゲームは向かないということがわかった。

VirtualPC2007でいろいろなMS-DOSを試す

10月8日

ここ1週間ほど、ネットに落ちてた、いろいろなバージョンのMS-DOSを
VirtualPCにインストールできるか、実験してみた。

MS-DOS
ver.
1.0   起動ディスクらしいが起動しない。1.0はブートセクタが形式が違うらしい。
1.0から4.01まで->The current image format is not supported by the disk drive が
           出てだめ5インチ用か?

3.3   720kbFDDモードで起動はする。fdisk formatはあるが動かない。
    HDD操作するにはドライバがいる?

5.0   FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。
     cdm.imgをキャプチャして Cドライブにコピーして(config.sysとautoexec.batも)
     再起動するとCDとマウスも入る。

5.0V  FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可能。

5.0A    NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
     しないとダメ。
          いまさらなので、あきらめる。
5.0A-H  NEC用1.2MFDなのでファイルは読めるが1.4MFDに変換(起動ディスク化して)
      しないとダメ。
            いまさらなので、あきらめる。

6.0     FDDでsetupが立ち上がる。すんなりインストール可。

6.2     インストーラーにエラーが出て(システムチェック?)進まず、
         手動でextend.exe のバッチファイルを作ってインストール。大変。

6.20V FDDでsetupが立ち上がる。#1-6がsetup。 sd#1-2は追加ユーティリティ。
         もともと持ってたバージョン。昔散々使ってた。
Msdos620vsetup
Msdos620v


6.21   FDDでsetupが立ち上がる。CDのsysがない。

6.22    インストール可 CDもあり dosidle.iso 入れるとホストのCPU負担軽減。

7.1    CDブートでsetupが立ち上がる。dosインストール後いろいろ追加インストール。
         ホストのCPU負担軽減もインストールされている。

イメージファイルでVirtualPCに読み込むのは、実機にFDDで読み込むのに比べ
圧倒的に速い。ためしに古い実機にインストールすると何倍も読み込みに時間がかかる。
昔はこのスピードに慣れていたのかと改めてパソコンの進歩に驚く。

10年以上ぶりでたくさんバッチファイルを書いた。疲れた。十分暇はつぶれた。

ちなみにもともと持ってた6.20V以外は試しただけですぐ消した。グレーだし、
いまさらDOSでやることもないので、1つあれば十分。